« 2021年8月 | メイン

2021年9月

2021年9月23日 (木)

ハンガリーのカトリック聖体賛美


YouTube: Eucharistic Procession fills the streets of Budapest at International Eucharistic Congress

2021年9月21日 (火)

聖マタイ使徒福音記者祝日

 今日の福音朗読の中で「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」(マタイ9:13)と、キリストは言っています。

 時々私たちは自身が罪人であることを忘れて傲慢になり、そしてそのことに気づかない時があります。他人をねたんだり、悪口を言ったり批判したり、不平不満を言ったり、嘘をついてごまかそうとしたり、言葉で他人を傷つけたり・・・本当に私たちは罪人です。だからこそキリストが必要なのです。

 ですから、キリストに出会えて、キリストから離れられない人は幸せだと思います。この恵みに感謝!

F0106597_23134285

 聖マタイ使徒福音記者 (カラヴァッジョ)

2021年9月18日 (土)

ガエタノ・コンプリ神父の哲学講座

 ガエタノ・コンプリ神父様の書かれた本『人間を考える』や『人間としての哲学』はとてもわかりやすい本です。「哲学」と聞くと身構えてしまう人も多いでしょう。でも心配いりません。神父様のお話しは「哲学史」ではありませんから。

Photo

 先日息子が神父様の「人間としての哲学講座」YouTube で視聴できると教えてくれました。この講座は『人間としての哲学』の本をもとに話されています。ですからもしこの本をまだ読んだことのない方はぜひこの講座を視聴することをお薦めします。普通のおばさんの私でもよくわかる内容です。⇩こちらからどうぞ!

https://www.youtube.com/channel/UCdRgSkvbbGD7Eu67bJmbPTQ

2021年9月14日 (火)

十字架称賛と悲しみの聖母

Photo

 今日は「十字架称賛」の祝日、そして明日は「悲しみの聖母」の記念日です。

 S神父様は12日日曜日のごミサの説教で十字架称賛にふれ、「この日称賛する十字架は死の道具ではなく、命の道具です。キリストは十字架で死んでも、その死にうち勝って復活されました。十字架は私たちには新しい命への希望です」と説かれました。続けて「洗礼を受けている人もそうでない人も自然災害に遭うし新型コロナ等にもかかります。皆同じです。ただ私たちには死んでも新しい命があるという希望があります。死が終わりではないことを知っています。だから私たちは希望の十字架を称賛するのです」と。また「どの教会の屋根にも高く掲げられている十字架は希望を表しています」という説明に、『ただの目印ではないのだ』と、恥ずかしながら今頃合点がいきました。

 明日は十字架に磔になったキリストのもとにたたずまれる聖母マリア様「悲しみの聖母」の記念日です。


YouTube: Stabat Mater (At the cross her stations keeping)

 聖母は胸に剣が刺さるような苦しみ、悲しみを受け入れました。喜びも苦しみも悲しみもすべて「われになれかし」と受け入れた聖母マリア様です。私も天主のみ旨のすべてを受け入れ、聖母に倣うことができますように、アーメン。


YouTube: Madre del Silencio | Música Católica | Canción a la Virgen María

 Canto Catolico の歌はいつ聴いても良いですね。何といっても質が高い!

2021年9月12日 (日)

マリアのみ名の祝日


YouTube: しあわせなかたマリア カトリック聖歌 Ave Maria

 幸せな方マリア様、恵みあふれるマリア様。いつも主の恵みに気づき、感謝しながらマリア様のように日々過ごせたら幸せですね。毎日不平不満ばかり口にして過ごしてしまう私・・・。もっともっとマリア様に倣う生き方をしなければ!

 53

 先日のブログにも書いたように、1683年、ポーランドの王、ヤン3世ソビェスキは自分と兵士たちをマリア様にゆだねて、ウイーンに進行する15万のオスマン帝国軍にわずか3千の騎兵で勝利しました。その日が9月12日です。

 「マリアのみ名の祝日」を9月12日に定めたのは、1911年教皇聖ピオ十世です。

 ソビェスキ王がゆだねたマリア様がこの「黒い聖母」です。生前小平神父様がポーランドのヤスナ・グラ修道院を巡礼された時、その記念として私たち教会の信徒にこのご絵をくださいました。⇩ 裏には神父様の説明が書かれています。

Scan20210908_192647

Scan20210908_192647_001

2021年9月10日 (金)

ヤン・ソビェスキ

 先日息子が棚にしまってあったウオッカを見つけ、そのラベルに書かれていた名前についてどういう意味か父親に尋ねていました。そのウオッカの名前は「SOBIESKI」。

Photo_3

 SOBIESKIとはJan3世 Sobieski「ヤン3世ソビェスキポーランド国王」のことです。

 1683年にオスマン帝国が15万の兵を率いてウイーンに進撃した時に、わずか3千の騎馬隊を率いてヨーロッパを守り神聖ローマ帝国を勝利に導いた英雄です。

 ヴァチカン美術館にはソビェスキの間に『ソビェスキ、ウイーンを開放する』(ヤン・マティコ作)の絵が展示されています。私もヴァチカン美術館を訪れた時にこの絵を見ました。絵のテーマを知っていたので胸が熱くなったのを覚えています。

Jan_sobieski

 また以前ブログで紹介したと思いますが、映画も制作されています。とても良い作品のせいか、今この映画のDVDは中古でもアマゾンで高値がついています。もし機会があればぜひ観てみてください。

Photo_5

 歴史を学ぶことは面白いです。一本のウオッカから話が広がりました。こんな家族の会話が大好きです。

57

 今日は「日本205福者殉教者」の記念日です。この世の命よりも来世の命を大切にした人達です。何よりもどんな時にもキリストにつながっていなければならないと、私たちに信仰の模範を示してくださいました。

 私たちは今こそ彼らから学ぶべきです。新型コロナと迫害、どちらの方がより恐ろしいですか?彼らが命がけで守ったものは何ですか?

2021年9月 8日 (水)

聖マリアの誕生 祝日


YouTube: マリアさまのこころ Maria-sama no kokoro

 マリア様の祝日のなんと多いこと。でもそれはとても嬉しいことです。それだけマリア様は皆から愛され、崇敬されている証拠です。カトリック教会の聖堂に入ると必ずマリア様のご像があります。マリア様の賛歌も沢山あります。カトリック信者は皆マリア様が大好きです。私たちのお母様ですからね。

81

2021年9月 1日 (水)

国境なき医師団

 国境なき医師団(MSF)が50周年を迎えました。今までの主な紛争地域への援助活動を見ると、いつもどこかで人間同士は殺し合っていることがよく分かります。そして殺し合いを命じる人ではなく子供たちや弱い人々が圧倒的に犠牲になっています。

MSFが人道支援活動を行った紛争地域の一部

1971年国境なき医師団設立のきっかけとなったナイジェリア東部ビアフラ戦争(1967年勃発)

1975年ポルポト政権から逃れるカンボジア市民を援助

1976年中東・レバノンの内線

1980年ベトナム軍のカンボジア侵攻

1984年エチオピア飢餓・軍事政権による援助物資の横領発覚

1991年湾岸戦争に続く内乱で難民になったクルド人への救援

1992年ソマリア内戦(1988年勃発)人道的支援を理由にアメリカ中心の多国籍軍の過剰な軍事介入を非難

1994年ルワンダで民族大量虐殺(ジェノサイド)が発生

1995年ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(1992年勃発)での虐殺や強制移住が起きていることを国際社会に訴えた

1995年チェチェン紛争(1994年12月)で市街地が壊滅状態の中、医療・人道支援を開始

1999年コソボ戦争(1998年内戦激化)NATO軍の軍事介入を「人道的介入」と正当化する発想を非難

2002年アンゴラ飢餓対応(政府軍と反政府軍の停戦合意後)

2003年イラク戦争

2004年アフガニスタンから撤退(1980年から24年間援助活動を行う。2009年に活動を再開する)

2009年スリランカ内線

2009年スーダン、ダルフール紛争(2003年勃発)スタッフが拉致される事件が発生

2012年シリア内線(2011年勃発)援助を開始するが2014年スタッフが拉致・拘束される事件が発生

2013年ソマリアからの撤退 内戦が勃発した1991年から22年間援助を続けてきた間に合計16人のスタッフが殺害された。2017年に援助活動を再開

2015年イエメン紛争激化

2015年アフガニスタンの外傷センターがアメリカ軍の空爆を受けて、患者とスタッフ42人が亡くなる。紛争地でのMSF関連施設への砲爆撃は75件106回

2017年ロヒンギャ難民危機

 紛争地域への援助だけでなく、スマトラ沖地震、ハイチ大地震、東日本大震災などの自然災害への救援、HIVやエボラ、新型コロナウイルスなどの感染症対策、乳児、子どもへのワクチン、栄養失調の治療、妊婦への支援、難民への援助等々MSFは活動しています。

 最後に下記のレポートを是非読んでみてください。「MSFとアフガニスタン」とでも言いましょうか。またMSFへの寄付も忘れずにお願い致します。

https://www.msf.or.jp/news/detail/headline/afg20210824nt.html

俳句入門

 今日は8月最後の日。9月からは夫の仕事も始まるので、思いきって二人で「えびの高原」へ出かけました。

Img_20210831_140708_2
 枝先が黄色く色づきはじめている木々、駐車場を飛び交うたくさんのトンボ、白い花があふれんばかりに咲きほこっている山法師の大木、夏の終わりは近く、秋がそこまで近づいていると感じました。そこでこの気持ちを一句詠みたかったのですが・・・できませんでした。

 その訳は昨夜読んだ『俳句入門』が原因です。ど素人の私が今まで詠んだ句は独りよがりで自己満足の句ばかりでした。稲畑汀子先生のこの本を読んで、初心者がよくやってしまうことがほとんど私に当てはまっているのに気づき、恥ずかしい思いでいっぱいになりました。

Photo  季重には注意しているのですが、頭で作ってしまったり、切字の使い方を間違えたり。先生は「嬉しい」などの感情言葉は避けるように、説明するよりも感動の方を大切に、事実を述べる。十七音しかないのであるから、省略の反面、短くとぎすまされた言葉を残さなければならない。対象を深く見ること。言葉をつめ込まない。等々初心者に教えておられます。

 「感動のないところに詩は生まれない」そして「感動したことを十七文字に託す」「俳句は季題を詠む詩である」という教えで、私は俳句の真の面白さがわかりかけてきました。

 これからは先生の教えておられることを少しずつ実践しながら、俳句を一から始めようと思います。ガンバルにゃん!cat