« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月28日 (日)

トマス・モアと信徒総会 

 学校で習ったトマス・モア。しかし教会学校で聞いた記憶はありません。映画『わが命つきるとも』はトマス・モアについての映画です。すでにご覧になった方も多いでしょう。教会学校で聖書やカテキズムの勉強だけでなく、たまにはこのような映画を見せても良いのではないでしょうか。中学生や高校生になればこの映画や『フロントミッション』等も十分理解できると思います。

 視聴覚教材はうまく使えば、子供たちにとても良い刺激となります。小さい子供には絵本の読み聞かせ、低学年には紙芝居、高学年、中高生には映画やドラマ、ドキュメンタリー等のDVDやビデオ。特に聖書とキリストの教えに忠実に生きた聖人の作品は結構子供たちも興味を示すと思います。大人でも自分が通っている教会の守護の聖人についてすらよく知らない人がいます。それは知る機会がなかったからです。子供の頃から聖人について知る機会があるのは主のお恵みの一つだと思います。

   61gvfwyo4ml__aa1000_

 今日は私の教会の信徒総会でした。無事に終わりました。役員の方々は本当にご苦労様でした。教会の信徒総会は学校や地域の総会とは違います。そこには信仰がまずなければなりません。ですから無理強いや強制、皆必ず一回はやらなければならないといった変な義務の押し付けがあってはなりません。その点、この教会はそういったことが無くて気持ちの良いものでした。代表を引き続き引き受けてくださったHさんと副代表を引き受けてくださったYさんに心から感謝します。特にHさんは家庭のこともあるのに自ら引き受けてくださいました。これは彼女の信仰の強さの表れだと思います。

 もう一つ、「青年会」について。青年会を形成するのは青年達です。そして教会の青年会は信仰のもとに集まった青年たちが自らやりたい目標を持った時にできるものです。まわりが「青年会があったらいい」から作るものではありません。まず青年たちが毎週ミサに来て、そしてミサだけでなく、もっと自分たちで何かしたいと思い、出来ることはなにか考え、行動することが青年会です。

 青年会を作って「バーベキューをします。ハイキングもありますよ。もちろん飲み会もあります。楽しいですよ、ミサに来れなくても青年会にはどうぞ!」といった集まりは世間一般の青年会と何のかわりもありません。そしてそういう青年会は長続きしないものです。

 現状を見るとこの教会には数人(片手で数えられる人数)の青年しか来ません。主任神父様の言う通りこの教会で青年会は無理です。今、毎週ミサに与り要理を勉強している子供たちが大きくなった頃には立派な青年会ができているかもしれません。楽しみですね。期待してますよ、子供たち!

2013年4月24日 (水)

種子島

 娘は研修のために種子島へ行っています。私は種子島には行ったことはありませんが、種子島の食べ物はよく知っています(私らしい?)。私の父が種子島によく出張し、お土産にナガラメの粕漬けや伊勢海老、水イカ(?大きいイカ)の一夜干し、ラッキョウ飴(ラッキョウは入っていません)に種ばさみ(?食べられないよ!)などを持って帰っていました。屋久島に行った時にはポンカン最中が定番でした。これらのお土産は今でもあるのでしょうか?

 娘は勉強に行ったので観光をする暇はないようです。種子島のカトリック教会へ行ってみたいと話していましたが、平日でしかも司祭も常駐していないようなのでおそらく行かないでしょう。いつか娘と(夫も)一緒にゆっくりと種子島、屋久島、そして奄美大島へ行ってみたいです。

      Image_preview

       カトリック種子島教会

1982年4月24日はゼノ修道士が帰天した日です。コルベ神父様と共に働いたゼノ修道士。『ゼノ死ぬひまない』は是非子供たちに読んでもらいたい本です。

    51a2fxwctyl__ss500_

2013年4月23日 (火)

フロントミッション

 久しぶりにDVDで映画を観ました。映画「フロントミッション」の写真を見ると戦争映画?と思ってしまいますがそうではありません。舞台はスペイン内乱ですが、全く違う生き方の二人が描かれています。戦争より信仰がテーマですね。後は観てのお楽しみ。お薦めの映画です。是非連休にお出かけしない人は自宅でゆっくり観てください。

71ljvjzqel__aa1000_

2013年4月21日 (日)

聖体賛美式

 




YouTube: Tantum Ergo en las Vísperas de Acción de Gracias

カトリックA教会では毎月第三日曜日にごミサの後、聖体賛美式を行うことになりました。

 現存されるキリストの前で静かにキリストと対話できることは喜びです。いつもお御堂の聖櫃の中でキリストは待っておられるのに、私は特別な時でない限り会いに行きません。これからはもっともっと会いに行こうと思います。

 ところで私はとうとうベールを被りました。夫に言わせると「おかしい。へん。でも日本の風習に従いたいのならそれでも良いよ」と、言われました。そう、夫の国ではだれも被らないのです。別にこれは教義として決まっているわけではなくて風習なので、本人の気持ち次第なのです。ですからわたしもいつ気が変わって被らなくなるかもしれません。

 長崎の教会は私が子供の頃と同じ、変わっていませんね。左側が男性、右側が女性、そしてほとんどの女性がベールを被っています。

C43691ac

2013年4月12日 (金)

すべてにはその時がある

 すべてにはそれにかなった時があります。伝道の書(コヘレトの言葉)の3章にあるように「何事にも時があり天の下の出来事にはすべて定められた時がある。・・・・・神はすべてを時宜にかなうように造り、また、永遠に思う心を人に与えられる。それでもなお、神のなさる業を始めから終わりまで見極めることは許されていない。

 この箇所を読むたびに息子のこの一年間は無駄ではなかったと思います。昨日、次に進む大学が決まりました。

 ところで召し出しが少なくなっている日本では考えられない女子修道会があります。スペインのレルマ修道院です。ではどうぞ!




YouTube: レルマ修道院

2013年4月11日 (木)

歌う修道士




YouTube: Friar Alessandro - Panis Angelicus




YouTube: Frate Alessandro - La voce di Assisi - Ave Maria

 イタリアのアッシジからフランシスコ会の修道士がCDを出しました。修道士アレッサンドロです。彼の歌は祈りです。

2013年4月10日 (水)

アーモンドクリームタルト

 Cimg3124
 今年の復活祭に作ったタルト。これが簡単でとても美味しかったのです。いつもの冷凍パイシートを使い、アーモンドクリームは混ぜるだけ。缶詰の黄桃を載せて焼くだけです。タルト生地を手作りすると甘くてもっと美味しいのですが、冷凍生地を使うと甘くないかわりに簡単に出来ます。

・冷凍パイシート  2枚     ・ バター 60g.

・砂糖 60g.          ・ 卵  1個

・アーモンドプードル 60g.~80g.

・バニラエッセンス  適宜

・ラム酒 10cc          ・黄桃  1缶(半分に切る)

・杏ジャム  適宜

① 冷凍パイ生地2枚を1cm位重ねて麺棒で伸ばしてタルト型に敷きます。

② やわらかくなったバターに砂糖を加えてよく混ぜます。さらにほぐした卵を少しづつ加えて混ぜます。アーモンドプードルも加えて、最後にバニラエッセンスとラム酒を入れて、型に入れて表面をならします。

③ 汁気をきった黄桃を並べて170℃から180℃で約40分位(オーブンによって違うので様子を見ながら)焼きます。焼き上がったら表面に杏ジャムを塗って出来上がり。私は杏ジャムが無かったのでイチゴジャムを塗りました。

 黄桃缶詰のかわりにパイナップル缶、白桃缶、、ブドウやブルーベリーなどでも美味しくできるのではないでしょうか。お祝いの日に作ってみてください。

2013年4月 9日 (火)

2014年NHK大河ドラマ

 2014年の大河ドラマは「軍師黒田官兵衛」に決まったとか。私はこのニュースを聞いて、てっきり葉室麟さんの原作だと思いましたが、どうやら違うようです。どうして葉室麟さんの『風の軍師黒田官兵衛』にしなかったのでしょうか。残念です。キリシタンだった官兵衛とその周りをとりまくキリシタン大名たち、そして宣教師たちやガラシャ婦人などが登場して、いままでの信長・秀吉・家康だけのストーリーではないおもしろさがあるのです。前川洋一さん作の「軍師黒田官兵衛」どんなドラマになるのでしょうか。楽しみですが、我が家にはテレビが無い!どうやって確かめるの?

 ちなみに主役の官兵衛はV6の岡田准一さんだそうです。う~ん官兵衛のイメージとは・・・違う!・・・岡田君はキレイ過ぎでしょう。でもV6だから視聴率は取れるかもしれません。私が官兵衛役を選ぶとしたら香川照之さんかな?

20120420_takaokasousuke_05  Kagawate_2

岡田准一さん            香川照之さん

2013年4月 8日 (月)

人となったみことば

 今日は「神のお告げ」の祭日です。マリア様の「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身になりますように」と言う返事を聞くたびに、私もそうこたえることができますようにと祈ります。しかしこの「なれかし」がなんと難しいことでしょう。「これは困ります、あれはできない、これはちょっと無理、もう少し待ってください・・・」いつも「なれかし」と言えない自分。でも昨日より今日、今日より明日、少しづつ「なれかし」と言えるように頑張ります。

    D0107307_1435485

ルカ1章26~38節

お告げの祈り

主のみ使いのお告げを受けて、
マリアは聖霊によって神の御子を宿された。

〔アヴェ・マリアの祈り〕
アヴェ、マリア、恵みに満ちた方、
主はあなたとともにおられます。
あなたは女のうちで祝福され、
ご胎内の御子イエスも祝福されています。
神の母聖マリア、
わたしたち罪びとのために、
今も、死を迎える時も、お祈りください。
アーメン。

わたしは主のはしため、
おことばどおりになりますように。

(引き続き、上記の〔アヴェ・マリアの祈り〕を唱えます。)

みことばは人となり、
わたしたちのうちに住まわれた。

(ここでも〔アヴェ・マリアの祈り〕を唱えます。)

神の母聖マリア、わたしたちのために祈ってください。
キリストの約束にかなうものとなりますように。

 

祈願
神よ、み使いのお告げによって、御子が人となられたことを
知ったわたしたちが、キリストの受難と十字架をとおして、
復活の栄光に達することができるよう、恵みを注いでください。
わたしたちの主イエス・キリストによって。 アーメン。
(女子パウロ会H.P.より)

2013年4月 7日 (日)

新しいホームページ

https://sites.google.com/site/kirisutonoshinritokirisutokyoo/

 夫のホームページでキリスト教の所だけ新しく作りました。上記のアドレスです。興味のある方はぜひどうぞクリックしてください。

中古品(リサイクル品)

 図書館で探しても、いつも貸出し中の葉室麟さんの『螢草』。とうとう中古本を注文して、今日届きました。中古と言っても図書館の本ほど傷んでいませんし、新本の時もあります。この本も新本と変わらずに綺麗で、しかもとても安いでした。

  517zrkmg7ml__ss500_

 近頃は中古品ばかり買っています。特に着物や帯は中古の物、いわゆる古着ばかりです。新調するには値段が高すぎて手が出ません。でも中古ならば信じられない位安くで手に入ります。良い着物ほど皆さん大事に着ておられるので、汚れやシミも無く、十分に着て出かけられます。

 新品でないとどうしてもいやと言う人は仕方がないですが、こだわらない人ならば中古の着物も良いですよ。特に振袖はレンタル料よりも安いものもあります。

2013年4月 6日 (土)

春の香り

 春の香りいっぱいの蕗をいただきました。さっそく皮をとり、さっと湯がいてからダシをきかせた煮汁で煮含めました。

     Cimg3146

蕗の独特な香りがたまりません。美味しかったです。 娘のお弁当にも入れましょう。

 ところで、「おいしいでした」と言うと、娘に笑われます。これは鹿児島独特の言い方で、他県の人は「おいしかったです」と言うそうです。こちらが文法的にも正しいそうです。気をつけているのですが、つい「おいしいでした、ごちそうさま」と言ってしまいます。習慣はなかなか直せませんね。

2013年4月 3日 (水)

高価な香油

 聖ホセマリア・エスクリバー 『道』より

527 ベタニヤの重い皮膚病を患うシモンの家で、主の御頭に高価な香油をそそいだあの婦人は、神礼拝に関する事柄においては、気前よく寛大になるべき義務を、私たちに思い出させてくれる。

 神礼拝において、いくら贅沢や荘厳さと美しさの限りをつくしたとしても、わたしにはわずかに思える。

 聖器具や祭服、レタブロ(聖櫃のある祭壇背後の聖画像や彫刻)の豪華さを批判する人々に対して、ベタニヤでのイエスの賞賛の声が聞こえてくる。「わたしに良いことをしてくれたのだ」と。

 この箇所を読んでP神父様のことを思い出しました。P神父様は祭壇を美しく飾るのが好きで、それによって神父様がキリストをいかに愛しておられるかがよくわかりました。朗読台は綺麗な帯で飾り(信徒の方に縫ってもらい)、クリスマスには幼子イエズス様を中央に飾り、色々と工夫されていました。天使ミサの練習もしました。もう2~3回天使ミサをしたらきっと上手になっていたかもしれませんが、その前にP神父様は移動になりました。

 M神父様は祭壇を花で飾るのが好きでした。祭壇の前、聖櫃の前、朗読台の前、マリア様のご像の前、聖コルベ神父様の聖遺物の前、そして玄関、客間、あらゆる所に花を飾りました。

      Photo

去年のK教会の祭壇  とても綺麗だったのでパチリ!

 

2013年4月 2日 (火)

一緒に祈りましょう

 いつも思うのですが、私の知っている人で教会を離れてしまっている人たちが何人もいます。その人たちが戻って来てくれればどんなに嬉しいことか・・・。いつも帰って来てくれるようにお祈りしています。

 私たちは何のために教会へ行きごミサに与るのでしょうか。司祭に会うため?他の信者さんたちとおしゃべりをするため?信者の義務だから?いいえ、キリストに会うためです。キリストをいただくためです。教会に行けないどんな理由があろうと、キリストはすべてをご存知です。何も心配せずにすべてをキリストにお任せして、まずご聖体訪問をしてキリストと話してみましょう。きっとゆるしの秘蹟をうける力を与えてくださいます。ゆるしを受けたらご聖体をいただきましょう。きっと心は喜びにあふれると思います。

 聖ホセマリア神父様も『道』の中でこう言っておられます。

537 聖櫃に近づくときには、神が二十世紀も前からあなたをお待ちであることを考えなさい。

554 聖体訪問を止めず、続けてほしい。いつも唱える口祷の後で、聖櫃の内に実際に現存しておられるイエスに日々の心配事を打ち明けなさい。そうすれば、キリスト者としての生活をするために必要な光と気力を受けることだろう。

730 あなたが神を見捨てないかぎり、神があなたをお見捨てになることはない。

 信仰年の今こそ、復活節の今こそキリストのもとに帰るチャンスです。キリストはいつもあなたを待っています。キリストは良い羊飼いだから。迷子になっている私たちをいつもさがし呼んでおられます。

              Jesuschrist712364