« 「教皇講話集」から 洗礼 | メイン | あるカトリック教会 »

2015年7月28日 (火)

「教皇講話集」から 堅信

 今日は堅信について。

・・・・・この秘跡はわたしたちをいっそう固くキリストに結びつけてくれます。聖霊の特別な力をわたしたちに与え、信仰を広め、守り、キリストの名を公言し、十字架を決して恥じないようにさせてくれます。だから、自分の息子や娘がこの秘跡を受けられるように配慮することが大切です。・・・・・わたしたちはもしかすると、彼らが堅信を受けることにそれほど配慮していないかもしれません。すると子どもたちは途中にとどまり、聖霊を受けられなくなります。聖霊はキリスト教的生活においてたいへん大切です。聖霊は前進する力を与えるからです。・・・・・堅信を受ける年齢に達している子どもや若者がおられるなら、彼らがキリスト教入信の秘跡を完成し、聖霊の力を受けられるよう、できるかぎりのことをしてください。これは大切なことです。(p.29~30)

 確かに洗礼と比べて堅信はあまり重視されていないような気がします。私のまわりにも堅信をまだ受けていない人がいます。以前堅信をまだ受けていない大人の方に教会の担当者が「今度堅信を受ける準備を始めませんか?」と尋ねたところ「何、それ?私はいいよ(拒否の意)」と答えていました。洗礼を受けても堅信の意味すら知らない人がいるのも事実です。教皇様は自分たちが堅信を受けたことを思い起こして、まことのキリスト者として生きることができるように主に助けを願いましょうと言っておられます。

3 堅信お祝いのケーキ(写真:Googleより) イタリアでは堅信もこのように盛大に祝うのですね。いいな~heart04