« 2021年5月 | メイン

2021年6月

2021年6月22日 (火)

聖ヨハネ・フィッシャー司教と聖トマス・モア

 聖ヨハネ・フィッシャー司教と聖トマス・モアの殉教は1535年のことです。殉教の理由は同じでヘンリー8世が原因でした。皆さんも歴史の授業で学び詳しく知っていると思います。

 お二人の聖人が自分の命を懸けて守ろうとしたことが、今の時代にはあやふやとなり、まるで二人が間違っていたかのように思わせる考えさえカトリック教会内で耳にします。

 今一度お二人の聖人が守ろうとしたことを考え、お二人の強い信仰に倣いたいです。

Bihe3tue1

2021年6月19日 (土)

ガクアジサイ

 昨年八重咲のガクアジサイが病気で枯れてしまいました。一重咲はよく見かけますし我が家にもありますが、八重咲は珍しいです。通販で探しましたが数千円します。挿し木なら簡単に増やせるのに・・・。

 『どこかに咲いていないかな?』と、車を運転する時にもアジサイがあるとつい目を留めていました。ところが灯台下暗しで、先日教会の庭で見つけました。教会に咲いているガクアジサイはすべて一重ばかりだと思いこんでいました。

Dscn3435

 早速、勝手に枝を数本いただいて持ち帰り、挿しました。何本根付くかな?水やりを忘れずに大切に育てます。

Photo

2021年6月16日 (水)

サラ枢機卿

 

Cardinal_robert_sarah
 昨日はサラ枢機卿様の76歳のお誕生日でした。おめでとうございますheart04

 サラ枢機卿様の教えは正統で、異端に傾きかけている人が大勢いる今のカトリック教会にこそ必要とされている方です。これからも聖ペトロや聖パウロが教えたようにキリストの正しい教えを私たちに説き続けてくださいますように。サラ枢機卿様のために祈りましょう。

2021年6月15日 (火)

予防接種

 昨日、新型コロナワクチン予防接種1回目を受けてきました。

 外で受付をすまし、病院内の広い部屋に案内されて指定された場所に座ると、説明の後に院長先生が私たちの所を順に回って来て問診をされました。その後に看護師さんも順に回って来てワクチンを打ってくださいました。しばらくそのまま待機してから帰宅しました。

 とてもスムーズな流れで、私たちはずっと座ったままだったのでとても楽でした。

 今日は副反応もほとんどありません。3週間後の2回目の接種の副反応が強いと聞いています。2回目が楽しみです。coldsweats01

348

         (写真は「.ru 」から)

2021年6月12日 (土)

聖母の聖心(せいぼのみこころ)

13

 今も私たちは聖母を苦しませ悲しませています。聖母の心に刺さっている剣や棘、これらは私たちの悪行や罪のせいです。

 ファティマや秋田での聖母のお告げを今一度思い起こして、聖母に倣いましょう。

2021年6月11日 (金)

イエズスの聖心(みこころ)

 

8
「聖体の主日」の後の金曜日は「イエズスの聖心」です。

「ご覧なさい、これほど人々を愛したこの心を。この愛の苦痛を忍んだこの心を。それなのに大多数の人々は、この愛に対して、冷淡と忘恩とをもって報いるのです」聖マルガリタ・マリア・アラコクにイエズス様はご自分の心を示しながらこう言われました。

 今もイエズス様は私たちにご自分の心を示しながら同じことを語りかけているように感じます。

 聖ボナベンツゥラも言っているように、イエズスの聖心はすべての生けるものを生かすいのちです。

108_2

2021年6月 6日 (日)

聖体行列

Img_20210606_102119


 私がごミサに与った教会では聖体行列がありました。heart04しあわせですheart01

Img_20210606_103408_burst001_cove_2

Img_20210606_103757_2

キリストの聖体(祭日)

158

 「キリストの聖体」の祭日を迎えました。例年ならば今日は多くの国のカトリック教会で聖体行列がありますが今年はどうでしょうか。

 イエズス様は私たちと共にいつまでもこの世にとどまることをお望みになり、ご自分の御体と御血を私たちの霊の食物としてお与えになり続けています。イエズス様が私たちをどれほど愛されておられるかよく分かります。

 司祭のことば「これは私のからだである」「これは私の血である」という聖変化によって、私たち信者はまことのキリストの御からだと御血をいただきます。まことのキリストをいただくのですから、いい加減な心の準備、態度でなく、良い心の準備をして相応しい態度でただきましょう。


YouTube: Bystanders Inspired by Eucharistic Procession

2021年6月 2日 (水)

聖心の月

Stmmariaalacoque
 6月は聖心(みこころ)の月。1673年聖マルガリタ・マリア・アラコクにキリストがご出現され、そのメッセージから聖心の信心が始まりました。

 昨日御心の月にふさわしい映画を観ました。『グリーンブック』と言う作品です。実話に基づいたストーリーで、ラストシーンはグッときました。久しぶりに良い作品に出合え、これも恵みだな~と主に感謝しています。この作品を酷評している人もいますが、この作品の良さが理解できない人の心はとても淋しいですね。

Photo