« 主は復活されました | メイン | 『KAROL  カロル 教皇になった男』 »

2016年3月29日 (火)

別世界

  京都の器屋の女将さんのブログを見たところ、その優雅な内容に感心し、ちょっぴり羨ましくも思いました。私の生活とはあまりにもかけ離れた毎日・・・しかしそれはそれできっと様々なご苦労もおありでしょう。

 源氏物語の勉強会、歌会始、オペラ鑑賞、茶会に瓢亭さんの料理、聚洸さんの和菓子そして大津絵などその内容は庶民の生活とはかけ離れたものかもしれませんが、こうした方々のおかげで日本の伝統文化や行事が守られ伝え続けられているのだと思いました。

Photo茶箱(ブログ「うつわやあ花音」より)