« 「教皇講話集」から ゆるしの秘跡 | メイン | 「教皇講話集」から 叙階の秘跡・結婚の秘跡 »

2015年8月 2日 (日)

「教皇講話集」から 病者の塗油の秘跡

 「病者の塗油」は私が子供の頃は「終油の秘跡」と言われ、死が近づくと神父様を呼んでこの塗油をしてもらいました。臨終の時に霊的な慰めを受けるためでした。しかし今はそれだけではありません。

 わたしたちがこの秘跡を執行するごとに、主イエスは、司祭を通して、苦しむ人、重病人の人、また高齢者に近づいてくださいます。・・・・・この秘跡は、イエスが病者のそばに、そしてまた高齢者のそばにいてくださることを保証しています。・・・・・司祭が病者を訪問することはとても重要です。・・・・・主イエスご自身がわたしたちの手を取り、かつて病気の人になさったようにわたしたちに触れてくださるのです。そして、今やわたしたちはイエスのものであり、何ものもー悪と死さえもー決してわたしたちをイエスから引き離せないことを思い起こさせてくださるのです。・・・・・重病人、そして高齢者のもとにも司祭に来てもらい、病者の塗油の秘跡を授け、慰めと、前に進むためのイエスの力を与えてもらいましょう。(p.46~49)

Photo_3