« 神の母聖マリア(祭)・世界平和の日 | メイン | 菜の花 »

2015年1月 6日 (火)

Epiphania Domini

 3人の博士たちが幼子イエズスを拝みに来ました。黄金・乳香・没薬の贈り物を持って遠い国から星に導かれて来ました。この幼子は正に「神の子キリスト」、3人の博士たちはどんなに嬉しかったことでしょう。それは聖書に書かれていた通りでした。

 「主の公現」のお祝いは今日1月6日です。ヨーロッパや北中南米等ではクリスマスは主の公現まで祝います。当然クリスマス休暇も同じです。しかし信者の少ない日本では1月6日は休みではないので特別に新年最初の日曜日(今年は4日)に主の公現を祝いました。理由がちょっと寂しいですね。

Epiphania_domini_3_2Epiphania Domini (Google画像より)