ペット Feed

2019年10月 6日 (日)

人間と動物は違うのよ

 今月の4日はアッシジの聖フランシスコの祝日でした。1931年にイタリアで「国際動物保護会議」が開催され、聖フランシスコの祝日にちなんでこの日を「世界動物デー」に制定しました。

 その時から欧米ではこの日に家畜を祝福してもらう習慣が生まれました。しかし近年司祭の中には飼い主と共にペットも一緒に与れるミサを立てている方もおられるようです。教会の外で祝福を授けるだけならまだしも聖堂の中で馬や犬が一緒にミサに与るのは良くないでしょう。ある夫人は、「ペットは家族と同じだから年に1回でもミサに来て、一緒に祝福を受けられてとてもうれしい」と語っていました。・・・・・catface

Photo_4

Photo_5

 Fr.Zは動物やぬいぐるみの祝福には肯定的ですが、気をつけなければならないと書いています。

However, the difference in the way people are blessed and, on the other hand, the way that critters and stuffed animals are blessed, must be clear.

(しかし、人々が祝福される方法の違いと、その一方で、生き物やぬいぐるみが祝福される方法の違いは明確にしなければなりません。)

 Fr.Zはこうも書いています。

Today, however, it strikes me that more and more people have the notion that critters have immortal souls.   And so there are places that might have a huge pet blessing day, and maybe put out information about rescuing animals, but perhaps not a parish pro-life initiative.

(しかし、今日では、生き物が不滅の魂を持っているという概念を持つ人がますます増えていることに驚きました。 ですから、ペットの大きな祝福の日があるかもしれないし、動物の救助に関する情報を出すかもしれませんが、小教区のプロライフのイニシアチブ[生命を尊重する取り組み]ではありません。)

 そうなのです。問題はここ「生き物が不滅の魂を持っているという概念を持つ人が増えている」ことです。

 家や車、聖具の祝福があるのですから家畜やペット、ぬいぐるみの祝福があってもおかしくはありません。でもそれらの祝福と人間の祝福は違うことを認識しましょう。

2019年3月 3日 (日)

夕霧

 我が家では猫はペットという考えなので、人間のような待遇はしません。よほどのことがない限りペット病院も縁がありません。しかし、今回ばかりは病院へ連れて行きました。

 夕霧の片方の目が飛び出してきたのです。手術で目を取り出すか、このままにしておくか?結局このままにしておくことにしました。10日間毎日抗生剤をエサに混ぜて与え、1日に3回目に軟膏を塗ってあげることになりました。

 ところが夕霧が外ネコでよその家(どの家かはわかりません)でも可愛がられていることを忘れていました。今日は朝薬を塗ってもらった後姿が見えなくなりました。1日3回の目薬なのに・・・。もしその家の人が病院へ連れて行って手術を受けさせたらどうしよう crying 心配しても仕方のないこと、なるようにしかならないのですが。「夕霧早く帰っておいで!」

Img_20190130_084258

夕霧です。薬で進行を止めるぞ!

2018年2月24日 (土)

お前は誰?

 一昨日は2月22日ニャンニャンニャンで「にゃんこの日」でした。我が家のねこたちは毎日庭を駆け回っています。

Img_20171229_104043

俊成 ⇧


 花子、紫改めスミレ、業平、俊成4匹とも元気だにゃん。スミレはつややかな黒毛の美人。業平はモデル並みのハンサム。俊成は足が短くコロコロしたキュートな子、そして花子は子どもたちに狩りを教える優等生ママです。

 先日のこと、何気なく外を見ると花子が食事中・・・いや・・・違う、花子じゃない!「お前は誰?」私と目が合っても食べ続けるにゃんこ。ということは、野良ではなくどこかのお家の飼い猫。最近エサがすぐなくなると思っていたら、どうやら犯人はこのにゃんこ。⇩

Img_20180218_172822_burst002

 我が家の四匹とケンカしなければ遊びに来てもいいよ!(夫は「ダメ!」と言っています)

2017年10月30日 (月)

にゃんこ

 花子が最初に産んだ子猫たちは一ヶ月後に次々といなくなりました。次に生んだ子猫たちは今のところ5匹ともいます。

 毎朝餌をあげに行く時は「5匹ともいるかな?」とドキドキです。

Dscn2076花子(母ねこ)貫之・紫・忠見・俊成・業平 cat 名付け親は娘です。

Img_20171009_11274620171027

業平

Dscn2051俊成

2017年6月 7日 (水)

可愛いにゃん

 5月7日に生まれた五つ子。

10

  母ねこがいないうちに、段ボールと中の敷物を新しいものに変えたのがいけなかったのでしょう。いつの間にかご覧の通り子猫たちを他の場所へ移してしまいました。

18

 子猫を一匹ずつくわえて移したのです。母ねこ強し!

 そして約2週間後の今月1日に子猫たちを連れて戻ってきました。あの時には目もよく見えなかったのに、興味津々やんちゃしています。とにかく可愛いにゃん!娘が名前を考え中。

Dscn1698

Dscn1689

2017年3月14日 (火)

トラ次郎

 甘えん坊のトラ次郎。コリコリしてもらい過ぎて尻尾のつけねは毛が抜けてご覧の通り。

Dscn1465


 今日もお尻を突き出しておねだり。可愛いからついコリコリ・・・。これ以上ハゲないでね。

Kdcs83g9

 平和な春の一日です。

2016年9月27日 (火)

トラ次郎

2016923_1

2016923_5

 花子より前からいる我が家の外ネコ「トラ次郎」です。顔は可愛くはないですが、よく言えば凛々しいお顔です。そして何より甘えん坊。甘えた声でエサをねだります。首のまわりをゴリゴリすると、お尻を持ち上げてここ(尻尾のつけねあたり)も掻いてと催促します。

 花子と同じエサを食べているのにこの貫禄!3キロ位かなと思っていたのですが、娘は5キロはあるといったので体重計に乗せるとなんと5.4キロもありました。どこか他のお家で美味しいエサをもらっているのかも・・・近所のおじいさんおばあさんに甘えてメロメロにしているのかもしれません。

2016年8月13日 (土)

花子

 人間も暑いけれども毛皮を着たネコはもっと暑いようです。我が家の花子も日中はごろんとしたままのびています。

Dscn0839のびてる花子:ネコはなぜか段ボールが大好き

 しかし朝は元気、木に登ったり虫を追いかけて走ったり。夜中も遊んでいるようです。朝7時には「はやく朝ご飯をおくれ~」と鳴いて催促します。あれだけ運動したらお腹もすきますよね。飼い主と違い太る間もないようです。

 お盆の入り、今日も平和な一日です。

2016年7月 7日 (木)

大きくなりました

Dscn0710養父:トラ次郎 母;オレオ 娘:花子

Dscn0730花子(あと一週間で満3ヶ月)

 大きくたくましくなりました。網戸はもちろんのこと梅の木にもするすると登っていきます。隣の家との境の塀にも上がり、この前は3日間も家出して心配しました。おてんば娘です。

 どれだけ危険な目に会おうと、たとえどれだけ短い命で終わろうと、外を駆け回り、太陽の光をいっぱい浴びて、冷たい雨に濡れ、風に吹かれて猫らしく生きるのが猫にとって一番です。どれだけ長く生きるかよりどう生きるかが大切。これは人間も同じかな?

 もらわれていった太郎も元気にしているかな?外遊びをいっぱいさせてもらっているかな?

2016年6月 7日 (火)

子猫たちのその後

Cimg6386

 5匹いた子猫たちも今は1匹だけになりました。2匹は何か(多分オス猫)に襲われて死に、1匹は行方不明に、もう1匹は近所の猫好きの人にもらわれていきました。

 死はいつ訪れるかわかりません。それは猫も人間も同じです。ただし人間は猫と違い肉体の命は永遠ではなくいつか死ぬことを知っています。そして(すべての人ではありませんが)「永遠の命がある」ことも知っています。ですから人は「この世の死を迎える準備と、そして永遠の命を生きる準備」ができるのです。それがキリストの教えでもあります。

2016年4月26日 (火)

子猫

 昨日オレオが初めて子猫を連れてきました。今月14日にオレオのお腹が小さくなりました。ということは13日夜から14日朝にかけて生んだということです。赤ちゃん猫をいつ連れて来るのかと楽しみに待っていたのでやっとという思いです。昨日で生後12日・・・可愛い~lovely

Photo 一匹だけと思い写真を撮ったのですが、数時間後には二匹に、また数時間後には3匹に増えていました。用心しながら一匹ずつ口にくわえて移したのでしょう。トラ次郎は興味津々でのぞいたりクンクンしたり。そして今朝のぞいてみるとなんと五匹に!びっくりぽんや~

Dscn0506

 同じ模様なので重なると何匹いるのかわかりません。名前を考えるのが大変。この大役は娘に任せましょう。

 動物の本能はすごいですね。誰かに出産子育てを教わるでもないのに、立派に生んで育てています。それに比べて猫よりも比較にならないほど優れている人間なのに中には・・・言わずものがな。

2016年2月23日 (火)

愛は強し

 

35_2

「ネコよけのトゲトゲもなんのその、わたしたちの愛を邪魔することはできないにゃん!」 (写真:ブログ.ru  より)

 昨日は「ねこの日」でした。

2016年2月 4日 (木)

ねむ~い・・・

 夕方5時過ぎなのにとてもねむ~いのです。「な~んでかな?な~んでかな?それはねぇ・・」それは家族風呂に行ってきたからです。久しぶりに船津温泉へ。

 娘の引越しも無事にすみ、次男の修論試問試験も終わりました。私たち夫婦は何もしていないのに、なんとなく気疲れ?したようで、サウナに入って身体も心もゆる~くなりました。

 近くに温泉があるって恵まれていますよね。プチ贅沢かな?

Dscn0311ゆる~いオレオ

2016年1月27日 (水)

オレオ

  「わたしはオレオ、美猫でしょうshine

Cimg5932

   すっかり我が家の猫になった感のあるオレオです。夜は外で動きまわり、昼はほとんど隣家の車庫の上で寝ています。

 この前は小さなネズミを仕留めて見せにきました。えらいえらい!猫はこうでなくちゃ。家の中に閉じ込められてストレスだらけの猫を見るとかわいそうです。

 猫大好きな.ruさんのブログ写真から。「頑張るお母さん」です。

5

9_3