« スノードーム | メイン | 聖ヨハネ大聖堂 »

2015年12月13日 (日)

待降節第三主日

 今日は待降節第三主日です。カテドラルでは教皇フランシスコの大勅書が読まれ、聖なる扉が開かれました。そして聖体拝領の時には公式賛歌「いつくしみ深く御父のように」が歌われました。

Cimg5875_2

 開門ミサの後、特別聖年中には、この門をくぐり、ゆるしの秘跡を受け、聖体を拝領し、教皇様の意向のために祈りを捧げることによって、全免償が与えられます。なお「免償は、罪科としてはすでに赦免された罪に対する有限の罰の神の前におけるゆるし」であると、カトリック教会のカテキズム1471に記されています。(新潟司教様の「司教の日記」より)

 ご降誕もだんだんと近づいています。そろそろこの曲を聴きたくなりました。

YouTube: Friar Alessandro - Adeste Fideles