« 『日韓慰安婦合意文』 | メイン | 賄いさん »

2016年1月19日 (火)

『拓』から ③

 聖書の読み方について聖ホセマリアは次のように言っています。

672  毎日数分間、新約聖書を読みなさい。そしてそのときには、もう一人の登場人物になって各々の場面の中に入り込み、そこでの出来事に参加しなさい。私はこう勧めた。それは、福音の教えを自分のものとし、それを生活の中で(実行する)ため、また、人々に(実行させる)ためである。

Photo_5 読むならフランシスコ会訳かバルバロ訳で

 まさか信者なのに聖書をただ飾っているだけ・・・という人はいないでしょう。coldsweats02 聖書は普通の本ではありません。「神のみことば」です。

 ですから小説のように最初から最後のページまで一通り読めば終わりではありません。期間内に読めばよいものでもありません。聖ホセマリアは「もう一人の登場人物になって…場面の中に入り込み…参加しなさい」と、具体的に教えています。忙しい、時間がないという理由でゆっくりと時間をかけて読まなければ、主のみことばを味わうことはできないでしょう。

 今年は一年間ゆっくり、じっくりと聖書を味わいたい、聖書を読む時間をもっと増やそうと思います。