日記・コラム Feed

2019年9月10日 (火)

ロザリオロード

 藺牟田池には池の周りを一周するサイクリングロードがあります。以前にも書きましたがこの道は自転車より歩く人の方が多いです。

 この道を名付けて『ロザリオロード』!(私が勝手につけました)

 先日行った時は平日だったので池の周りを歩く人も自転車も無く、周りを気にせずにゆっくりとロザリオを祈りながら歩きました。

 花の少ないこの時期に二本だけ美しい花の咲いている木がありました。花は我が家の酔芙蓉に似ていますがずっと小さいのでムクゲ(フヨウ属)だと思います。池に来る途中ではピンクの百日紅(サルスベリ)の花を沢山見かけました。

 主の創造された物は美しいですね。その中でも最も美しいのは人間のはずですが・・・。

Img_20190903_160830

2019年9月 1日 (日)

布袋葵(ホテイアオイ)

 この夏の猛暑中メダカたちも頑張りました。気温と同じく水温も上がるので、メダカたちが少しでも過ごしやすくなるよう7月に布袋葵を鉢に入れました。

 この布袋葵の繁殖力といったらものすごいです。増えすぎて水面を覆ってしまうとメダカたちの泳ぐ場所が無くなります。布袋葵の根はメダカの産卵に役立ちますが、多すぎても困りもの。時々増え過ぎたものを間引いています。一部は捨てずに手水鉢に入れました。そしてその株に花がつくようになり、昨日も花が咲いていました。

Img_20190831_084050

 真っ黒で髭のようにもっさりとした根とは正反対に花はとても優しく可憐です。水面に咲く薄紫はとても涼しげでこの時期にピッタリ。

2019年8月18日 (日)

これからは優しく穏やかに・・・

 昔からある有名な笑い話なので怒らないでください。coldsweats01

「神様にも三つだけわからないことがあります。一つは世界中にある女子修道会の数。二つ目はフランシスコ会の財産。三つ目はイエズス会の従順」

 女子修道会は観想、活動、在俗、日本国内だけでも約100、男子修道会の倍あります。清貧のはずのフランシスコ会は実はお金持ち(と言われています)。イエズス会は教皇様に従順のはずですが実はリベラル派の司祭が多いので・・・でも現教皇様もイエズス会!ということは…。

 夏休みの間いろいろなことを考えました。教会のこと、教皇様のこと、修道会のこと、信仰のこと、聖人のこと等々・・・。すると頭の中が煮詰まってしまいました。煮詰まった頭にポッと浮かんだのがこのジョークです。

 カリカリしている私に主は「わからないことがあるのは当たり前。思い通りにならないこともいっぱいあるでしょう。でももう少し肩の力を抜いて優しくゆっくり穏やかに、ジョークの一つも口にして過ごしなさい」と諭されたような気がしました。

 そして目に止まったのがこの動画です。フランス語は全くわかりませんがこの動画の若者たちを見る限りまだまだ希望があります。(ルルド・若者のための夏の集会)


YouTube: Open Source : le rassemblement de l´été pour les étudiants et les jeunes pros

2019年8月 4日 (日)

バービー人形

 バービー人形は発売から60年だそうです。私が小学生の頃、東京に出張した父のお土産はバービー人形でした。それ以来私にとって着せ替え人形はリカちゃんではなくてバービー。懐かしいな~。

 3月8日の国際婦人デーには各界で活躍した女性20人のバービー人形が発表されました。日本からは黒柳徹子さん、大坂なおみさんがモデルとして選ばれましたね。

Photo_4

 着物姿のトットちゃん素敵ですね!

 さて、学校はすでに夏休みです。私も夏休みでしばらくの間ブログをお休みします。皆さんも有意義な夏休みをお過ごしください。happy01

2019年8月 3日 (土)

冷蔵庫を買う

  先日冷蔵庫の寿命がきて動かなくなりました。 毎朝飲む牛乳やバターにチーズ、肉や魚の冷凍食品等、テレビは無くても困りませんが冷蔵庫がないと本当に困ります。特にこの猛暑の夏は…。

Photo_2

 冷蔵庫が動いていないのに気付いたのが夕方だったので翌日近くのホームセンターへ行きました。取り寄せる時間がおしいので「展示現品限り」を選び,店員さんに配達はいつ頃になるのか聞いたところ、

店員:「わかりません。」 

私:「大体の目安でよいので」 

店員:「わかりません。配達業者に委託しているのでこちらではわかりません。」

私:「それなら、配達業者に問い合わせてください」と頼む。 

 結果多分5日後ぐらいとの返事。目の前にある商品を数百メートル先の家に届けるのに5日もかかる!勿論ここでは買わずに車で数分の小さな電気店へ行ってみました。

 同じような大きさの冷蔵庫を選び、配達日を聞いたところ、「展示品なら今日配達できます。そうでなければ今日注文して明日届くので、明日の午後配達できます」との返事。前の店となんという違い!即買うことにしました。

 そして翌日の11時頃に連絡があり、商品が届いたので今から配達のうかがっても良いかとのこと。予定よりも早く届き感激!

 大型店を過大評価していた自分のあやまちに気づきました。小さなお店はそれなりの利点があります。店員さんも丁寧で心のこもった対応をしてくださいました。これからは大型店を頼らずに、先ずは近くの小さなお店から。wink

28

冷蔵庫はにゃんこのためではありませんhappy02

2019年7月28日 (日)

信仰の糧

 『トマさん祈りの部屋』がなかなか更新されません。リニューアルしてから更新できなくなったとか・・・。そろそろ誰か専門の人に頼んだら良いのでは?
 

24_2

『トマさん祈りの部屋』から

「祈りは人間の証明」

発掘された人骨が人間のものか、類人猿のものか、それを識別するための一つが、「祈り」です。死者を葬った形跡があれば人間です。たとえば、人骨と一緒に花粉や種が大量に見つかれば、亡骸と一緒に花を手向けたことが分かります。あるいは、魂が抜けださないように体勢が不自然に窮屈な状態で見つかれば、これも祈りの跡です。いずれも死後の世界を考えている証拠です。それは時間と空間を超えた思索をしている印になります。このように、「祈り」は人間の証明になっているのです。

みなさんは祈りますか?大げさに言えば、祈らない人は人間になりきっていない、未完成の人間、未熟な人間といえます。人間は「時空を超えて考える」ことと「他者を愛する」ことに加えて、祈ることで完成します。もちろん、祈るだけでは不十分です。でも、祈らないのも不十分なのです。聖ヨハネ・マリア・ヴィアンネー司祭は、「人間は美しい務めをもっています。それは、祈ることと愛することです」と話しています。私たちは、祈るように、愛するように招かれています。そして、祈り、愛することで幸せになり、人間として完成されていきます。

祈りは普遍的です。誰でも祈れるし、祈らなければいけません。偉大な科学者アインシュタインも神を信じ、祈りました。祈るとは、自分の力の限界を知っている証であり、人を思う印です。もちろん、いのりにも様々な種類がありますから、自分のことしか祈らないという場合もあるかもしれません。そうであっても他者の力に信頼していることには違いありません。私たちは、他の人々と繋がっています。利己主義は、その絆を壊します。祈りは、それを修復して強めます。人々の繋がりの中心に神がいるのです。

みなさん、全力で勉強してください。全力で部活に励んでください。そして、友だちを大切にしてください。それが人々と繋がることです。それが祈りの土台になります。その上で「祈る人」になってください。祈りは弱い人の神頼みではありません。努力する人が更に成長する道です。一日に一度は沈黙の時間をもって自分と向き合い、天を仰ぎ、あなたの信じる神と向き合ってください。そして、自分のため、人のために祈ってください。その祈りが、あなたを人間の完成に導いてくれるでしょう。■
2019/04/19 精道三川台高校1・2年生への説教

24_3

 トマさんのブログは私の信仰の糧です。いつもいつも教えられ励まされます。一日も早くまたトマさんのお話が読めますように!
 

2019年7月27日 (土)

ブルーベリー

 

Img_201907
 今年はブルーべリーが沢山なり、これで3回目の収穫です。夫には子どもの頃によく食べた思い出の果実、特にこれを具にしたピエロギをお母さんがよく作ってくれたそうです。

 このブルーベリーを使って今日はマフィンを作りました。

Photo
 ベルーベリーをたっぷり入れたマフィンも夫は大好きです。夫が喜ぶと私も幸せです。lovely

2019年7月20日 (土)

モンクコーヒー

 娘に頼んでいたモンクコーヒーが届きました。スペシャルフレーバーの「バナナラム」「ココナッツマルガリータ」「ダークチョコレートトッフィー」です。先ずは「バナナラム」から。

Img_20190714_215404

 暑くなるとアイスコーヒーが美味しいですね。ブラックで濃いめに入れたフレーバーコーヒーを炭酸で割ってたっぷりと飲んでいます。コーヒー通の人には邪道な飲み方かもしれませんが、砂糖、ミルク無しで香りを楽しみながらすっきりさわやか!

⇩モンクコーヒーのご注文はこちらから⇩

https://www.mysticmonkcoffee.com/

2019年7月16日 (火)

崇拝する

 以前ごミサの後に夫から「今日はヴェールを忘れたの?」と聞かれました。忘れたのではなく、わざと持って行かなかったのです。

 様々な信心会があります。その中でヴェールを強制している会もあります。私はそういうのは苦手で・・・。自分がその会と関係あると思われているのではないかと余計な心配をしてしまい、今は被らないでいるところです。気持ちの整理がついたらまた被ります。

 私は同じ意向の人たちが集まって祈る*信心会や〇〇運動などとは距離を置いています。世界レベルの大きな会から小教区レベルの小さな会までその数は数えきれないくらいあります。でも私はこれからも信心会や〇〇運動等には参加することはないと思います。

 ごミサの時に私がヴェールを被ったり、跪いて祈ったり、舌でご聖体拝領をするのは特定の信心会に属しているからではなく、私個人の信仰の形の現れだと理解してください。

 *修道会第三会、在俗会、オプスデイ、これらは私の言う信心会ではありません。

4_2
 ご聖体に対する崇拝として自然に跪き、頭を深く垂れます。ご聖体の前では特別なのでヴェールを被ります。私にとってはこれが当たり前で自然な形です。ごミサの聖変化の時に跪きたい衝動を必死に抑えています。think

2019年7月15日 (月)

どこに1票入れようか?

 参議院議員選挙投票日が近づいてきましたね。皆さんはもう投票する政党は決まりましたか?私は特に支持する政党がないので困っています。

 先日私は以前怒ってしまった事=テレビもワンセグも無いのに受信料を払うようにしつこく言ってきたNHKのことを思い出しました。そこで一瞬頭をよぎったのが「NHKから・・・党」です。

 ところが娘から教えてもらったのですが、この党の党員にNさん(ブログ名Oさん)がいました。カトリックの彼女は以前自分のブログでM司教様を激しく非難攻撃し続けました。またヘイトデモをする彼女を思い出すと、私はやはりこの政党は支持できないと思ったのです。

 清廉潔白で、本当に弱い人たちのことを考え、人間を創造した神を認める謙遜な政党はないものでしょうか?選挙当日までまだまだ悩み続ける私です。

Photo_2

2019年7月14日 (日)

汚聖を避けるために

6月22日のFr.Zのブログに書かれていた文章の一部と写真です。

I thought that you may find the attached image useful, as heartbreaking and enraging as it is. Today, an elderly woman came into my office. She was very confused and upset. She handed me this book and explained that she found it while cleaning out the estate of a deceased friend.

19_06_22_host_book768x1024_2

Father, those are Hosts which were found because they were in a book.

Then there are the Hosts which are never found, because they were taken for evil purposes.  There are the Hosts which were simply thrown away.

This Communion in the hand thing…. it has to stop.

 このご聖体は本の間で見つかりました。手で受けた人には可能です。舌で受ければこのような間違いは起きないでしょう。Fz,Zが書いている通り、もっとひどい汚聖が起きているかもしれません。やはりご聖体を手で受けるのは止めた方が良いですね。

1

⇧⇩ポーランドでは多くの人がずっと変わらずに舌で拝領しています。

5

2019年7月 7日 (日)

喜んで主に仕える

 

3
 S神父様は聖水で祝福を授けた後に、「洗礼の時の恵みを想いおこして、いつも喜んで主に仕えるように」と話されました。

 主はすべての人を愛されていますが、その愛に応えるかどうか決めるのは私たち自身です。主の愛を拒否・無視する人、わかっていても応えようとしない人、あるいは主の愛に応えようとする人…。

 6月が終わりちょっと気の抜けた感のあった私は、今日の神父様の話で「これからも喜んで主に仕えなさい!」と、励まされました。

 S神父様のお話は当たり前のことを普通に話される=教会の正しい教えを的確に話されるのでいつも安心して聞くことができます。

2019年6月20日 (木)

カトリック教会の信者

 「Fr.Zのブログ」より:Fr.Z への質問です。

QUAERITUR:

Someone told me that I am bound to attend mass at my territorial parish, even though it is a rule that is not followed by many people. I was told this as reason for why I should not be attending the TLM at a church about 30 minutes away from my house. Is this true? Am I required to attend mass only at my territorial parish church?

In the 1983 Code of Canon Law we find that on Sundays and other holy days of obligation, the faithful are obliged to participate in the Mass (can. 1247).  We also find that, “a person who assists at a Mass celebrated anywhere in a Catholic rite either on the feast day itself or in the evening of the preceding day satisfies the obligation of participating in the Mass.(can. 1248 §1).

Hence, you can go to Mass anywhere, so long as it is a Catholic Mass.・・・・・・・・

Keep in mind that, out of justice, if you are receiving services from a parish, you should be supporting the parish financially (or an equivalent) as well.

 Fr.Zの答はいつもカトリックの教会法に基づいているので正確です。質問者のような人は世界中にいるでしょう。そしてこの人たちを非難するのは信徒だけでなくわずかですが司祭もおられます。司祭から注意されれば自分はミサに与っているのに悪いことをしているかのように感じてしまう人もいるでしょう。とても悲しいことですね。

 皆さん「私たちはそれぞれ〇〇教会の信者である前にカトリック教会の信者であることを忘れないでください。ごミサに与ることが大切なのですから。

11_3

2019年6月18日 (火)

教会の教えは不変

 とても嬉しいニュースを聞きました。やっとフランシスコ教皇様ははっきりと教会の教えを示されました。「神は人間を男と女に作られたこと、結婚とは男と女が結ばれること」等々。教皇様の曖昧な表現で司教・司祭の中にこの当たり前の教えが当たり前でないと考える人も現れ、信徒を混乱させていました。

 教皇様のために祈ってきたことは無意味ではない、祈りの力を改めて感じています。10月には「アマゾニアシノドス」も予定されています。教皇様のためにもっともっと祈らなければ!

V8atuunz_2

2019年5月26日 (日)

射祷

 「射祷」について、最近あらためてこの祈りがとても良いことに気づかされています。

 Fr.Zは誘惑に遭う時には短い祈りを唱えなさいと言っています。私は誘惑に遭う時だけでなく不安な時にも、怒りがこみあげてくる時にも「射祷」を繰り返すようになりました。

 私は「イエズス、マリア、ヨセフ、助けてください」と。これだけを繰り返すだけですがとても助けになります。勿論これはおまじないのことばではありません。射祷は祈りです。心からイエズス様マリア様ヨセフ様を信頼する祈りです。

 フランシスコ教皇様は "Church must learn to abandon old traditions" と言われたそうですが、「古い伝統」が何を指すのか分かりません。またどういう意図で言われたのかもわかりません。が、射祷はこの古い伝統には含まれないと思います。

37

2019年5月16日 (木)

5月は初聖体

 5月は聖母の月。マリア様の月はポーランドでは初聖体の子どもが一番多い時期です。どこの教会も日曜日は初聖体の子どもでいっぱいです。

20_2

3

⇧⇩ 普通はお父さん、お母さんも一緒に並んでご聖体拝領をします。

2

28

 初聖体のお祝いは特別ですね。親にとっても大きな喜びです。一生に一度だけ、他に比べることのできない幸せです。

32_wyspa_maryi_o_duszpasterstwiecz

2019年5月 9日 (木)

学ぶ

 近頃思うこと、それは「学ぶ」ことの大切さです。なにも良い成績をとるためや他の人と比較するためではありません。自分の能力に見合った学びのことです。

 学ぶことは一生続きます。私のような主婦でも主婦業を学び続けます。料理のレパートリーを増やしたり、効率のよい掃除の仕方、家族にとって良いことは何かを学び考えます。そして司祭様も学び続けます。司祭様が真理を知らなければ信徒を真理へと導くことはできません。同じく私たち信徒も学び続けなければなりません。私たちは知らないことがまだ沢山あります。司祭様から教会の正しい教え・真理を学び続けなければ。

 弟子たちはイエズス様から直接教えてもらいました。私たちは司祭様から教えてもらいます。信徒が知らないのは司祭様が教えていないからでしょう。

 フランシスコ教皇様は初めて訪問先の国でのごミサで初聖体の子どもたちにご聖体を授けました。そのご聖体拝領の前に子どもたちに話されました。「心静かに、イエズス様のことだけを思って・・・」私も教皇様に教えられました。(動画 46:50 頃から)


YouTube: Pope Francis - Rakovsky - Holy Mass 2019-05-06

連休が明けて

 メダカの赤ちゃんはあっという間に30匹以上に、まだ卵があるのでひょっとしたら50匹位になるかもしれません。自然界なら他の魚の餌になり生き残るのは少ないでしょう。もう少し大きくなったら一部を川に放流するか、「メダカあげます」の張り紙をして欲しい子にもらってもらうか、思案中です。

 連休の間衣替えをして、パソコンの中もきれいにしました。保存していたお気に入りの写真や音楽、動画を整理したのです。そして、片付けをする時にはいつもそうですが、忘れていた物を見つけてはそれに見入ってしまうのです。その一つがプルシェンコのスケート動画。やはりすごいですね、この方は。


YouTube: プルシェンコ 『ニジンスキーに捧ぐ』 2004 RN 芸術点オール6,0 Plushenko

 スポーツというより芸術作品ですね。

2019年5月 5日 (日)

最近思うこと色々

 教会が危ない!大天使ミカエルのチャプレットを・・・いえ、ここは聖ファウスティナのイエズスの聖心のチャプレットを祈った方が・・・、それよりも聖ヨセフのチャプレットで取り次ぎをお祈りした方がよいかも・・・等々。

 様々なチャプレットを祈ってみて・・・結局私が落ち着いたのはいつものロザリオでした。バラの冠の祈りは私に一番向いているようです。

 夫の勧めで『天使祝詞』の「…天主の御母聖マリア、」の後に「聖ヨセフ」を加えて祈っています。「…天主の御母聖マリアと聖ヨセフ、罪人なるわれらのために、今も臨終ののときも祈り給え」となります。『アヴェ・マリア』の時には「神の母聖マリアと聖ヨセフ」となるでしょう。

24_4

 ある南米の国の教会で跪いてご聖体を受けようとする人を拒否する司教様がおられました・・・拒否された信徒は黙って自分の席へ戻ります。それを見て笑っている人・・・こういうことを見ると本当に胸が痛み、悲しくなります。「カトリック教会は大丈夫?」と、ついつぶやいてしまいます。

 でもね、私は「イエズス様が悪魔に負けることは絶対にない」と信じています。その証拠に、

⇩ 先月のヨーロッパの教会でのごミサです。皆さん跪いてご聖体拝領しています。

Sanktuarium_matki_boej_licheskiej_t

⇩ この教会では真ん中にご聖体拝領のための跪き台が置かれ、跪いて拝領していました。

Ewtn_20190429

⇩ フランシスコ教皇様と跪いて拝領する少女

Photo

 ねっ!だから何も心配することはないのです。これからも教皇様や司教様、司祭様のために祈らなければ、と思うことでした。

* 誤解なきように:私は立って舌で拝領していますが、家族はいつも手で拝領する人、その時の状況によって舌か手の人、私と同じくいつも舌の人と、各々自由です。(できれば舌の方が良いのですが)勿論跪いて拝領したければどうぞ。ご聖体をよく理解していただくことが大切なのですから。

Transmisja_na_ywo2019542

(2019年5月4日ポーランド)このようなごミサの動画を見ると、とても幸せな気持ちになります。この教会では全員ご聖体は立ったままですが舌で拝領していました。侍者はちゃんとパテナを持っていましたよ。

24_3

 もう一つ心傷むことは、フランシスコ教皇様に対する不満(他宗教に対する考えや地獄の有無、離婚・再婚者などへのご聖体拝領について等々)からフランシスコ教皇様を教皇と認めようとしない人たちがいることです。そして教皇様に従おうとしている人達を非難しています。不満があればこそ教皇様のために祈らなければ、それがキリストが私たちに教えてくださった愛でしょう。私も教皇様の発言や書かれていることに首をかしげることはあります。だからこそ教皇様のために祈るのです。批判や攻撃は分裂を生むだけです。それこそ悪魔が望んでいることでしょう。

教皇のための祈り

神よ、教皇フランシスコを守り、強めてください。移り変わりの激しい世にあって、教皇が私たちの信仰をかため、いつも変わることのないあなたのことばをふさわしく説き明かすことができるように導いてください。永遠の牧者であるキリストよ、あなたは教会を建て、その頭としてペトロを選びました。ペトロの後継者である教皇のことばを素直に受け入れる心を、わたしたちにお与えください。アーメン。

 カトリック教会の中で分裂が起きないように、主よ助けてください。アーメン。

2019年5月 4日 (土)

小さな命

 5月3日メダカの赤ちゃんが孵化しました。息子が飼っているメダカです。彼は卵を見つけた時にはそれを別の容器に移して、孵化するのを楽しみに待っていました。

 体長数ミリの小さな小さなメダカ、本当に可愛いです。にゃんず達に食べられないように網を上にかぶせました。

Photo_3

写真でわかるかな? 上の方に3匹、下に1匹います。

 憲法記念日に生まれたメダカたち。一緒に憲法9条を守ろう!