« アイスダンス | メイン | 義務ではなく恵み »

2016年7月17日 (日)

主のみことばor神のみことば

 数年ぶりのごミサでの朗読、緊張は最高に、声は震えて読む速度は速くなりcoldsweats01・・・でも久しぶりなので仕方ないでしょう。少しづつ慣れると思います。問題は朗読の後に言った「主のみことば」です。「『神のみことば』の方が良い」と言われました。

 なぜなら私の朗読したところは使徒が教会にあてた手紙です。新約聖書で「主」といえばたいていキリストを指します。ですからここでは「主」ではなく「神」のみことばと言う方がふさわしいと。

 確かにその通りです。次回はもう少し冷静にゆっくりと朗読し、「神のみことば」と言います。書くのは易しいけれど声に出して読むのは難しいと実感しました。

Photo