« 「No」と言える人に | メイン | 悲しみの聖母(記) »

2016年9月14日 (水)

十字架称賛の祝日

 今日の聖書朗読を読んでいて、ふと以前見た教皇様の写真を思い出しました。先ず今日の聖書の朗読箇所の一部分です。

 主はモーセに言われた。「あなたは炎の蛇を造り、旗竿の先に掲げよ。蛇にかまれた者がそれを見上げれば、命を得る」。モーセは青銅で一つの蛇を造り、旗竿の先に掲げた。蛇が人をかんでも、その人が青銅の蛇を仰ぐと、命を得た。(民数記21:8-9

 そして問題となった教皇様の写真です。

Photo_2

  私はこの写真は細工され、ねつ造されたものだと思いますがもし本当に写真の通りであれば上記の聖書の意味が含まれていた十字架なのではないかと思います。

 今日は十字架称賛の日です。なぜキリストは十字架にかけられたのか、何のために十字架を受け入れられたのか、もう一度主の愛・いつくしみをゆっくり黙想しましょう。