« 使徒聖ペトロと聖パウロ | メイン | アルメニアでの教皇ミサ »

2016年6月30日 (木)

映画「ルワンダの涙」

2_2

 先日DVD映画「ルワンダの涙」を帰省していた次男が見るというので、久しぶりに私も一緒に見ました。

 人間のエゴと残忍な部分がこれでもかと映像に映し出され、暗くて重い作品です。しかし、この映画は単に1994年4月にルワンダで起こった大虐殺(フツ族によるツチ族の大虐殺)や、国連治安維持軍(UN)の問題などを描いただけの作品ではありません。

 クリストファー神父こそがこの作品のキーポイントなのです。カトリックをよく知らない人にはわかりにくいでしょうが、最後に学校に残る神父の言葉とその姿・・・「ここに、この人たちの中にキリストがいる、だから私はこの人たちと共にキリストと共に最後までここに残る」と言う神父の、信仰に確信を持った信仰宣言があります。

 だから私は何度でもこの暗くて重い歴史の作品を見ることができるのです。女の子がクリストファー神父に質問します。「神父様は、神様は私たちみんなを愛していると教えてくれました。神様は塀の外にいる人たち(私たちを殺そうとしているフツ族)も愛しているの?」と。答えは映画を見てください。

28

マタイによる福音5:42-46

敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。あなたがたの天の父の子となるためである。父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからである。自分を愛してくれる人を愛したところで、あなたがたにどんな報いがあろうか。

(「Seseragi」 毎日のみことば 祈りのヒント)より

主よ、おっしゃることは頭では理解できます。

しかし、わたしを「迫害する者のために祈」ることは

むしろ、わたしに苦しみをもたらします。

それでもあなたはそれをお望みなのですか。

はい、主よ、わかりました。

 

あなたがお望みなのですから、わたしの苦しみをあなたに預け、

おっしゃるとおりに心を向けましょう。