« 戦争ビジネス | メイン | 私も欲しい! »

2016年6月 7日 (火)

子猫たちのその後

Cimg6386

 5匹いた子猫たちも今は1匹だけになりました。2匹は何か(多分オス猫)に襲われて死に、1匹は行方不明に、もう1匹は近所の猫好きの人にもらわれていきました。

 死はいつ訪れるかわかりません。それは猫も人間も同じです。ただし人間は猫と違い肉体の命は永遠ではなくいつか死ぬことを知っています。そして(すべての人ではありませんが)「永遠の命がある」ことも知っています。ですから人は「この世の死を迎える準備と、そして永遠の命を生きる準備」ができるのです。それがキリストの教えでもあります。