カトリック Feed

2019年9月22日 (日)

教皇様とIL VOLO

Il_volo_in_panama_2019


YouTube: La espectacular presentación de Il Voló en la vigilia de la JMJ Panamá 2019

 欲を言えば Il Volo の「Salve Regina 」を聴きたかったな~heart

2019年9月21日 (土)

使徒聖マタイの祝日

 

Caravaggio_1602

聖マタイ Caravaggio

 
 今日は使徒聖マタイの祝日です。聖マタイはキリストの弟子になる前は徴税の仕事をしていました。ローマのために税金を集める仕事をしていたマタイはローマ人の手先と思われ嫌われていました。キリストはそんなマタイを自分の弟子に選ばれたのです。浅はかな考えの私たちなら皆に評判が良くて人望の厚い人を選ぶでしょう。しかしキリストは皆から嫌われていたマタイを選びました。

 私はこのキリストがマタイを選ぶ話が好きです。私たちの思いと主の思いはこれほど違うことが分かります。ですからいつも聖書を読んで主のみ心を知ろうとしなければならないと再確認しました。

2019年9月14日 (土)

十字架称賛の日

1_2
 どの聖堂に入ってもまず目に入るのが正面の祭壇上にあるキリストの十字架です。キリストの身体のない十字架はただの十字架、二人の強盗もキリストと同じように十字架につけられました。十字架に磔になったキリストの姿があってこそ十字架の意味がはっきりと伝わります。

 十字架称賛の日、キリストの身体のない十字架について、「キリストはすでに復活しているからキリストの身体はなくてもおかしくありません」というこじつけの説明は聞きたくありません。キリストが十字架にかけられた意味をキリストのいる十字架の前で黙想したいです。

6

『ローマ・ミサ典礼書の総則』

117 祭壇は少なくとも一枚の白い色の祭壇布で覆われる。さらに、祭
壇上もしくは祭壇の近くに、火をともしたろうそくを以下のように置く。
どの祭儀においても、少なくとも 2 本を置く。あるいは、とりわけ主日
のミサや守るべき祝日の場合は 4 本もしくは 6 本、また、教区の司教
が司式する場合は 7 本を置くようにする。なお、祭壇上あるいは祭壇の
近くに、磔刑のキリスト像のついた十字架を置く。ろうそく台と磔刑の
キリスト像のついた十字架は、入堂の行列の際に運ぶことができる。

Ggxtptte1_2 
 総則では「祭壇上もしくは近くに磔刑のキリストの像のついた十字架を置く」とあります。教皇様のごミサでは祭壇の中央にキリストの十字架を置いています。たとえ祭壇の後ろにどんなに大きく立派な十字架が掲げられていても、教皇様は主に向いています。祭壇がキリストの体ならなおさらその上にマイクを置くのではなく十字架を。

 そもそも以前のような祭壇で、祭壇(十字架と聖櫃)の方を向いてごミサをあげていた時にはこのような問題は起きなかったのです。

12

TURN TOWAEDS THE LORD AGAIN ! ⇩

22

16

カトリックならキリストの身体のある十字架を!

2019年9月12日 (木)

マリアのみ名の記念日

 今日9月12日をマリアのみ名の記念日に定められたのは教皇ピオ10世です。昨年この日についてくわしく書きましたが、まだまだ日本では知られていません。8日のマリアの誕生の方が知られているようです。

 マリア様への取り次ぎに深く関係するこの記念日はすべての信者のための記念日でもあります。マリア様に取り次ぎを願う人の願いは必ず主に届きます。マリア様は主の特別な聖寵にあふれた方です。そのマリア様のみ名を讃え記念する日をもっと大切にしましょう。

30_2

 マリア様を崇敬するのはカトリック、正教会、英国聖公会です。

2019年9月 8日 (日)

聖マリアの誕生

61_nativityoftheblessedvirginmary

 聖マリアは母聖アンナと父聖ヨアキムの間に生まれました。聖ヨアキムはダビデ王の子孫、聖アンナは祭司マタンの娘で他にメアリーとゾイアという二人の姉妹がいました。メアリーの娘がサロメ、ゾイアの娘がエリザベト(洗礼者聖ヨハネの母)です。聖書にある通り聖マリアとエリザベトは従姉妹どうしです。

 よく聖アンナはテオトコスを生んだと言われますが、このテオトコスとはギリシャ語で神の母という意味です。よくイコンに使われていますね。

63_2_2

2019年8月29日 (木)

TURN TOWARDS THE LORD(主に向かって)

 一昨日は聖モニカ、昨日は聖アウグスティヌス、今日は洗礼者聖ヨハネ殉教記念日です。聖アウグスティヌスがあげたごミサと同じように「TURN TOWARDS THE LORD」に戻りましょう。司祭が会衆の方を向くのはやはりおかしいと思います。と、私が言ってもFr.Zが言っても何も変わらないのはわかっていますが、それでも言わなければなりません。26_350x350_front_colorwhite


FrZ.は言います。

“[A] common turning to the east during the Eucharistic Prayer remains essential. This is not a case of something accidental, but of what is essential. Looking at the priest has no importance. What matters is looking together at the Lord. It is not now a question of dialogue but of common worship, of setting off toward the One who is to come. What corresponds with the reality of what is happening is not the closed circle but the common movement forward, expressed in a common direction for prayer.”

私も同感です!!

2019年8月20日 (火)

ショック!

Photo_3

 Fr.Zのブログで見た記事です。驚きですね。若者だと80%だそうです。そして今は確かに社会正義ばかりが重視されています。

”Bishop Barron has a video reacting to the Pew Research saying that 75% of Catholics think the Blessed Sacrament is just a symbol.  He talks about the failure of catechetics and educators and that social justice was made more important than sound teaching.

・・・・・・・

Bp. Barron underscores that this has been a massive failure on the part of educators, catechists, evangelists and teachers”.

 Barron司教様のビデオに対してFr.Zは言っています。

"Well, yes, but mostly… NO!

Yes, catechesis is important, but more important still is our liturgical worship, for decades hardly “sacred” liturgical worship.

Lack of belief in the Eucharist is mostly a massive failure in the way we celebrate the Eucharist!  I mean, of course, Holy Mass.

Everything flows from worship and then back to worship. ・・・・・・・

Not a word – in that video – about liturgy as either a cause of the problems we face or as a solution. I listened to it twice and didn’t hear it.  He talks about the danger of placing social justice, etc., before doctrine.  But, he doesn’t talk about liturgy.

・・・・・・ He wants a “call to action”? Here’s a call to action!".

そしてFr.Zは以下のように行動するべきだと話しています。

"STOP COMMUNION IN THE HAND!

Foster kneeling for Communion put in Communion rails.

Get serious about music.

Phase out unnecessary lay ministers of Communion.

Clear the sanctuary of everything that distracts.

Celebrate ad orientem. (エルサレムの方へ向いて)

And the scariest of all … implement generously Summorum Pontificum!".

7

2019年8月16日 (金)

聖母の被昇天~ごミサに行く

Photo聖母被昇天 エル・グレコ


Perché è importante andare a Messa? Perché il Signore ti aspetta lì da tutta l'eternità. 

ミサに行くことがなぜ重要なのでしょうか?なぜなら主は永遠にあなたをそこで待っているからです。


YouTube: Il Signore ti aspetta nella Messa

 ということで、昨日はカテドラルのごミサに与りました。「聖母の被昇天の祭日」そして今年から「キリスト教伝来記念日」のごミサです。中野司教様の主司式で外国からの神父様も参加されていました。

 司教様の説教もとても良いお話でした。「聖母の被昇天」が教皇ピオ12世によって定められたのは近年(1950年)のことですが、すでにずっと昔(5世紀頃)から祝い続けられてきたというお話。

 今まで「ザビエル上陸記念日」としていた名称を「キリスト教伝来記念日」と変更した理由について(『聖書と典礼』パンフレットの裏参照)のお話し。

 そして6日から15日までの「平和旬間」、広島、長崎の平和行進などの「平和」についてのお話でした。特に「平和」について、私たちが言う平和と主の言われる平和は違うこと、また神を認めない無神論者の言う平和と神を信じている人の平和は違うという話には全く同感しました。

 当たり障りのない曖昧な話ではなく、このようにはっきりとしたお話は聞いていてよく分かりました。

2019年7月28日 (日)

祈りについて

今日の説教から:

 (F神父様が聞いた話からの説教です。)自分の願いを祈ってもなかなか主からの応えはないものです。ある人が司祭に尋ねました。「願いを聞き入れてもらうにはどのように祈ったらよいでしょうか?」司祭は答えました。「主が聴き入れてくださるまで祈り続けなさい。あるいは主は祈りの意向を変えてくださるかもしれません(祈りの意向が間違っていることに気づかせてくださる)」と。

 この話のように主のみ旨に適う願いならかなえてくださるでしょうし、もしその願いが主のみ旨と違うならば、主はそれに気づかせてくださるかもしれません。主のみ旨をそのまま受け入れることが大切です。「主が望むことを私も望みます」はOpus Deiの本に書かれてあった祈りです。私は朝目覚めた時に必ずこの祈りを唱えます。

 今日のごミサは説教だけでなく、ごミサそのものも気持ちの良いものでした。F神父様もそうでしたがM神父様、K神父様、いづれのごミサでも、記念唱は: 

 司祭:わたしたちはいま、御子キリストの救いをもたらす受難・復活・昇天をきねし、・・・地上を旅する教会、私たちの教父フランシスコ、私たちの司教フランシスコ・ザビエル中野裕明、・・・亡くなった私たちの兄弟、また、み旨に従って生活し、いまはこの世を去ったすべての人をあなたの国に受け入れてください。・・・あなたにはすべてのよいものを世にお与えになります。キリストのよってキリストとともにキリストのうちに、聖霊の交わりの中で、全能の神、父であるあなたに、すべての誉れと栄光は世々に至るまで。

 会衆:アーメン

と、唱えられていました。やはり間違いを正しているごミサに与るとほっとします。

 『カトリックの祈り』のミサの司式代にも「・・・すべての誉れと栄光は世々に至るまで。」までを司祭が唱えると書かれてあるのに、いまだに私の所属する教会のごミサでは信徒が唱えています。いい加減改めないと・・・教皇様のごミサの時に間違ってしまいますよ。でももしかしたら教皇様はラテン語ミサかも?天使ミサなら良いのにな~。・lovely

2019年7月25日 (木)

聖ヤコブ使徒(祝)

Photo_2

使徒聖ヤコブ:エル・グレコ

 使徒聖ヤコブのお祝いといえば Tarta de Santiago !

Tarta_de_santiago  まるで「クリスマスといえばケーキ」と言っている子どものようですね。coldsweats01

 聖ヤコブは使徒ヨハネの兄で大ヤコブと呼ばれています。44年頃にヘロデ・アグリッパ1世に捕らえられて殉教しました。使徒たちの中で最初の殉教者でした。 スペインの保護聖人でもあります。何故スペインの保護者かというと、9世紀にスペインの現在のサンティアゴ・デ・コンポステーラという地で聖ヤコブの遺体が発見されたからです。折しもイスラム勢力と戦っていたスペインはキリスト教を守るシンボルとして使徒聖ヤコブを崇敬しました。スペイン語で聖ヤコブはサンティアゴ(Sanyiago)と言います。遺体が発見されたお墓の上に大聖堂が建てられて巡礼地となりました。毎年世界中から25万人から30万人以上の人が歩いてフランスやポルトガルから、またスペイン国内から巡礼しています。

Stjacquescompostelle1_3

2019年7月22日 (月)

Santa Maria Maddalena

Photo


YouTube: Perchè molto hai amato - Gen Verde

 マグダラの聖マリアといえばこの歌を思い出します。イエズス様の御足を自分の涙で濡らし、髪でぬぐい、高価な香油を塗った女性。回心して主に罪を赦され、主から「再び罪を犯すな」と言われて、二度と同じ過ちを犯さなかった女性です。

 主のもとへ集まるのは罪人たち。でもそれは回心して主から罪を赦してもらうためです。主は罪人を招いておられますが回心しなければ招かれた意味はありません。

 とは言っても私たちは弱い者です。口で言うのは簡単ですが自分一人だけで立ち直るのはとても難しいものです。特にアルコールや薬物の依存症の場合は自分の意思はもちろんのこと、まわりの人の理解や助け、支えが必ず必要です。数日前に見た映画『ボブという名の猫』の主人公のように。

71xvo30npl_sl1137__3

2019年7月14日 (日)

汚聖を避けるために

6月22日のFr.Zのブログに書かれていた文章の一部と写真です。

I thought that you may find the attached image useful, as heartbreaking and enraging as it is. Today, an elderly woman came into my office. She was very confused and upset. She handed me this book and explained that she found it while cleaning out the estate of a deceased friend.

19_06_22_host_book768x1024_2

Father, those are Hosts which were found because they were in a book.

Then there are the Hosts which are never found, because they were taken for evil purposes.  There are the Hosts which were simply thrown away.

This Communion in the hand thing…. it has to stop.

 このご聖体は本の間で見つかりました。手で受けた人には可能です。舌で受ければこのような間違いは起きないでしょう。Fz,Zが書いている通り、もっとひどい汚聖が起きているかもしれません。やはりご聖体を手で受けるのは止めた方が良いですね。

1

⇧⇩ポーランドでは多くの人がずっと変わらずに舌で拝領しています。

5

2019年7月11日 (木)

聖ベネディクト修道院長(記)

Saintbenedictofnursia1024x576

 聖ベネディクトはイタリアのモンテ・カッシーノに修道院を建て、『ベネディクトの戒律』を書き、西方教会の修道制の創始者と呼ばれています。

51t4bvqhcsl_2

『ベネディクトの戒律』

 ベネディクト16世前教皇様は今年で92歳になられたのですね。身体は弱られても頭はますます冴えておられるようです。お名前の通り今日は前教皇様のために祈りましょう。

17

2019年7月 7日 (日)

喜んで主に仕える

 

3
 S神父様は聖水で祝福を授けた後に、「洗礼の時の恵みを想いおこして、いつも喜んで主に仕えるように」と話されました。

 主はすべての人を愛されていますが、その愛に応えるかどうか決めるのは私たち自身です。主の愛を拒否・無視する人、わかっていても応えようとしない人、あるいは主の愛に応えようとする人…。

 6月が終わりちょっと気の抜けた感のあった私は、今日の神父様の話で「これからも喜んで主に仕えなさい!」と、励まされました。

 S神父様のお話は当たり前のことを普通に話される=教会の正しい教えを的確に話されるのでいつも安心して聞くことができます。

2019年6月30日 (日)

「キリストのからだ」

 再びFr.Zへの面白い質問がありました。皆さんは答えを聞くまでもなく当然わかっておられるでしょう。質問、答え、どちらも要点だけを抜き出して書きました。

QUAERITUR:

・・・・・ if the Trinity can never be split, do we receive the Holy Spirit in the Eucharist?

(・・・・・三位一体は決して分けることができないならば、私たちは聖体拝領で聖霊をも受けていますか?

Photo_3
Fr.Z:

When we receive the Eucharist, we receive the Body, Blood, Soul and Divinity of Christ. Christ is pre-eminently and substantially present in the Eucharist.・・・・・when we receive the Eucharist, we receive – in somewhat different senses – all three Persons.

 (私たちがご聖体を受けるとき、私たちはキリストのからだ、血、魂そして神性を受けます。そしてある意味では三位一体全体を受けます。)

Christ is substantially present under the appearances of bread and wine.  But, because of the unity of the Persons of the Trinity, when we receive the Eucharist, we receive – in somewhat different senses – all three Persons

(キリストは本質的にパンとワインのうちに現存しています。しかし、三位一体のうちに三つの位格は一体であるから、私たちがご聖体を受けるときに私たちは ある意味で三つの位格を拝領します。)

2019年6月29日 (土)

使徒聖ペトロと聖パウロ

 聖ペトロと聖パウロの霊名・堅信名の皆さんおめでとうございます。お祝いの歌を私が歌うのではなく、プロの方達に歌ってもらいましょう。


YouTube: Sigrid & Marina - Das Ave Maria, Glocken erklingen

 使徒聖ペトロと聖パウロについては毎年書いているので、今年は祈りましょう。

12

  使徒聖ペトロと聖パウロの祭日の祈り

すべてを治められる恵み豊かな神よ、▴使徒聖ペトロと聖パウロの殉教をたたえて祈ります。教会が信仰の礎となった使徒の教えを受け継ぎ、その真理を世界に証しすることができるように導いてください。わたしたちが初代教会にならい、共にパンを裂き、使徒の教えを守り、心と思いを一つにして、あなたの愛に生きることができますように。わたしたちの主イエズス・キリストによって。アーメン。

2019年6月28日 (金)

イエズスの聖心

 今日「イエズスの聖心」の祭日です。聖心については今月1日に「聖心の月」として書きました。

 今日は美しいハーモニーについて。私は歌うことが下手なので代わりに美しい音楽を聴くことが大好きです。そして今回見つけたのがYouTubeの「Canto Catolico」というチャンネルです。


YouTube: Adoro te devote | Música Católica 


YouTube: Madre del Silencio | Música Católica | Canción a la Virgen María


YouTube: Señor, a quién iremos | Música Católica | A capella

 ソリストを聴くのも良いですが、ハーモニーを聴くのもとても気持ちの良いものです。本当に歌の上手な人は周りの人に合わせるのも上手ですね。

2019年6月26日 (水)

聖ホセマリア・エスクリバーの教え

 いつも『トマさん祈りの部屋』を読んで、信仰について様々なことを学んでいます。今日聖ホセマリアの記念日にあたり、トマさんがとてもわかりやすく書いていました。

『トマさん祈りの部屋』⇩

https://toma-san.at.webry.info/201906/article_4.html

聖ホセマリア・エスクリバー記念日


YouTube: 2019 6 15 聖ホセマリア 記念ミサ (夙川)

 今日26日は聖ホセマリアの記念日です。15日に記念ミサが西宮市のカトリック夙川教会でヨゼフ・マベイヤ司教様の主司式により挙げられました。


YouTube: 2019 6 22 聖ホセマリア記念ミサ(北白川)

 22日には京都のカトリック北白川教会で記念ミサが挙げられました。主司式は酒井司教様です。

   *   *   *   *   *   *   *   *

 昨晩ラジオでニュースを聴いたのですが、フランシスコ教皇様の来日は11月23日から4日間の予定で、広島、長崎訪問と東京ドームでのごミサを予定しているようです。

2019年6月23日 (日)

キリストの聖体

 


YouTube: Chiuse le celebrazioni del Corpus Domini a Ostia con Papa Francesco

 今日は「キリストの聖体の祭日」です。世界中の多くの教会で「聖体行列」があります。典礼暦の通りすでに20日の木曜日に行われた国もあります。そして初聖体はマリア様の月5月から始まり今日がピークでしょう。

13_2
教皇ベネディクト16世 

 今思えば私はベネディクト教皇様のために祈ることが少なかったと反省しています。教会の正しい教えを信じる人たちがもっともっと教皇様のために祈っていたら、退位されなかったのではないかと思うことがあります。

27_2
 ポーランドのいくつかの教会はご聖体顕示を24時間ネットでライブ配信しています。いつでもご聖体=三位一体の神の前で祈れます。