« 2013年4月 | メイン | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

菖蒲

   Cimg3259

 先週娘と吉野公園へ行きました。ラジオで杜若が満開と言っていたので・・・。ところが行ってみると杜若ではなくて菖蒲でした。しかも鉢植えで鉢が並べてありました。地植えではなく数も少なくて想像していたものとはだいぶ違いました。

 しかし菖蒲は菖蒲。その花の色は美しく、桜島を背景に咲く姿は優雅でした。

 どうでもよいことなのですが「ぐりぶー」には恋人か妹がいるのでしょうか?こんなものを見つけました。

      Cimg3255お名前は?


2013年5月30日 (木)

あきる野カトリック教会

 なぜこの教会の紹介をするかと言いますと、偶然にこの教会の主任司祭のブログを見つけたのです。面白い内容なのですが、これを面白いと受け取れない方もいらっしゃると思い、ブログのアドレスは紹介しません。どうしても見たい方は「好きに暮らそう!」または主任司祭の名前「イ ジョンアン神父」で検索してみてください。

 紹介するのは教会のホームページです。ミサの時間や場所の地図、交通手段、電話番号など載せてあります。これだけの情報で十分です。これがあれば初めての人も行きやすいですね。教会のホームページと司祭のブログは別に作っている所が良いと思います。

http://tokyo.catholic.jp/text/shokyoku/akiruno.htm

2013年5月29日 (水)

俳句

 俳句の勉強を始めましたがなかなか進歩しません。とにかく私の知らない言葉が多すぎるのです。一つの植物でも色々な呼び方があります。あの言葉が良い、あの語句を使いたい、と思って創ると、なぜかうわべだけの情景の浮かばない、はっきりしない句になってしまいます。

 「自分の好きな句を書きだしてみると良いよ。特にホトトギスの中から」と、娘に言われさっそく色々な人たちの句を見ました。確かにこれはどうもと思う句もあれば、自分の心にスーと入ってくる句もあります。私は松本たかしさんの句が好きです。

  旅衣濡れしをあぶる夏炉あり   松本たかし

  草山に浮き沈みつつ風の百合     〃

  向日葵に剣の如きレールかな     〃

 とても自然で情景が目に浮かびます。温かさの感覚、風の動き、色、五感に感じることをうまく表現しています。このような句が詠めるようになれればいいな。頑張ろう!

       Item

2013年5月28日 (火)

佐藤愛子

 久しぶりに佐藤愛子さんの本を図書館から借りて読みました。『淑女失格』です。彼女は美人なのにそれを武器にして男性に媚びたりしないところがかえって魅力(年上の方に失礼な言い方かもしれませんが)です。

 この本の中でこんな文章があります。「・・・少なくとも私は自分の好むように生きてきて、そうしてここまできた。いいたいことをいい、したいようにしてきた。人を羨望せず、嫉まず、怨まず、おもねらず、(その代り損や誤解を山のように背負ったが)正直にありのままに生きてきた。こう生きるしかないから、こう生きた。・・・神は私にさまざまな苦しみを与えられたが、その代わりに私を助けてくれる人々をもつかわして下さった。それを今、神に感謝する。もし私に苦難が与えられなかったなら、私はそれらの人々の愛情と理解に巡り会えなかっただろう。それは私の人生の宝だ。」

 彼女の素晴らしいのは人を羨望せず、嫉まず、怨まず、おもねらず、正直にありのままに生きてきた事です。嫉み、嫉妬は悪口や陰口、いじめの原因になります。これらが無くならないのは私たちがつい他人のことを羨んだり嫉妬したり心にもないことを言ったりしてしまうからです。そうしなかったときっぱり言い切る佐藤愛子さんは素敵ですね。でも二度の離婚はこの生き方のせいでもあるのでしょうか。夫婦のことは他人にはわかりませんが。

      21hxhhkgjel__sl500_aa300__2

2013年5月27日 (月)

ゆすらうめ

 昨日ゆすらうめを収穫しました。ちょっと遅くなったので、熟し過ぎのものも多いでした。そのせいか今朝はもうカビの出ているものもちらほら。生食はどうかと思い、ジャムにしました。赤い色が鮮やかで、レモン汁を少し加え酸味をつけました。固まりにくいのでペクチンも忘れずに。さっそく一句ひねり満足。

 自然(四季)を感じて生活することは、心に余裕があるから出来るのでしょう。主にすべてを感謝しながらこれからも生活して行きたいです。

     Photo去年のゆすらうめ

2013年5月26日 (日)

三位一体の主日

 一時期「三位一体」と言う言葉がはやり、あらゆる場面で使われていました。しかしカトリックでこの言葉は「唯一の神」のことです。父と子と聖霊は三位一体であり、神性は同じで位格は三つです。難しいですね。まさに神秘です。

 マリア様が聖霊によって懐胎したことも三位一体の神秘的な働きです。ですから信仰告白の時に「・・・主は聖霊によってやどり、おとめマリアから生まれ・・・」と祈る時に頭を下げるのです。

     82_3

 三位一体の恵みは計り知れません。先週の聖霊降臨に続き今日も主の恵みに感謝したいと思います。

2013年5月24日 (金)

ヘイトスピーチを吹き飛ばせ!




YouTube: Mark Knopfler, Eric Clapton, Sting & Phil Collins- Money for Nothing (Live Montserrat)

2013年5月22日 (水)

ヘイトスピーチ

 あまりニュースについて批判は書かないようにつとめているのですが、ここ数日報道された「ヘイトスピーチ」には本当に心が凍る思いがしました。

 以前からあるカトリック信者がブログに、「ヘイトスピーチ」に参加した時のデモの様子を得意気に載せていました。そして彼女に反対する人に対しては徹底的に攻撃していました。たとえ相手が司教様であっても。

 一方で彼女は自分を敬虔なカトリック信者であると言っています。教会のオルガニストであり、自分の教会での写真も載せています。意外にも彼女を擁護する司祭(少ないですが)や信徒もいます。驚きです。

 彼女たちの異常な行動がやっとニュースに取り上げられました。これで「ヘイトスピーチ」がなくなってくれると良いのですが・・・。「ヘイトスピーチ」はかつて迫害された信徒たちに浴びせられた言葉と同じです。彼女たちは今自分たちが迫害された側から迫害する側になっていることに気づいていないのでしょうか。キリストの教えに反することは悪です。

2013年5月20日 (月)

ちょっと嬉しいこと

 一年位前からMDプレーヤーが使えなくなっていました。ディスクを入れても読み取り不能で出てくるのです。もう10年以上使っているので買い替えなければいけないと思い、通販を見てびっくり。MDプレイヤーはもう製造を中止していて、中古品でも(定価より)とても高いのです。とても買えない・・・それならば修理に出してみようと思い、修理してくれる店をネットで探していたところ、「自分で直す」と言うページを見つけました。

 そこには読み取り不能はほとんどがレンズの汚れが原因とあり、掃除をすれば直ると書いてありました。市販のレンズクリーナーではなかなか落ちないらしく、その人の勧める通り綿棒にCDクリーナー液をしみ込ませてレンズのありそうなところをごそごそ(見えないので)。するとほこりが・・・。8本の綿棒(両端)を使ってやっときれいになりました。恐る恐る音楽MDを入れてみると、ジーッと言って読み取り、プレイボタンを押すと音楽が流れてきました。感激!!happy01

 今までずっと故障だと思っていた私。こんなに簡単に直るとは。MD挿入口はいつもふたが閉まっていて埃などたまらないと思っていました。ほとんどの人がそう思うらしく、市販のレンズクリーナーで掃除をしますが、結局直らないので故障だと思いあきらめてしまうそうです。まさか埃や汚がこびりついていて取れないせいとは思わないようです。

 みなさんも市販のレンズクリーナーの効果がない時には綿棒で掃除してみてください。直るかもしれませんよ。

2013年5月19日 (日)

聖霊降臨

     

     Img_314752_3891007_0

 有名なエル・グレコの「聖霊降臨」です。聖書に書いてある通りの場面ですね。エル・グレコの絵は縦長が特徴です。ですから好き嫌いもはっきり分かれます。私は大好きです。スペインのプラド美術館で観たグレコの数々の作品を思い出しました。ゴヤやベラスケスも素晴らしかったけれど、グレコの絵はある意味衝撃でした。

2013年5月18日 (土)

ジロ・デ・イタリア

 今月4日から自転車レース「ジロ・デ・イタリア」が始まっています。「ツール・ド・フランスは世界最大の自転車レース、ジロ・デ・イタリアは世界最高の自転車レース」とあるイタリア人は言っていました。

 3週間かけてイタリアを一周するレースです。今年はナポリが出発地点でゴールはブレシアです。第15ステージ(全部で21ステージあります)が最も面白いとか。日本時間の明日夜かな?今日は第11ステージのハイライトを。自転車好きの方にはたまらないですよ。




YouTube: ジロ・デ・イタリア2013 第11ステージハイライト

2013年5月17日 (金)

「神の沈黙」について~トマさん祈りの部屋より

http://toma-san.at.webry.info/201305/article_5.html

 素晴らしい!トマさんは本当にうまく話してくださいます。わかりやすくて、本物のカトリックの教えです。

 以前紹介した映画「フロントミッション」の中でも神の沈黙について自問するシーンがあります。そこでも答えがあります。

 「神の沈黙」について考えてみることは、自分の信仰について考える事だと思います。

      Istock_000009114008xsmall

 

2013年5月16日 (木)

生駒高原

     Cimg3190

 生駒高原はポピーが満開でそれは綺麗でした。頑張って行った甲斐がありました。曇り空で暑くもなく、風が吹いてさわやか・・・。人も少なくて自然を満喫。運転手の夫は大変だったので、私も少しだけ山道を運転しました。

     Cimg3231_6

 帰りは湧水町を通って横川から加治木へと帰りました。おっと、俳句の創作すっかり忘れてました。coldsweats01

2013年5月15日 (水)

消化不良

 村木 嵐さんの『マルガリータ』を読み終えました。正直に言って消化不良な感じです。この小説は天正遺欧少年使節の一人千々石ミゲルについて書かれた物語です。彼が棄教した本当の理由をフィクションとして書いてありますが、やはり無理がありす。おそらく作者はカトリック(クリスチャン)ではないでしょう。ですから十字架の死や復活についてよく解っていないと思いました。殉教の意味も一般の人が考える枠から出ていないのでしょう。千々石ミゲルがこのような理由で棄教する(本当は棄教していない)と考えるのは不自然です。キリスト教をよく知らない人ならばこれで通るかもしれませんが、信者ならあり得ないでしょう。

       A0136671_2574636

 私がまだまだ信仰が未熟だった若い頃に、遠藤周作の『沈黙』を読みました。その中で踏絵を前に「踏みなさい」と言うキリストの声が聞こえると言う場面がありました。私は単純にキリストは優しいからそう言ってくださると感動してある司祭にそのことを話しました。すると司祭の答えは意外にも「そうですか?」と一言、私の期待に反するものでした。しかし年を重ね、聖書を読み続けるうちに司祭の返事が理解できるようになり、私の考えは間違っていたと気づきました。

 殉教の本当の意味を理解するのは難しいでしょう。つい人間の都合の良い考え(この世での価値)でしか理解しようとしません。信者であっても・・・。「殉教は必要ない、避けるべきだ」と言う考えならペトロやステファノ、アグネス、殉教したすべての聖人をただの愚かな人にしてしまいます。26聖人の3人の子供たちもただの親不孝の狂信者にしてしまいます。それらの考えはキリストの教えを本当に知らない人の考えです。

 偉そうに書いた自分は殉教できるのか?それはわかりません。主のみがご存知です。殉教は人間の力で出来るのではなく、聖霊の恵みによって出来るのだと思います。ですから弱く力の無い幼い子どもたちも殉教できました。

2013年5月14日 (火)

難しいです~俳句~

 俳句を始めたのは良いのですが、難しい!俳句歳時記を図書館から借りて数句作ったのですが、娘に見せたところ文法が間違っていると指摘されました。初心者によくあるそうで、五七五にとらわれ過ぎて無理に当てはめようとして間違った文法になるそうです。また違う季語が二つ入ったり(俳句の季節と一般の季節の時期にずれがあるため)。娘からはまず文法を勉強した方が良いと言われました。なるほど、学生時代の勉強不足が今頃影響するとは。学生の皆さん、勉強してくださいね。後々役立ちますよ。

 娘は理系に進みましたが文学も好きで詩や短歌、俳句の本を読み、ラジオでは漢詩を好んで聞いています。今では娘が私の先生で、色々と教えてもらっています。

 今週は天気の良い日に霧島へ行こうと思っています。連休中は人が多く、渋滞するので外出はひかえました。霧島で俳句をひねろうと思います。生駒高原はポピーが満開のようです。楽しみです。

2013年5月13日 (月)

フォンティーンとヌレエフ

 人間の素晴らしさと言えばこちらも素晴らしいですね。約五十年も前に活躍し、お二人共もう亡くなっていますが、その美しさはこうしてビデオで残っています。

 ヌレエフと言えば彼をモデルにした映画「愛と哀しみのボレロ」のジョルジュ・ドンも素晴らしいダンサーでした。そしてこの映画は私のベスト5に入る名作です。機会があれば是非観てください。おすすめの映画です。




YouTube: Ballet Swan Lake Fouetée - Nureyew, Fonteyn

     91apjjrjaxl__aa1500_

         映画「愛と哀しみのボレロ」
    

2013年5月12日 (日)

主の昇天

 今日は主の昇天です。

       Photo

 このイコンは日本で最初のイコン画家山下りん(1857年~1939年)が描いたものです。ロシアのイコンとはちょっと違いますが、日本画を学んだ山下りんらしいイコンで、私は好きです。ロシア語のかわりに漢字で書いてあるのも良いですね。

 以前紹介した『ニコライ日記』の宣教師ニコライの勧めでロシアに勉強に行った山下りん。明治、大正の頃に女性でロシアに留学した人がいたのです。尊敬します。

 彼女の作品は国内の正教会にあるそうです。司馬遼太郎さんは『街道をゆく』33巻の中で白河基督正教会に山下りんのイコンが約50点あると書いています。上の「主の昇天」は豊橋ハリストス正教会にあります。いつか本物を直接観に行きたいです。

2013年5月11日 (土)

コマーシャル

 TVのある皆さんはもう見たことがあるかもしれませんが、evian のコマーシャル面白いですね。思わず何度も見てしまいます。こういうコマーシャルを作る人の発想とそれをカタチにできる人達の技術力には感心します。




YouTube: baby&me / the new evian film

2013年5月10日 (金)

Blackmore's Night

 レインボウのリッチー・ブラックモアはその後奥さんと一緒にブラックモアズナイトと言うバンドを作りました。いままでの雰囲気とは全く違いますが、ギターの腕はさすがです。これはこれで良いのではないでしょうか。奥さんの歌は上手いし、リッチー本人が満足しているのだから。




YouTube: Blackmore's Night - Soldier Of Fortune-Live in Paris Moon

2013年5月 8日 (水)

俳句

 最近俳句を始めました。とは言っても、全くの素人、初心者も初心者、幼稚園生レベルと思ってください。

 何故始めたかと言うとそれはただ作りたいと思ったからです。綺麗に咲くバラや真っ白に咲く柚子の花、猫の様子などを見ていると、それらを言葉で表現したくなったのです。

 しかしボキャブラリーの乏しい私は表現したくてもできないのです。例えば春の澄み切った青空の色を何と表現したら良いのか、ぴったりの言葉が浮かびません。そこで娘に勧められて『俳句歳時記』を読むことにしました。語句が増えれば表現も豊かになるでしょう。そうすれば少しは上達するかもしれません。

 私の母は俳句が好きで月に一回は句会に出て、小誌「郁子(むべ)」に投稿していました。全く俳句に興味の無かった私がこの年になって俳句を作るなんて・・・母が生きていたらきっと喜んだと思います。

 人に見せるためではなく、あくまでも自分個人の楽しみのためなのでここに載せることは絶対にありません。みなさんご安心ください。

     Photo 柚子の花