« バントゥ君 | メイン | 私の願い »

2015年1月20日 (火)

世俗原理主義

 フランス大統領は「これがフランスの自由だ。風刺画は正しい」と擁護し、ある国のイスラム教徒たちはこれに反対してキリスト教会を襲う。まさに心配している通り、宗教を軽視している人たちがイスラム教とキリスト教の戦いにしようとしています。ロシアのイスラム研究者でマルジャニ基金科学プログラム責任者のイーゴリ・アレクセエフ氏は言っています。

 「イスラム教とキリスト教の対立ではなく、宗教原理主義と世俗原理主義の対立がここにある」(「ロシアNOW」より)

 その通りです。今年も争いの絶えない一年になりそうです。口では「平和、平和」と言いながら、平和を築く努力をせずにかえって争いを生み出すのに一生懸命な政治家、ジャーナリストそしてそれに同調する人々・・・。悲しいことです。きっと唯一の神様もこうおっしゃっているでしょう、「私はこんな争いをさせるために人間に自由を与えたのではない」と。