2020年1月14日 (火)

音楽・ロシア正教クリスマス・本

 最近気になっている音楽と本です。LARGOは以前にも紹介しましたがロシア正教のグループです。彼らの動画と正教のクリスマスを見ると、カトリックが手放した素晴らしいもの(主への崇拝の表現)を持ち続けている正教を少し羨ましく思います。


YouTube: Величит Душа Моя Господа|Арт-группа Ларго

 ロシア正教会のクリスマスミサ(1月7日ユリウス暦クリスマス)プーチン大統領の姿(59:00頃~)もあります。


YouTube: LIVE: Russia's Patriarch Leads Christmas Mass in Moscow

 もう一つ気になるのが近日(明日15日?)発売される教皇ベネディクト16世とサラ枢機卿の共著の本です。私たち信徒が今不安に思っていることへの答え(希望)が書かれているのでは?と期待しています。

419lulxl4bl_sx326_bo1204203200_

2020年1月12日 (日)

主の洗礼の祝日

Photo

 洗礼者ヨハネから洗礼を受けるイエズス

 今日は主の洗礼の祝日。

そのとき、イエスが、ガリラヤからヨルダン川のヨハネのところへ来られた。彼から洗礼を受けるためである。ところが、ヨハネは、それを思いとどまらせようとして言った。「わたしこそ、あなたから洗礼を受けるべきなのに、あなたが、わたしのところへ来られたのですか。」しかし、イエスはお答えになった。「今は、止めないでほしい。正しいことをすべて行うのは、我々にふさわしいことです。」そこで、ヨハネはイエスの言われるとおりにした。イエスは洗礼を受けると、すぐ水の中から上がられた。そのとき、天がイエスに向かって開いた。イエスは、神の霊が鳩のように御自分の上に降って来るのを御覧になった。そのとき、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」と言う声が、天から聞こえた。(マタイ3:13~17)

 私たちの受ける洗礼は罪の赦しの悔い改めの洗礼ですが、イエズス様の洗礼は私たちの場合と違います。イエズス様の洗礼によって今日の第一朗読で読まれたイザヤ書、「(主は言われる。)見よ、わたしの僕、わたしが支える者を。わたしが選び、喜び迎える者を。彼の上にわたしの霊は置かれ彼は国々の裁きを導き出す。・・・主であるわたしは、恵みをもってあなたを呼びあなたの手を取った。民の契約、諸国の光としてあなたを形づくり、あなたを立てた。見ることのできない目を開き、捕らわれ人をその枷から闇に住む人をその牢獄から救い出すために。」(イザヤ書42章1~4節、8~7節)が成就したのです。

 今日のロザリオは「栄えの玄義」ではなく「光の玄義」から唱えることにしましょう。特にまだ洗礼の恵みを受けていない人たちのために。

2020年1月 8日 (水)

家族の祈り

 時々行くMカトリック教会ではごミサの後にいつも「家族の祈り」を唱えます。『カトリックの祈り』の本には「聖家族に対しておのが家族のためにする祈り」が載っていて、A教会ではこちらの祈りを時々唱えています。

 「家族の祈り」は残念なことに祈りの本『カトリックの祈り』『祈りの友』どちらにも載っていません。良い祈りなのでご存知ない方のためにここに載せます。

15

家族の祈り

わたしたちの父である神よ、わたしちの家族にくださった、

すべての恵みに感謝します。

わたしたちが互いに耳を傾け、支え合うことができますように。

怒り、争い、不安におちいることなく、

愛と喜びと、平安のうちに、ゆるし合えますように。

悩んでいるほかの家族のさまざまな思いに

心を留めることができるように、

わたしたちの心に愛を注いでください。何よりも、

わたしたちの家族が、あなたの愛と一致のしるしとなりますように。

わたしたちの主イエズス・キリストによって。アーメン。

27

2020年1月 6日 (月)

主の公現 (Epiphania Domini)

 1月6日は「主の公現」です。しかし日本では平日には教会へ行けない人が多いので、今年は昨日5日の主日に「主の公現」を祝いました。昔は公現祭から降誕節の終わる主の洗礼まで荘厳に祝っていたそうです。

 今日は東方の3人の博士たちがイエズス様に贈り物(黄金・乳香・没薬)を持って来ました。それぞれ違う国の3人の博士たちがイエズス様を拝むことはすなわち、イエズス様を通して主の栄光がすべての人に現されたことを意味します。ですから「主の公現」と言われるのですね。

Photo

2020年1月 1日 (水)

神の母聖マリアの祭日

 

20

 2020年、さて今年はどんな一年になるのでしょうか?皆様こんな一年であって欲しいという思いは色々あると思います。

 私も思いが実現できるように努力しなければ、たとえそれがどんなに微力であっても。

 今年は夫婦二人だけのお正月。二人で教会へ行きごミサに与りました。お屠蘇で乾杯してお雑煮をいただいて、静けさの中で少しはお正月の雰囲気を味わっています。

 皆様良いお正月をお過ごしくださいね!

2019年12月31日 (火)

感謝のごミサ

 一年間のお恵みを主に感謝して、Kカトリック教会のごミサに与りました。12月31日、ごミサに与る人は少なくても毎年感謝のごミサを立ててくださるS神父様。「人が少ないからごミサは立てない(またはTe Deumはしない)」と言う司祭様が増える中で、たとえ与る人が少なくても感謝のミサを立ててくださる神父様は司祭の守護者聖ビアンネを思い起こさせます。

 一年を1月1日神の母聖マリアのごミサに始まり、12月31日感謝のごミサ(or Te Deum)で締めくくる。なんと幸せなことでしょう。

Img_201912

2019年12月29日 (日)

聖家族

 一昨日は使徒聖ヨハネの祝日、昨日は幼子の殉教、そして今日は聖家族のお祝いです。主が今年も一年間私たちの家族と共にいてくださったことを感謝します。

10

 カトリック新聞のクリスマス特集号で酒井俊弘大阪教区補佐司教様が「ほんもののクリスマス」について書かれていました。その中で聖家族について『クリスマスの中心であるイエス様自身が、実は贈る喜びそのものです。人類のために自分のいのちをささげに来られたのですから。聖母マリアと聖ヨセフも、そうです。聖母マリアは救い主の母となることを、聖ヨセフは救い主とその母を守ることを任されました。自分の全てを与えようという3人の間には、贈る喜びが満ちあふれていたことでしょう。』と、書いておられます。

 聖家族は家族の中で自分を与えることの模範を私たちにしめしています。贈る喜び・・・確かに家族が喜ぶと私はもっと嬉しくなります。これからも夫や子どもたちのためにもっともっと自分を与えたい。confident

 31日には私たち家族への沢山のお恵みに「Te Deum」で主に感謝します。


YouTube: Te Deum laudamus

2019年12月28日 (土)

お花教室

Dscn3327

 今日はお正月用のお花を生けました。花材は若松、葉ボタン、千両、シンビジュームと獅子頭の柄のピック。花器もお正月用に白く大きなものにしました。

 私がこのお花教室に入ったのが2016年4月です。約3年半、途中で止めることなく、私にしてはよく続いています。目に見えて上達はしていませんが、毎回季節ごとに違う花を生けることで心の安らぎを得ています。

2019年12月26日 (木)

聖ステファノ

9_2

 聖ステファノは使徒たちによって選ばれた最初の7人の一人で、彼の殉教にはサウロ(パウロ)もかかわっていました。そしてキリスト教の最初の殉教者として多くの国々で崇敬されています。

 少し長いですが教皇ベネディクト16世の聖ステファノについての話しを抜粋します。

ステファノは死ぬ前にこう叫びます。「主イエスよ、わたしの霊をお受けください」。これは、詩編のことば(詩編31・6)を自分のことばとし、カルワリオでのイエスの最後のことばである「父よ、わたしの霊をみ手にゆだねます」(ルカ23・46)に従ったものです。そして最後にステファノは、イエスと同じように、石を投げる人々の前で大声で叫びます。「主よ、この罪を彼らに負わせないでください」。わたしたちは次のことに気づきます。一方で、ステファノの祈りはイエスの祈りを繰り返します。他方で、この祈りをささげる対象は異なります。なぜなら、この祈願は主ご自身、すなわちイエスに向けられているからです。ステファノはイエスが栄光を受けて父の右の座におられるのを仰ぎ見ながらいいます。「天が開いて、人の子が神の右に立っておられるのが見える」。・・・・・わたしたちも自分の祈りを、神のことばに耳を傾け、イエスとその教会と交わりをもつことによって深めなければなりません。・・・・・わたしたちの祈りは、神の右の座におられるイエスを仰ぎ見るものとならなければなりません。イエスは、わたしたちの、わたしの日々の生活の主だからです。

 聖ステファノのようにいつもイエズス様を中心に生活しなければ・・・ついついイエズス様を忘れて過ごしてしまう時の多い私は反省!catface

 happy01 聖ステファノの洗礼名、堅信名の皆さんおめでとうございます!

2019年12月25日 (水)

祝福~ Urbi et Orbi

 毎年クリスマスと復活祭には教皇様の祝福を楽しみにしています。confident ローマとは時差があるので、うっかりしていると祝福を受け損ねてしまいます。カトリック信者の多い国ではラジオやテレビでライブ配信されますが、日本ではインターネットに頼るしかありません。ヴァチカン25日12:00から、日本時間今日(25日)20:00からです。https://www.youtube.com/channel/UC7E-LYc1wivk33iyt5bR5zQ

35_2

 いつものKカトリック教会は祭壇がとても美しく、イエズス様を迎える喜びにあふれていました。隣の幼稚園の園児たちもお行儀が良くてとても可愛らしいでした。Gさんが美しい声で答唱詩編をうたわれたので、おもわず詩編に引き込まれてしまいました。フランス人やポーランド人のご家族も一緒でしたよ。
 

Img_20191225_092215_2

Img_20191225_092539_2

2019年12月24日 (火)

クリスマスおめでとう!

    救い主のご降誕おめでとうございます!

44_2

 クリスマスは救い主イエズス様を信じている人も信じていない人も皆が心優しくなれる日です。それは幼子イエズス様の愛がすべての人に降り注ぐから。


YouTube: The Priests - O Holy Night (Live in Armagh)

 神でありながら私たちと同じようにみどりごの姿て生まれた救い主イエズス様。聖なる家族にとって貧しい馬屋は優しさとぬくもりの愛で満ちています。

 そして、クリスマスといえば私の好きなこの曲で祝わないわけにはいきませんね。⇩


YouTube: Il Volo - Adeste Fideles (O come all ye faithful)

2019年12月21日 (土)

炊飯器

 三合炊き炊飯器の内釜の塗装が剥げてご飯がくっつき始めました。安い炊飯器だったので内釜だけ替えようと思い探したところ値段が三千円以上もします。それならば思い切ってもう少し大きな炊飯器に買い替えることにしました。選んだのは東芝の5.5合炊きでなんと七千円台!しかもケーキ焼き機能付き。

 今日ケーキ焼き機能を試してみました。以前の「炊飯モード」で作った時には蒸しケーキのようでしたが、今回の「ケーキモード」ではオーブンで焼いた時に近い焼き上がりになりました。(美味しさは:オーブン > ケーキモード > 普通の炊飯)

Dscn3299

 デーツケーキ

 ラム酒に漬けたデーツが入っています。牛乳の代わりに生クリームを使いちょっとだけリッチな味になりました。

2019年12月16日 (月)

今日からノヴェナ

 昨日のごミサで神父様が「明日からクリスマス前のノヴェナ(九日間の祈り)が始まります。」と言われました。恥ずかしいことに私はすっかり忘れていました。神父様が思い出させてくださり感謝!修道会では当たり前のことですが私のような信徒は忘れがち・・・そこがまた信徒と特別な召出しを受けた司祭、修道者との違いでもあります。

4

 さて、先月(11月)の10日は聖レオ1世教皇教会博士の記念日でした。教皇レオ1世といえば説教が素晴らしかったことで有名です。いつかその説教集を読みたいと思っていたところネットで見つけました。 

Img_20191122_160213_3

 届いたのは1965年出版の古い本です。中は鉛筆で引いた線や書き込みがあり、前の所有者がしっかりと読みこんでいた跡がありました。そして出版社名などの記された後ろのページには前の所有者の印が押されていました。その印を見てびっくり!「ネメシェギ」とあります。そうペトロ・ネメシェギ神父様です(多分)。ネメシェギ神父様はこの本の編集者でもあります。これは本棚の飾りにしてはいけない!私もしっかりと読まなければと思いました。happy02 

2019年12月15日 (日)

Gaudete

Img_20191201_092543

 待降節第3主日を迎えました。クリスマスまであと少し。今日多くの司祭様方がバラ色の祭服をまといごミサをたてられると思います。Gaudeteの歌で喜びの訪れを待ちましょう。

56_2

Gaudete! Gaudete!       歓べ! 歓べ!

Christus est natus             キリストが生まれ給うた

Ex Maria Virgine          おとめマリアから                  

Gaudete !          歓べ!


YouTube: Oxford Camerata - Gaudete Christus Est Natus

2019年12月12日 (木)

グアダルーペの聖母

 

Virgen_de_guadalupe_2

 グアダルーペの聖母はメキシコの保護者です。メキシコのグアダルーペに住んでいたインディオのファン・ディエゴにマリア様がご出現されたのは1531年12月9日のことでした。1754年には12月12日をグアダルーペの聖母の祝日と定められました。

 フランシスコ教皇様はメキシコを訪問された際に、この聖母の前で祈られました。ルルドやファティマと同じくカトリック教会が認めている聖母出現です。メキシコだけでなく世界中の多くの人たちがグアダルーペに現れた聖母を信頼して主への取り次ぎを祈っています。

 余談ですが様々な〇〇の聖母と言われると、まるで聖母がたくさんおられるかのように聞こえますが、聖母はただお一人です。聖母マリア様に様々な呼び名があるということでしょうか。それとは異なり、洗礼者ヨハネ、ヨハネ使徒、十字架のヨハネなどは同じヨハネでもそれぞれ違った人達です。わかりきった当たり前のことでしたね。coldsweats01

2019年12月10日 (火)

クリスマスのごミサの時間

 姶良カトリック教会

12月15日 ゆるしの秘跡   9 : 00~ミサ10:00  ミサの後 

12月24日 主の降誕夜半ミサ 20:00(ミサ前に聖誕劇)

12月25日 主の降誕早朝ミサ  10:00

12月29日 聖家族ミサ     10 : 00

 1月   1日 神の母聖マリアの祭日ミサ 10:00

 クリスマスはカトリック教会でキリストのご降誕をお祝いしましょう。どなたでもいらしてください。キリストは待っておられます。

15

2019年12月 8日 (日)

無原罪の御宿りの祭日(無原罪の聖マリア)

 今日8日は無原罪の御宿り(Immaculata Conceptio Beatae Virginis Mariae)の祭日です。カレンダーでは明日9日になっていますが(主日と重なったから?)、聖人とは違いマリア様の祭日ですから今日祝うべきでしょう。

 以前教皇ベネディクト16世もこの大祝日を「この祝日は聖母に捧げた最も美しく知られた祝日の一つ」と言われました。また「マリアはいかなる罪をも犯さなかっただけでなく、人類が共通に背負う原罪をも免れた。それは、神がマリアに望まれた任務、贖い主の母であるためであった」と無原罪の御宿りの教えの内容を説明されました。

 天主の特別な恵みにより聖母マリアは彼女の母聖アンナの胎内に宿った時から原罪を免れていました。聖母マリアは存在の初めから神と共におられたので、亡くなった時にもそのまま天にあげられました(聖母の被昇天)。

 去年の同じ日のブログを見ると『聖アロイジオの祈り』を書いていました。いつも唱える祈りです。今年もこの祈りを書きましょう。聖母マリア様がこの祈りを唱える方に主のご加護を取り次いでくださいますように。

96

2019年12月 7日 (土)

聖アンブロジウス司教教会博士

Photo
 今日12月7日は聖アンブロジウス司教の記念日です。ミラノの司教であった聖アンブロジウスはミラノの守護聖人です。

 ミラノ司教アウクセンティウスが亡くなった時にミラノの民衆はアンブロジウスを次の司教にと望みました。しかし彼はそれを拒否してミラノから逃げ出そうと試みましたが捕まってしまいます。そして民衆があまりにも熱心に要求するのでそれを受け入れることにしました。

 しかし彼はまだ洗礼を受けていませんでした。そこで早速カテキズムを学び洗礼を受けた後司祭に、そしてすぐに司教に叙階されました(374年12月7日)。

 アンブロジウス司教は当時異端とされていたアリウス派を一掃して正統な信仰を擁護し、また信徒の信仰教育のために素晴らしい説教をしました。洗礼志願者へ、独身生活について、聖書解釈などの説教は有名です。そしてよく知られていることですが、マニ教に傾倒していたアウグスティヌスを回心に導きました。

 以前フランシスコ教皇様がミラノを訪れた時に立てられたミサはアンブロジウス典礼(ミラノ典礼)でした。また12月31日に歌われる『テ・デウム』はアンブロジウス聖歌です。

 私はまだ読んでいませんが、この本は聖アンブロジウスが書いた『秘跡論』と『秘跡についての講話』です。読みたい本が次々に出てきて切りがないですね。

41fvw9jw3dl_2



2019年12月 6日 (金)

もりもり弁当

 いつもお店の前を通る度に気になっていたお弁当屋さん。今日初めて寄ってみました。メニューの中から選んだのは日替わりの「もりもり弁当」です。

Dscn3302

もりもり弁当(日替わり)¥500

 おかずの種類が豊富なことと、味付けも濃すぎずに丁度良い塩梅です。たまには家事を休んでここのお弁当をいただこうかな?

 メニューにはのり弁当、親子丼、唐揚げ弁当、とんかつ弁当、男前弁当等々他にも色々あります。お値段は300円~550円とお手頃です。

場所: 姶良市西餅田3551-1-1F(思川公園近く旧国道10号線沿い)

電話: 0995-66-0026

営業時間:AM 10:00 ~ PM 1:00 (3時間)

定休日: 日曜日 祝日 (臨時休業日有り)

お薦めします!happy01

2019年12月 3日 (火)

何ケーキ?

 今日は聖フランシスコ・ザビエルの記念日です。日本に初めてキリスト教カトリックを伝えたイエズス会の宣教師、「日本宣教の保護者」です。

 宣教師たちはキリストの教え(カトリック)だけでなく他にたくさんの物や技術、芸術も日本に伝えました。その中で今も私たちの身近なものの一つにお菓子があります。カステラ、丸ぼうろ、金平糖等々。

 当時とても貴重だった砂糖、そしてバター、卵、小麦粉などを使って作るお菓子は日本人には珍しいものだったでしょう。今もバター、砂糖、卵、小麦粉は洋菓子の基本材料ですね。

39_3

 形は丸ぼうろ?、味はマグダレナ?カップケーキ用型がなかったので、シリコン加工カップで焼いたところダラ~と広がった形になりました。何と名付けたらよいのか?

Img_20191025_175018

 失敗を繰り返さないように、今回はカップケーキ型を使ってマグダレナを作りました。

Magdalenas(スペインのカップケーキ) の材料は以下の通り

薄力粉 200g.           グラニュー糖 150g.

卵   4個     とかしバター 100g.

牛乳  60ml     植物油    80ml

ベーキングパウダー 10g.

レモンの皮すりおろし 1個分 

塩 ひとつまみ(3g.)

飾り用グラニュー糖 適宜 

作り方は普通のカップケーキと同じです。

Magdalenas2