音楽・芸能 Feed

2014年1月19日 (日)

朝の音楽

 日曜日の朝は「音楽の泉」を聴いています。クリスマスや復活祭の前にはそれに相応しい曲が流れます。ちょっと苦手と思っていた作曲家の曲も流れますが、それが聞かず嫌いだったことに気づいたこともありました。

 今朝はメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲でした。そう、私の大好きな曲です。朝からこういう曲を聴くとなんだか心がうきうきして、一日中笑顔でいられるような気がします。

Mendelssohn Violin Concerto in E minor - Anne Sophie Mutter
YouTube: Mendelssohn Violin Concerto in E minor - Anne Sophie Mutter

2013年12月23日 (月)

Christmas songs

 クリフ・リチャードからクリスマスソングをheart

Cliff Richard Christmas songs on the Des O'Connor shows
YouTube: Cliff Richard Christmas songs on the Des O'Connor shows

2013年12月 9日 (月)

ローリングストーンズ その2

 ストーンズの曲に「悪魔を憐れむ歌」というのがあります。この曲が出ると、ストーンズは悪魔崇拝者だと言われました。もちろんそんなことはありません。他人の噂とは恐ろしいものです(映画:「偽りなき者」と同じですね)。そもそも悪魔は「わたしは悪魔です」と言って、悪魔の格好で人に近づきませんし、悪魔崇拝者は他人にわからないようにこっそりと崇拝するものです。

 善人のふりをして、悪をうまく善のように言いくるめて、その人が気づかないうちに悪に引き込むのが悪魔です。「悪魔などいない」と言う人ほどあやしい・・・。

 ストーンズファンだからと言って悪魔崇拝者と思わないでくださいね。「そんなこと思わない」って。有りがとう。誤解されたくないもの。それでは「悪魔を憐れむ歌」をどうぞ・・・と言いたいところですが、ここは私の好きな曲「アンジー」で。

The Rolling Stones - Angie - OFFICIAL PROMO (Version 1)
YouTube: The Rolling Stones - Angie - OFFICIAL PROMO (Version 1)

 

2013年12月 5日 (木)

ローリングストーンズ

 来年ストーンズが来日します。☆(*´∀`).。o感激☆2月26日、3月4日、6日の3回東京ドームでコンサートがあります。しかし私は当然行けません。いままで5回の来日コンサートも無論行けませんでした。(lll´Д`lll)

 しかしストーンズは大好きです。若い頃からのファンです。誰ですか「不良だ」なんて言っているのは。ミックは70歳、現役であのハードな舞台ができるのはかねてより健康に気を使い規則正しい生活をしているからです。よって彼のファンも健全な人が多いのです。確かに若い頃は麻薬、ヘルスエンジェルス、女性問題と悪いイメージがありましたが・・・年と共に彼も成長したのです。音楽が良ければすべてよしとしましょう。(゚∀゚;) 

The Rolling Stones - Paint It Black (Live at Twickenham)
YouTube: The Rolling Stones - Paint It Black (Live at Twickenham)

2013年11月15日 (金)

Bon Jovi

 クリスマスの曲を探していたら、ボン・ジョヴィのこんな曲がありました。

Bon Jovi   Hallelujah
YouTube: Bon Jovi Hallelujah

Bon Jovi - ** Blue Christmas ** Live  [HQ]
YouTube: Bon Jovi - ** Blue Christmas ** Live [HQ]

 ボン・ジョヴィの人気が一番あった頃、私はまったく興味がなくて聞きませんでした。ところがわたしの息子の一人がボン・ジョヴィを聴くようになり、わたしも聴き始めました。確かに彼の歌は上手いですね。クリントン元大統領の顔もみえます。きっと現役大統領時代のコンサートだったのでしょう。

 クリスマスは様々な人達がクリスマスキャロルを歌います(この2曲はクリスマスキャロルとは言えないですが)。日本でも教会に一度も行ったことのない歌手が歌っています。それはそれでいいのですが・・・。ちょっと寂しいですね。できれば救い主キリストのご降誕を心から喜んで歌ってほしいですね。

2013年11月12日 (火)

ヴァチカンでミサ曲

 以前ブログに書いた通り、9日ヴァチカンで西本智美さんの指揮による教会ミサ曲が演奏(彼女に言わせると祈り)されました。そしてヴァチカン国際音楽祭の最後をしめくくる10日にはベートーベンの第九を指揮しました。本当に素敵ですね。聴きたいけれどまだyou tubeにアップされていません。ミサ曲の方は写真があったので。まるで音楽が聞こえてきそうですね。

Photo_2

Photo_3

2013年11月 4日 (月)

久しぶりにIL DIVO

  生協の共同購入をしているのですが、そのカタログにイル・ディーヴォのCDが載っていました。久しぶりですね。最近聞くことも無く、新曲も知りませんでした。

 日本語で歌っている曲があるらしく、You Tubeで調べたところみつかりました。しかし「花は咲く」はNHKの著作権でアップできません。「故郷」は今の所できますがいつダメになるかわかりません・・・。

「FURUSATO」故郷 Il Divo - Furusato [Live] Japan March 2012
YouTube: 「FURUSATO」故郷 Il Divo - Furusato [Live] Japan March 2012

続きを読む »

2013年10月14日 (月)

枯葉

ERIC CLAPTON-Autumn Leaves
YouTube: ERIC CLAPTON-Autumn Leaves

イヴ・モンタンも良いけれどエリック・クラプトンもジーンときますね。

秋の夜長、シャンソンを聞きながら星空を見る・・・なんてロマンチックなのでしょう。私にピッタリです。r(^ω^*)))テレマスナ

2013年9月27日 (金)

西本智実さん

 めずらしい女性の指揮者、しかも国際的に活躍されている美しい女性です。彼女が今日のNHKラジオ「すっぴん」のゲストでした。今年の11月にヴァチカンで開かれる「ヴァチカン国際音楽祭」に招聘され『ベートーベンの第九』の他『オラショ』を指揮するそうです。もちろん『オラショ』が海外で演奏されるのは初めてのこと。

20091018_1061176 
 彼女にとってヴァチカンで指揮することは夢だったそうです。ですからヴァチカンから招聘された時には感激したというよりも衝撃だったそうです。彼女の先祖は生月島で、聖フランシスコ・ザビエルが伝えた「オラショ」をやっとヴァチカンに持って帰れるという思いがあるそうです。もちろん禁教令の時代に隠れて何百年も伝えられている「オラショ」のメロディーは民謡のように変わっていますが祈りの言葉はラテン語だとすぐにわかったそうです。

 彼女の指揮する『オラショ』が楽しみです。できればCDになれば良いのですが。11月の「ヴァチカン国際音楽祭」は多分ヴァチカンYouTubeで見ることができるでしょう。

 

2013年7月11日 (木)

Sultans of swing




YouTube: Dire Straits & Eric Clapton - Sultans Of Swing

 ネルソン・マンデラ元大統領トリビュートコンサートの模様で、マーク・ノップラーがエリック・クラプトンと一緒に演奏しています。いつ聞いても良い曲ですね。この曲はずっと前に載せましたが前回とはまた違う良さがあるでしょう。、同じ曲でもライブによってそれぞれの良さがあります。

 何故これを載せたかって?それは私のお気に入りの曲だから、それだけです。happy02

2013年6月22日 (土)

ミスレバノン本当はミセス・・・

 先日紹介したミスレバノン。しかし間違いが二つありました。一つはミスレバノンコンテストで彼女は2位でした。もう一つは後日彼女は結婚していて子供もいたことがわかりミス2位は剥奪されました。それでもやはり美しいことにかわりはありませんね。

    H71ハイファ

 私はインドや中東の女性の黒髪が本当に綺麗だと思います。真っ黒なのです。アメリカやヨーロッパの人は金髪が好きなようですが私は真っ黒な髪が好きです。

 日本人でも黒い髪の人はいますがハイファのような真っ黒な人はいませんね。たまに芸能人で見かけてもカツラだったりして・・・。黒い髪にブルー、グリーン、グレーの瞳の人は素敵です。あくまでも私の好みです。

 美しい人を見ると絵に描きたくなります。ハイファをモデルに描きましょうか。オッとその前に娘からトマ(ダルタニャン)を描いてと頼まれていたのを忘れていました。そういえばトマも一部真っ黒ですね。

 

2013年6月16日 (日)

歌舞伎

 東京の歌舞伎座が新しくなり7月には若手による七月花形歌舞伎が興行されるそうです。

Kabukiza_201307f

 このポスターを見てビックリ!左端の尾上松緑さんが女形ではありませんか。荒事の松緑さんしか見たことが無かったので、ぜひ女形の松緑さんを見てみたいです。でも藤間流のお家元なので女形も出来て当然と言えば当然ですよね。もちろん劇場には行けないのでYouTubeにアップされたら観ます。

 若者の歌舞伎離れが進んでいるようです。歌舞伎はとても面白いのに・・・。東京に行く機会があったら是非歌舞伎座で歌舞伎を観て来てください。歌舞伎座の案内は下のアドレスから。

   http://www.kabuki-bito.jp/index.html

今日は父の日です。わたしたちみんなのお父さんである天の父に「ありがとう」!!happy01そしてイエズス様の養父となられたヨセフ様にもお祈りしましょう。

2013年6月 7日 (金)

トルコ

 トルコはイスラム教国ですがヨーロッパ(キリスト教国)と隣り合わせなのでとても緩やかなイスラム文化でしたが、前の選挙によって少しずつ変化しているようです。イスタンブールは変化に反対する人々のデモが激しくなっているようです。

 トルコのスーパースタータルカンもだんだんと歌いづらくなるのではないでしょうか。去年のトルコのTV番組から私の好きなタルカンの「kuzu-kuzu(子羊)」をどうぞ。




YouTube: Tarkan - kuzu kuzu TRT avaz konseri

2013年5月24日 (金)

ヘイトスピーチを吹き飛ばせ!




YouTube: Mark Knopfler, Eric Clapton, Sting & Phil Collins- Money for Nothing (Live Montserrat)

2013年5月11日 (土)

コマーシャル

 TVのある皆さんはもう見たことがあるかもしれませんが、evian のコマーシャル面白いですね。思わず何度も見てしまいます。こういうコマーシャルを作る人の発想とそれをカタチにできる人達の技術力には感心します。




YouTube: baby&me / the new evian film

2013年5月10日 (金)

Blackmore's Night

 レインボウのリッチー・ブラックモアはその後奥さんと一緒にブラックモアズナイトと言うバンドを作りました。いままでの雰囲気とは全く違いますが、ギターの腕はさすがです。これはこれで良いのではないでしょうか。奥さんの歌は上手いし、リッチー本人が満足しているのだから。




YouTube: Blackmore's Night - Soldier Of Fortune-Live in Paris Moon

2013年5月 6日 (月)

Billy Joel

 突然懐かしい曲をみつけました。やはり年なのかな~。昔の曲は良いですね。この「Honesty」は特に好きです。若い人たちにも聞いて欲しいですね。




YouTube: Billy Joel "Honesty"

 もう一曲、他のグループとはちょっと違い、私にとっては大人の感じがした"Chicago”です。




YouTube: Chicago - 25 or 6 to 4 (Live at Tanglewood 07/21/1970)

2013年4月11日 (木)

歌う修道士




YouTube: Friar Alessandro - Panis Angelicus




YouTube: Frate Alessandro - La voce di Assisi - Ave Maria

 イタリアのアッシジからフランシスコ会の修道士がCDを出しました。修道士アレッサンドロです。彼の歌は祈りです。

2013年3月23日 (土)

Paco de Lucia

 ここ数日カトリックの話題が続きました。明日は枝の主日でまた一週間はカトリックの話です。そこで今日はまったくそれとは関係のない音楽を紹介します。私が二十歳の頃から好きなフラメンコギターのパコ・デ・ルシアの演奏です。フラメンコの歌も大好きです。

  フラメンコといえばスペインですが、スペイン人はフラメンコはヒターノ(ロマ)の文化でスペイン人の物ではないと言うようです。闘牛はスペイン人の文化らしいですが詳しいことはわかりません。いずれにしても私は闘牛は嫌いで、フラメンコは大好きです。




YouTube: Paco de Lucia - Entre dos Aguas




YouTube: Paco de lucia - Tangos Flamenco




YouTube: Rocio Molina & La Tremendita - Bulerias

2013年2月10日 (日)

主の創造

 前回「神は私たちのために植物を創った」と書きましたが、これは間違いですね。人間のために創ったのではありません。主が創造されたものはすべて主の栄光を現すためです。主は人間に責任を持って植物の管理をすることを任せられただけです。私の考えが浅くていい加減な事を書いてしまいました。訂正いたします。やはり主の創られたものは素晴らしいです。

 




YouTube: CRISTO è LA ROCCIA DI HOREB SPAGNOLO - ITALIANO CORALE DI PALMI