学ぶ Feed

2016年9月17日 (土)

お花の日

 二ヶ月ぶりの生け花教室。今日の花材は満天星ツツジ・ピンポン菊・リンドウ・クルクマ・ソリダゴです。リンドウや菊は秋を感じますね。

 クルクマの花と葉を離して葉を違う花のそばに生けたりしない(不自然)、同じ種類の花は大きさによって高さを変える(小さい花は高く大きい花ほど下に低く)ことにより安定感がでることなどの説明を受けて、先生が手直ししてくださいました。また満天星(ドウダン)ツツジは茎が太くて硬いのでこういう枝物は先を2センチくらい十文字に切り込みを入れて広げるとしっかり剣山に刺さりますと教えてもらいました。込み合っているところの不要な枝は取り除くとすっきりします。

Dscn0888_2

 先生は先週一週間山形屋でお花を活けられたそうです。花材に山法師を使い、その話をされました。今年は山法師が先生のマイブームで今の季節赤い実をつけるこの山法師はとても好評だったそうです。花を知っている方は多いのですが実は見たことのない方が多いらしく、わざわざ見に来られる方もいたようです。私も見に行けばよかったとちょっと後悔しています。

Zeeohrpv1山法師の花と実

 9月は行事が多く重なり、お花の参加者は少ないでしたが有意義なひと時でした。月に一度こうして無心になって自然と向き合うことは心が解放されるような気分です。

2016年7月 9日 (土)

いけばな教室

 今日は月に一回のいけばな教室の日。今日のお花も涼しげで梅雨の蒸し暑さを和らげてくれます。

Cimg6396_2

 花材は雪柳、りんどう、オリエンタルリリー、スプレーカーネーションの4種です。りんどうの青紫の色が涼しさを誘います。

 今日は華道の簡単な歴史のお話がありました。最初は剣山ではなく藁を束ねて硬く縛ったものに花をさしていたそうです。神様に備えるための花なので、真直ぐ上向きでした。そういえば銀閣寺のいけ花の花留には剣山を使わず、稲藁を束ねたコミワラや木の枝、竹など自然の素材を用いると聞いたことがあります。

 また「出生」ということも習いました。植物は根や花の向き等皆それぞれに違い、持って生まれた美しさがあるということ。このことは人間も同じですね。それぞれに持って生まれた違う美しさや良さがあります。花の出生をよく考えながら(よく眺めて)生けること。技術的なことでは最初に生ける主位は15度くらい向こう側へ傾けるようにする。こうすることによって手前の空間が広がるからです。また一本のりんどうを分ける時にははさみは使わずに花のもとのところを左手でしっかりと押さえて右手で茎を前後に曲げて折ります。スプレーカーネーションのつぼみは取ります。これは養分がすべて花の方へ行くようにするためです。

 今日も自然の花と向き合うことにより、自分自身も花と同じように主に生かされているのだと感じました。

2016年6月12日 (日)

今月の生け花教室

 先日の生け花教室、3回目。私が生けたものは窮屈にまとまっていて、ちょっと風通しの悪い形でしたので、先生が直してくださいました。今の季節にピッタリで涼しげな作品になりました。

Dscn0645_1

 花材はリアトリス(紫の花)、スカシユリ(黄色)、スプレーカーネーション(ピンク)、マウンテンミント(緑)です。私はこのマウンテンミントをはじめて見ましたが、ミントと言うだけあって良い香りがします。

 お花を習い始めたおかげで、今まで知らなかった花に出会えたり、花屋さんで見かけたことのある花の名前がわかったり、花たちそれぞれの特徴や咲く季節を知ることができて、花器に生けることだけでなく色々学べて楽しいです。

 先月の花材は錦木、ソリダゴ、紅花、デルフィニューム(水色の花)、カーネーションでした。錦木は落葉樹で秋に紅葉して美しいそうです。挿し木で増やせると聞いたので試しましたがダメでした。

Dscn0571_2

先月のお花

2016年4月17日 (日)

聖書の勉強に

 聖骸布の研究で有名なサレジオ会のガエタノ・コンプリ神父様は聖書の勉強の教材として多くの本を書いておられますが、DVDも出されています。

Photo写真:「カトリック新聞オンライン」より

 カトリックオンラインによるとDVDシリーズ『知っておきたい聖書の常識』3部作「旧約聖書」「新約聖書Ⅰ」に続いて「新約聖書Ⅱ」が出来上がったそうです。「新約聖書Ⅰ」は四福音書について、「新約聖書Ⅱ」はヨハネの黙示・使徒言行録・パウロ書簡などが質問に答える形で収録されているそうです。以前読んだ『人間を考える』は人間学のテキストとして夫も使わせてもらいました。校長先生もされたコンプリ神父様の本はわかりやすくカトリックの教えにそっていて教科書として申し分ありません。

Photo_2

 きっとこのDVDも期待を裏切らないと思います。教会に揃えて子ども達の日曜学校や信者さんの勉強に利用したらよいと思います。以前から何度も言っていますが、子どもたちにとって視聴覚教材はとても役に立ちます。耳から聞くだけでなく、目で見て感じ取ることは大きな力です。声に出して読んだり、歌ったり紙芝居を見たり、DVDを見てキリストの教えを学べることも主のお恵みです。

2016年4月 9日 (土)

生け花

 今日は生け花教室初日。昔茶道の花を習い始めわずか2回でやめてしまった私です。若い頃は型にはまった決まりが苦手で続きませんでした。しかし年を重ねていくうちに「型の中の美しさ」に気づいたのでしょうか?しかしよく考えてみると歌舞伎や能、舞も型がありその型の美しさは大好きです。ということはただ単に花道や茶道が苦手なだけかもしれません。

 先生は教会のお花も担当されています。↓↓↓

Photo_3

 そしていざ花を手に取り私が初めて生ける?はずがほとんど全部先生が生けてくださいました。まずは先生の生けるところを観て生け方の流れと基礎を学びました。花器や剣山に向きがあることや花にも表と裏があることなど。一度には全部できないので毎回少しづつ習得していくつもりです。

 そして先生が生けてくださったお花がこちら↓↓↓ 私は少しづつ上達しますのでお楽しみに。

Dscn0412

 楽しいひと時でした。あせらずにゆっくりと学んでいこうと思います。

2014年2月15日 (土)

子育て

 2008年4月長崎精道学園の指導司祭小寺神父様の入学式の時のお話の一部です。

 (・・・・・)自然のものはすべてそうですが、桜にも時があります。冬の間、寒さをじっとこらえて自分の時がくるのを待ちます。そして、「次はあなたの番ですよ!」と神様から声をかけられると「はーい!」と素直に答えてぱっと咲きます。そして、「わたしが、わたしが・・・!」と出しゃばらないで、役目を終えるとさっと潔く散っていきます。

 人間にも時があります。神様から「もう小学生になるときですよ。ランドセルをしょって学校 へ通ってお勉強するときがきましたよ!」と声をかけられました。子供たちは素直な「はー い!」という気持ちで最初の一日を始めたことでしょう。そして、みなさんも同じように、今日から一年生のお母さんですよ、お父さんですよ、と神様から呼びかけられているような気持ちだと思います。

 赤ん坊の時には、「肌を離すな!」と言われます。母親にしっかり抱かれて、肌の温かさ を通して愛情が伝わります。

 幼児の時には、「手を離すな!」です。手をつないで側にいて一緒に何でもして、共に楽しく過ごし信頼関係を深めます。

 小学生に上がれば「目を離すな!」子供の世界、子供の時間ができて、付きっきりにはなれません。一人でやらせてみる、これが大事です。それを見守ることで自信を付けていきます。小学生になってバスで通学する子もいるでしょう。いろんなことが初めてで心配です。親も不安です。でも、手を離すときが来ました。いろんなことを少しずつやらせていきましょう。でも目を離さないように。見守って、褒めて、声をかけて、毎日の小さな成長に気づくようにしましょう。こうして親も一緒に成長します。

 先の話ですが、思春期になれば「心を離すな!」です。日頃から親子で話すことが大切ですね。また日頃から親と先生が話すことも大切です。神を信じ、子供を信じ、私たちが互いに信じあうことです。親の手、親の目を少しずつ離れていきますが、それを補うように先生の手、先生の目、があります。また、友達の手、友達の目が増えていきます。これらの手と目が桜のような心で役割を果たしていけば、子供たちは神の子として成長できるような気がします。■(指導司祭:小寺左千夫)     

  小寺神父様のおっしゃっている通りですね。子育てにはスキンシップも手も目も心もかけてもかけてもかけすぎることはありません。自分の時間を子どものために与えられることは本当の幸せです。

 銀(しろがね)も 金(くがね)も玉も何せむに 

                   まされる宝子に如かめやも   山上憶良                                                                                                                                

続きを読む »

2013年8月13日 (火)

日野原重明先生

 101歳の医師、日野原重明(ひのはらしげあき)先生は、子どもたちに「いのちの授業」を10年間続けてきました。先生の伝えたいことは私も同じです。夏休み、ぜひ子供たちに読ませたいので、朝日新聞から載せます。

 《命(いのち)とは、きみたちが使える時間のことなんだよ。》

 

 6月、日野原さんは、福島県川俣町(かわまたまち)にある仮設(かせつ)小学校の体育館にいた。向かい合うのは、東京電力福島第一原発事故のために同県飯舘村(いいたてむら)から避難(ひなん)してきた小学生約120人。少ししゃがれた、しかしはっきりとした声で、45分間立ちっぱなしで語りかけた。

 《命は見ることも、さわることもできない。》

 

 そう言って聴診器(ちょうしんき)をわたす。子どもたちはそれを互(たが)いの胸(むね)にあてながら、心臓(しんぞう)の音に耳を澄(す)ませた。

 

 《これが生きている証拠(しょうこ)だよ。》

 「授業」は、2003年に始まった。相手はいつも10歳ぐらいの子どもたち。「10歳になると、僕(ぼく)の言葉がわかるの。大人になってから教育するのでは遅(おそ)いから」。海外の日本人学校も含(ふく)めて、これまでの授業は200回を超(こ)えた。

 

 二つの経験が、原点(げんてん)になっている。

 

    *

 一つは、1945年3月10日の東京大空襲(だいくうしゅう)。33歳の日野原さんは、聖路加国際病院(せいるかこくさいびょういん)(東京)の内科医長(ないかいちょう)だった。その日、病院には続々と、大やけどを負った人たちが逃げてきた。  ベッドは足りなかった。院内のチャペルやロビーにもマットレスを敷(し)いて患者(かんじゃ)を手当てした。といっても、できることは新聞紙を燃やした炭をただれた肌(はだ)につけるくらい。「みんな死んでいくの。薬がないもの。なんにもない」

 

 名前や年齢(ねんれい)を尋(たず)ねても、患者たちは「苦しい、苦しい」と言うだけだった。「その日だけで100人くらい運ばれて、ほとんどが亡くなったと思う。見殺(みごろ)しにするような状態だった」。不思議(ふしぎ)と子どもをみとった記憶(きおく)はない。病院にたどり着く前に道ばたで力尽(つ)きてしまったのだろうか。

 「戦争は兵隊が死ぬだけでなくて、一般の人が死ぬ方が多いんです」

 もう一つは、父・善輔(ぜんすけ)さんのことだ。広島に原子爆弾(げんしばくだん)が落とされた8月6日の数日後、かつて広島女学院の院長だった善輔さんは、教え子たちが気になると言って東京から広島に入った。1週間くらいたって帰ってきた善輔さんは、教え子はみな死んでしまった、とうなだれていた。

 13年後、善輔さんは滞在先(たいざいさき)のアメリカで急死した。診断(しんだん)は劇症肝炎(げきしょうかんえん)。日野原さんは、原爆投下直後の広島を覆(おお)っていた放射能(ほうしゃのう)が、父の体をむしばんだのだ、と思っている。

    *

 戦後68年。戦争を語り継(つ)ぐ人が少なくなっている。真珠湾攻撃(しんじゅわんこうげき)さえ知らない若者が多くなったとなげく。「主な国はみんな核兵器(かくへいき)を持っている。世界は平和ではない。もう壊(こわ)れている」

 戦争で焼(や)け野原(のはら)となり、武器(ぶき)を捨(す)てて平和な国になるために、今の日本の憲法(けんぽう)はできた。だから、いのちの授業の「教え子」たちには平和を守れる人になってほしい。平和を守るための憲法を変えることには「NO(ノー)」と言う大人になってほしい。

 「戦争の歴史(れきし)をずーっと知っているの。第1次世界大戦(1914~18年)も知っているのよ」。子どもたちに伝えなくてはならない。人の命を傷(きず)つけることは絶対にいけないんだよ、と。それさえわかってもらえたら、大きくなってから戦争に走ることはないはずだ、と信じているからだ。

 授業では「朝起きたら何をする?」「学校に来たら?」と一日のできごとをきく。「歯をみがく」「勉強する」と返ってくると、ニコニコして、今はすべての時間を自分のために使っていいんだよ、と語りかける。

 でもね、と続けた。

   《自分の命と同じように、人の命も大切にできるような、自分の時間を誰(だれ)かのために使えるような、そんな大人になって下さい。僕の言葉がだいたいわかった人は、手を挙(あ)げて下さい。》

 

 小さな手が、いっせいに挙がった。

                           『朝日新聞デジタル・ヘッドライン』より

2013年5月29日 (水)

俳句

 俳句の勉強を始めましたがなかなか進歩しません。とにかく私の知らない言葉が多すぎるのです。一つの植物でも色々な呼び方があります。あの言葉が良い、あの語句を使いたい、と思って創ると、なぜかうわべだけの情景の浮かばない、はっきりしない句になってしまいます。

 「自分の好きな句を書きだしてみると良いよ。特にホトトギスの中から」と、娘に言われさっそく色々な人たちの句を見ました。確かにこれはどうもと思う句もあれば、自分の心にスーと入ってくる句もあります。私は松本たかしさんの句が好きです。

  旅衣濡れしをあぶる夏炉あり   松本たかし

  草山に浮き沈みつつ風の百合     〃

  向日葵に剣の如きレールかな     〃

 とても自然で情景が目に浮かびます。温かさの感覚、風の動き、色、五感に感じることをうまく表現しています。このような句が詠めるようになれればいいな。頑張ろう!

       Item

2012年5月21日 (月)

コペルニクス

 今朝の話題は「金環日食」一色でした。私も息子から日食グラスをもらい楽しみに待ちました。しかし空は厚い雲に覆われて、残念ながら太陽は観えずじまいでした。

 天文といえば以前紹介した堀田善衛さんの『天上大風』の中に、コペルニクスについて書いてありました。それによるとポーランドの天文学者コペルニクス(1473年~1543年)は『天球回転論』でそれまでの一般論であった「天動説」をくつがえし「地動説」をとなえました。ちなみに、物の考え方が従来とは正反対に変わることを『コペルニクス的転回』と言います。これは哲学者カントが使った言葉だそうです。

 コペルニクスは『天球回転論』を教皇パウルス3世に献呈しています。その献呈文に「あなたの権威と判断とによって、讒訴する人々の諸々の咬みつきをあなたは撃退することがおできになるからです。」と書かれています。1616年ガリレオ・ガリレイが裁判にかけられた事を考えると、コペルニクスがまず教皇にこの献辞を添えて献呈したのは自分が異端にならないようにとの用心からでしょう。当時の教皇の力は今の教皇様とは比べ物にならないくらいに強かったようなので。

Photo

コペルニクスが学んだポーランド、クラクフ大学の教室