« 洗礼式 | メイン | 主よ私に何をお望みですか? »

2015年5月12日 (火)

良い羊

 昨日ロイヤルベビーの洗礼について書きました。何故書いたかというと、この世では皇室やお金持ちの家に生まれたり、私のようにごく平凡な家に生まれたりと様々で、身分の違いや貧富の差があります。でも洗礼を受けた人は新しく生まれます。神様の前では全く同じです。皆神様の子供。お父さんは天の父、お母さんはマリア様、私たちはその子供たち。つまり洗礼を受けたベビーはロイヤルかそうでないかは全く関係ないということです。モナコの赤ちゃんも今月初めにザビエルカテドラルで洗礼受けた赤ちゃんも神様の前では兄弟姉妹なのです。素敵なことですね。だから書いたのです。

 ところで最近羊飼いについて不満ばかり言っている私ですが、一昨日の司教様の説教で「神様は私たちに『良い羊でいなさい』と言われている」という言葉に、羊飼いに文句を言う前に自分が良い羊にならなければと、反省しました。

 おとなしくて可愛い羊、「メェ~」となきながら羊飼いにおとなしくついて行く・・・そんな私を想像すると可笑しくて、まだまだ無理かなと思います。でも良い羊になるように頑張ります。

Photo羊 (金子裕次郎 撮影)