« 2012年12月 | メイン | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

聖ヨハネ・ボスコ司祭

 サレジオ会の創立者聖ヨハネ・ボスコ司祭はとても有名なので御存知の方も多いと思います。東京にはキリスト教の本や聖品を売っているドン・ボスコ社、月刊誌『カトリック生活』を発行、またサレジオ学院・星光学院・日向学院・星美学園などの学校経営をしています。私たちになじみのあるこれらを運営しているのがサレジオ修道会で、この会を作った(1859年)のが聖ヨハネ・ボスコ司祭です。

F04481998a_2


 ドン・ボスコは特に青少年の教育のために働きました。そして世界中に学校や施設をつくりました。DVD『ドン・ボスコ』は彼を知るのにとても良い作品だと思います。是非各教会学校に一枚。

2924562

2013年1月29日 (火)

成長のはやいこと

Cimg2600

Cimg2785Cimg2920

 大きくなりました。幼名トマPからダルタニャンと改名し(トマとも呼ばれていますが)、毎日三銃士のように庭を飛び回っています。娘がとても可愛がるので、すくすく、のびのびと育っています。でも雄猫なのでいつかは家を出て行くでしょう。

  時々動物を人間と同じようにあつかったり、人間の気持ちを動物に押し付けたりする人を見ます。私にしてみればそれは逆に動物虐待に思えます。洋服を着せたり、外に出さなかったり・・・きっと動物は悲鳴を上げていると思います。むりやり芸をさせるのも嫌ですね。子犬を抱いて散歩をしている人にはびっくりしました。

 ある自治体では「猫は家の中で飼うように」という条例ができたそうです。信じられません。猫は外に縄張りをつくるものです。「自然と共存を」と言いながら、人間の都合の良いことばかり優先して、動物の本能など全く考えていません。昔は猫のケンカはあたりまえ、そのうるさい声も一時で、我慢できたものです。しかし今はそれすら我慢できない人が増えているのです。動物に対してこうなのに、ましてや人間同士では・・・我慢しないで自分の思いを押し付ける人の多いこと。「主婦は夫や子どもの犠牲になってはいけません。あなたは自由です」とまでのたまう女性評論家が現れる始末です。おっと、つい熱くなり話が横道にそれてしまいました。要するに人間と動物は違うという事です。

Ru11111703共存してま~す。 .ruより


 

2013年1月28日 (月)

聖トマス・アクィナス司教教会博士(記)

 聖トマス・アクィナスといえば『神学大全』。トリエント公会議(1545年)の時に議場の祭壇の上には聖書と『神学大全』が置かれていたとか。

 我が家の息子二人も大学では聖トマス・アクィナスの『神学大全』の中から卒論のテーマを選びました。卒論に目を通しても私にはよくわかりませんが、二人とも頑張ったと思います。

 教会の正しい教えを学ばなければなりませんが、聖書の解釈も教会の教えに従わなければなりません。自分の解釈で理解してしまうと、それはプロテスタントと同じになります。聖霊の働きで解釈したつもりが、教会の教えとはかけ離れている・・・、この様な事が実際起きています。H神父様のようにマリア様の処女懐胎を否定してしまったり。気をつけなければなりません。

Photo聖トマス・アクィナス

2013年1月27日 (日)

スーダン緊急支援

 食べ物の話の後で書きにくいのですが、やはり緊急を要する事なので書きます。

 「あなたはかわいそう。と、嘆くだけですか?」けがをした子供の写真の隣にこう書いてありました。スーダン緊急支援のお願いでした。スーダンだけでなくマリ共和国も今大変です。なぜいつも弱い子供たちが一番犠牲になるのでしょうか。

 これ程子供たちが傷つき苦しんでいる現状。国境なき医師団のホームページを是非見てください。「あなたもかわいそう。と、嘆くだけですか?」

 

2013年1月26日 (土)

おいし~ぃ!

 

Cimg2926

 ポーランドから送られてきたキャラメル。十数年前にポーランドへ行った時に食べて、その香り、やわらかさ(食感)、甘さに感激したのを覚えています。多分日本の生キャラメルに近いのでは?アマゾンあたりで売ってくれれば良いのに・・・。ポーランド人はきっと懐かしがると思います。

2013年1月25日 (金)

聖パウロの回心(祝)

 パウロの回心の所を読むといつも感動します。主は殺人の罪さえ赦してくださる。それどころか使徒にしてくださる。人間の思いとは全く違う主のみ心。パウロは主によって回心します。それはパウロ自身が主に願ってかなった回心とは違います。そこが不思議で、主のみ心は私たちには計り知れない事です。

 使徒行録9章1節から22節、22章3節から16節に書いてある通りパウロの回心は劇的で、驚くべきことでした。

 イエズスは言われた。「全世界に行き、すべての者に福音を宣べ伝えなさい。信じて洗礼を受ける者は救われ、信じない者は罰せられるであろう」(マルコ16:15-17)

 イエズスの言う通りにパウロは信じて行いました。キリスト教徒を迫害する者から回心して、キリストの教えを宣教し、キリスト教徒を励まし助けて、最後には昔自分が迫害した人と同じように殉教しました。

025聖パウロ難破記念教会 マルタ

 できればフランシスコ会の新約聖書が手元にあるとわかりやすいと思います。絵画や音楽、演劇や映画を鑑賞する時にも聖書があればもっと理解しやすいでしょう。エル・グレコも聖書を題材にたくさん描いています。持っていない方は思いきって買っちゃいましょう。

2013年1月22日 (火)

音楽の力

 数日前にFlash Mob を載せましたが、それぞれの場面を見ていて思ったことはまわりの人達の表情が楽しそうな事です。中には迷惑そうな人もいますが、ほとんどの人達は音楽が始まると楽しそうに、幸せそうになるのです。音楽の力ってすごいですね。そういえば、音楽は旧約聖書にもnote竪琴を奏で楽の音に合わせて~noteとあるように、昔から人々に親しまれていました。音楽が嫌いな人はいないでしょう。

 そこで今日はオペラ「椿姫」から「乾杯の歌」を一曲。これはFlash Mob とはちょっと違うと思いますが。

http://www.youtube.com/watch?v=bTbmGVEj53E&NR=1

2013年1月21日 (月)

聖アグネスおとめ殉教者記念日

Photo_2

 聖アグネスはまだキリスト教が迫害されていた時代、ローマの貴族の家庭に生まれました。13歳の時、すでに神に自分を捧げる決心をしていました。そのために、ローマ総督(長官?)の息子からの結婚の申し込みを断りました。彼女がキリスト教徒だとわかった総督は彼女を捕えて処刑しました。わずか13歳のアグネスは拷問にも屈せずに殉教したのです。

 彼女の髪の毛が伸びて全裸の体を隠したとか、火刑の時に火が燃えなかった、あるいは火が刑吏達に襲いかかったとか言われています。

 後にキリスト教を国教としたローマ皇帝コンスタンティヌスは彼女の墓の上に聖堂を建てました。

Photo_3聖アグネス教会 ローマ



2013年1月20日 (日)

子供の要理

 今日もおだやかな一日となりました。センター試験を受ける受験生にとっては何よりの恵みの天気ですね。無事に終わりますように、お祈りしています。

 今日は御ミサの後でぜんざいが振る舞われました。息子も美味しいと言って食べていました。本来なら鏡餅を使うのでしょうが、我が家には鏡餅は無いので、普通のお餅を寄付しました。神道では鏡餅に神様がやどるのでしょうか?そのお餅をいただくことにより、特別(無病息災など)な御利益があると信じられているのでしょうか?よくは知りませんが当然今日は「鏡割り」ではなく、ただの「ぜんざいを食べる会」でした。みんなで食べながらおしゃべりをするのは楽しいですね。

 教会学校(日曜学校)が今日から毎週ミサの後で行われることになりました。20分間だけ親も一緒に参加すること、他の行事よりも優先する事などが主任司祭より知らされました。我が家の子供たちは毎週教会から帰った後ですぐに昼食時間までの間、父親が公教要理を教えていました。今は大きくなった子ども達ですが、それぞれに信仰の芽がきちんと伸びているのは夫の教えと聖霊の恵みのおかげだと思い、夫に感謝しています。そしてこの恵みを与えてくださった主に感謝しています。家庭によっては様々な事情でこのようにできない家庭も多いでしょう。ならばなおの事、主任司祭が教えてくださる機会を無駄にしないで、参加するべきでしょう。正しい要理を学ぶことはとても大切だと思います。

Photo

 

2013年1月18日 (金)

明日はセンター試験

 いよいよ明日からセンター試験が始まります。受験生の皆さん、今まで頑張ってきた事を明日と明後日の二日間で出し切ってください。私の知り合いの子供さんも何人か受験します。机に着いたら、心を静めてカトリックの信者さんならゆっくりとアヴェマリアを唱えましょう。これは自分の力を出し切れるように、マリア様の保護を祈るのです。これは決して「苦しい時の神頼み」ではありません。そして試験が終わったら、また感謝の気持ちをこめてアヴェマリアを唱えましょう。後は主のみ心に任せればよいのです。これらは私達の子供が試験を受けに行く時に夫が子供たちに話した事です。特に感謝の祈りを忘れないようにと話していました。語呂合わせの品やお守りは必要ありません。そしてどんな結果であれそれを素直に受け入れることです。

 明日は特別な事はせずに、いつも通りにしましょう。そして時間に余裕を持って出かけましょう。帰ってきたら暖かいお風呂でゆっくりと疲れを取りましょう。くれぐれも今夜はリラックスして早めにやすみましょう。以上 confident

神の家族

http://toma-san.at.webry.info/201301/article_5.html

 いつもの「トマさん祈りの部屋」の今日アップされた分が上のアドレスです。日曜日「主の洗礼」の日のお話です。よく書いてありますね。なるほどと思いました。是非読んでみてください。

 トマさんのように私も皆さんの役にたてる実のある事を書ければよいのですが・・・まあ他の人と比較しても仕方ありませんね。何と言ってもトマさんはカテキズムのプロなのですから。

 これからもトマさんのブログと私のブログそして「キリストの真理の輝き」をよろしく!

 

2013年1月17日 (木)

阪神大震災から18年・・・

 今日はあの阪神大震災から18年目です。朝テレビをつけた時、まだ日の出前で画面にははっきりとは映っていませんでしたが、アナウンサーの声にとんでもない事が起こったと感じました。そして日が昇り、あたりがはっきりと見えだした時に、そこには信じられない光景が映し出されていました。今でもはっきりと思い出します。

 あの時頭に浮かんだのは神戸や大阪に住んでいる友達の安否でした。次第に被害状況がわかるにつれ、無事であることがわかり本当に安堵しました。

 災害はいつ襲ってくるかわかりません。しかし今の阪神を見ると、人間の素晴らしさを実感します。助け合い、知恵を出し合い、粘り強く希望に向かって努力を続けた人々。まさに神に似せて作られた人間の本当の姿ではないでしょうか。

 阪神大震災で犠牲になった方々だけでなく、他の震災の犠牲者のためにも祈りたいと思います。

La0risurrezionedi20ges

2013年1月15日 (火)

私の喜び

 自分の物を買うために店に立ち寄ったのですが、つい娘のために買ってしまいます。結局自分の物は買わないですませてしまいます。ネットで自分用の半巾帯を捜していたのですが、いつの間にか娘が卒業式に袴を着る時の半巾帯を捜している私です。happy02

 子供たちの喜びは私の喜びです。子供たちが自分の一番進みたい道に進んでくれることが大切です。その道は一般社会の価値観とは違うこともあるでしょう。しかし子供たちそれぞれが選ぶ道を歩めるように、これからも私はできる限りのことをしてあげたい。それが私の喜びです。家族のために何かできることは幸せです。happy01

2013年1月13日 (日)

成人式

 今日は成人式です。街で晴れ着姿の人を何人か見ました。教会でも成人を迎えたMさんが振袖姿で御ミサに与っていました。彼女は美人なので、振袖も良く似合い本当に綺麗でした。shineこれからも神様からいただいたこれらのお恵みに感謝して、自分を大切にして生きて欲しいです。

 今日はまた主の洗礼の日でもあります。

 主が水からお上がりになるとみるみる天が開けて、神の霊が鳩のように自分の上に下ってきて、天から、「これはわが愛する子、わが心にかなう者である」という声がした(マタイ3:16~17

 

2013年1月 6日 (日)

主の公現

 3人の博士たちが幼子イエズス・キリストを拝むために遠くからやって来ました。主の公現は神の栄光が幼子イエズス・キリストを通してすべての人々に現れた日です。

 noteポッカポッカらくだ、遠い国から博士を乗せてどこまで行くの?星をめあてにベトレヘムへnotes こんな歌を思い出しました。子供たちが歌う歌ですね。

 もう一つの歌は「We Three Kings Of Orient Are」です。しかもブラックモアズナイトが歌っています。




YouTube: We Three Kings with Lyrics Blackmore's Night

 

2013年1月 4日 (金)

もう一つの名前

 Cimg2897
 トマPも大きくなりました。元気いっぱいに庭を駆け回っています。最近もう一つの名前がつきました。「ダルタニャン」です。「トマ」と呼ばれたり、「ダルタニャン」と呼ばれたり、時には「P」と呼ばれたり。かわいいけれど動物は動物、家族(人間)ではありませんよ。わかっているのかなダルタニャンは・・・。

2013年1月 3日 (木)

イエスのみ名

 年が明けてもう3日目です。明日は御用始。年を取ると時間の経つのを速く感じます。

 今日は「イエスのみ名」の日です。東方教会(正教会)の伝統的な祈り「イエスのみ名の祈り」を英神父様の『祈りの手ほどき』より紹介します。

   主イエズス・キリスト、生ける神の子、罪人の私を憐れんでください。

この祈りをいつでもどこでもただひたすら唱え続けると、自然と神との交わりが深まり、霊的に進化していくそうです。

 さて、今日はお天気も良くポカポカするので近くの店まで散歩に行きました。店先の苗木を見ているとバラの苗がいっぱい・・・そう、私を誘うのです・・・(ばらがささやきます)「ドウ、ワタシッテキレイデショウ、カオリモイイノヨ、アナタノオニワニピッタリ!」「いえいえ、絶対に買いません。見るだけです」と心に誓ったその時、目に留まったのが『カトリーヌドヌーブ』。鉢を手にしてレジへ向かう私。『イングリットバーグマン』『マリアカラス』『オードリーヘップバーン』そして『ソフィアローレン』も素通りできたのに・・・聖人になれるように努力するはずが・・・新年三日目にして反省しています。でも春には綺麗な花が咲くでしょう。楽しみです。

Cimg2910_2衝動買いの品です。


 

2013年1月 1日 (火)

明けましておめでとうございます

 新しい年の初め、皆様いかがお過ごしですか?私たち家族はもちろんカトリック教会でミサに与りました。1月1日は「神の母聖マリア」の祭日です。また「世界平和の日」でもあります。平和は家族の中から始まります。家族で平和を築けないのなら他人と平和が築けるわけがありません。自分一人の力ではできない事です。だからこそマリア様の保護ととりなしが必要です。それを祈りましょう。私はこのブログを読んでくださるすべての人のために祈ります。

 今年はどんな年になるのでしょうね。出来るだけ争いの無い、戦争の犠牲になる子供たちが生まれない一年になってほしいです。そして巨万の富を持っているキリスト教徒が多くの貧しい人々に富を分かち合える一年でありますように。

24800uみこころが天に行われるとおり、

                              地にも行われますように