« カラヴァッジョ展 | メイン | 『命のパン』~ご聖体は口でそれとも手で? »

2016年3月10日 (木)

カテキズム

 信仰教育の大切さをしみじみと実感している今日この頃です。良いカテケージスの本を探してもなかなかありません。大人は『カトリック教会のカテキズム』を読めば良いのですが、子どもには難しすぎて無理です。

 ここにアブリ神父様が書かれた『カトリック教理 ジュニア・カテキズム』という古~い本があります。昔の中学生たちはこんなにしっかりと要理を勉強していたのですね。本では質問・答え・祈り・神のみことば・典礼・課題の順で進んでいきます。

Photo_2

 (最初の質問)  私たちはなんのために、この世に生まれてきたのでしょうか?

 要理を勉強されたみなさんは何とこたえますか?

 (答え)  私たちがこの世に生まれてきたのは、神さまを知り、神さまを愛し、神さまに仕えてやがて神さまのみもとで永遠に幸福になるためです。

 各教えの最後にそれぞれ「課題」が出ています。課題なので答えは載っていません。この課題はよく勉強しないとなかなかできないものがあります。例えば、

・ 助力の恩恵と成聖の恩恵との違いを、かんたんなことばで説明しなさい。

・ あなたがカトリック教会の一員としていただいている神の恵みを、未信者の少年少女に説明する手紙を書いてごらんなさい。

・ つぎの場合、人への愛を具体的に示す方法を表にして書きなさい。 a 両親に対して b 兄弟姉妹に対して c 先生に対して d 友だちに対して e 敵に対して。

・ 「十戒なんてもう時代遅れだ。現代にはそんなものを守っている人はいやしな」―こういう人に対して、あなたはどう答えますか?

・ 「私は完全な痛悔を起こすことはできません。またきっと罪を犯すだろうということをよく知っていますから」―このことばをどう考えますか?それに対してどう答えるか、あなたのノートに書きなさい。

・ ミサ聖祭中、最も重要な役割をつとめられるのはキリストです。では、その時キリストはなにをされますか?ミサ聖祭中の司祭はなにをしますか?私たちの役目はなんですか?ノートをキリスト、司祭、信者の三段にわけて答を書きなさい。

・ 今の教皇さまはどなたですか?教皇さまについてどれだけ知っていますか?教皇さまのあげられる何かの典礼に参列したことがありますか?その典礼で、何か特別に気のついたことはありますか?

 最後に今、四旬節中にピッタリの課題です。

・ 四旬節中にあなたが行おうとする償いのわざを表にしてごらんなさい。灰の水曜日の灰の祝別の祈りを読みなさい。その祈りから、どのように私たちは自分の犯した罪を悔やまねばならぬか、また、どのように神に赦しを願うかを、書き抜きなさい。

 約250ページの本ですが、中身のしっかりとしたものです。初聖体の子ども用ではなく、堅信をした子どもたち用です。大人の私でも勉強になります。再販はないのかな?