« 長崎鼻(指宿) | メイン | 雑用 »

2015年12月 2日 (水)

真の幸せ

Dscn0215_10

 待降節に入ったので玄関にもリースを飾りました。メリークリスマスの文字はちょっと早すぎますが・・・。ご降誕の絵を飾ることで本当のクリスマスの意味が分かるでしょう。

 カトリックの我が家にでも時々「エホバの証人」が来ます。近所ではエホバがキリスト教だと誤解している人もいます。クリスマスは外に向かって信仰告白をする良い機会ですし、そうすることによって少しでも誤解がとけるかもしれません。

 フランシスコ教皇様はケニア、ウガンダ、中央アフリカと訪問なさいました。それぞれの国でのごミサをyoutubeで見ました。貧しさや治安の悪い中でも、ミサに与っている人々の幸せそうな笑顔は印象深いものでした。真の幸せですね。

 幼子キリストは真の幸せを私たちに持ってきました。それを受け取るか否かは自分自身が選ぶこと、決して強制されることではありません。今年のクリスマスにはイエズス様からの幸せを受け取ってみてはいかがですか。