« 2014年9月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月29日 (水)

ホテイアオイを求めて

 先日道の駅で買った金魚たちは元気に泳いでいます。

Cimg4905_2

 昔は金魚鉢にはホテイアオイが付き物でした。また池や用水路にはよくこの水草を見かけたものです。しかし近年この水草を見つけるのは至難の業です。通販であつかっているのですが一株120円+送料850円=970円します。なんだかすっきりしない値段です。

 調べたところ日置市の正円池にホテイアオイの群生があり、夏には一面薄紫になるとか。それならそこへ行って一株分けてもらうしかないでしょう。でも遠いな~。もっと近くにないものか・・・。しばらく近所を探してみましょう。ホテイアオイを求めて散歩は続く。

Photo ホテイアオイの花(日置市観光協会H.P.より)

2014年10月27日 (月)

クリスマスカード

 そろそろクリスマスカードを準備しようと思い、通販の〇〇azonで探しました。しかしどのクリスマスカードにもキリストはいません。かわりにサンタクロースやトナカイ、キティ―ちゃんまで登場。外国向けのカードには金閣寺や五重塔のデザインが・・・。

516dubfe8jl_2 せめて日本の教会にしてよと言いたいです。キリストの御降誕をお祝いするのがクリスマスでしょう?

  ということで今年もカルメル会の修道女たちが描いたカードをショップ・パウリーネへ注文しました。日本的でキリストの誕生を祝う聖母の姿が優しくて温かみがあります。欲を言えばヨセフ様の姿も欲しいです。このシリーズでは聖母マリアとキリスト(聖母子)だけです。御降誕の時には当然ヨセフ様もいらしたのですから、聖家族3人を描いて欲しいです。来年は3人そろったカードができるかもしれませんね。

27

23 カルメルカード(ショップ・パウリーネより)

2014年10月24日 (金)

癒されるブログ

 いつも「.ru」さんのブログに癒されています。毎回写真だけなのですがそれがシンプルで良いのです。最近のブログからいくつか紹介します。

Photo 間違いさがし

Photo_2 この猫見かけませんでしたか?

Photo_3 チッ!・・・

Photo 子育てはママの大切な仕事・・・でも、くるし~ぃ!

猫ワールドは世界共通です。( ^∀^)かわいいニャンcat

2014年10月23日 (木)

長崎鼻公園

 長崎鼻公園といっても指宿ではなくいちき串木野の公園へ行きました。相変わらず夫と二人で。海がとても綺麗。

Cimg4872

Cimg4869

 ここには柳原白蓮の歌碑があります。「右も海 左も海の 色蒼く 沖の小島に 想いは ふかし」と、歌っています。私はテレビを見ていないので知らないのですが、NHKの朝のドラマで白蓮をモデルとした役があり、ちょっとした白蓮ブームになっているそうですね。

 照島神社に寄ってからかつての「ゴールドパーク」、今は焼酎の会社が経営する「金山蔵」へ行きました。坑洞内では焼酎の仕込み、貯蔵、熟成を行っています。金箔入りの焼酎「福金山」はお土産や贈り物にすると喜ばれるので買いました。というよりこれを買うために金山蔵へ行ったようなものです。

Cimg4898 照島神社の子猫たち

 帰りに樋脇の道の駅に寄りました。ここの道の駅にはメダカや金魚、ドジョウやドンコ等を売っています。「宅配にも応じます」と、出品者の名前と電話番号が書いてありましたがうっかりメモするのを忘れてしまいました。でも金魚を買うのは忘れませんでした。happy02

 楽しい一日でした。またちょっと日に焼けてしまいました。

2014年10月22日 (水)

聖ヨハネ・パウロ2世記念日

 

42 今日はヨハネ・パウロ2世が聖人になられて初めて迎える記念日です。11日は同じく聖ヨハネ23世の記念日でした。

 列聖式があったのが今年の春4月27日でした。もう半年経ったのですね。お二人が聖人になられたことは大きなお恵みでした。

 第二バチカン公会議を招集された聖ヨハネ23世、公会議の決定事項を実践しようとされた聖ヨハネ・パウロ2世。私は列聖によって第二バチカン公会議の拡大解釈や乱用を見直すよい機会になったと思います。聖ヨハネ23世がなぜ公会議を招集し、どのような事を本当に望まれていたのか・・・。そしてヨハネ・パウロ2世は・・・。

 キリストの教え・教会は不変です。カトリックがカトリックでなくなる日が来る事のないように祈ります。

2014年10月20日 (月)

福者パウロ6世

 昨日は臨時シノドスの閉会とパウロ6世の列福ミサがヴァチカンでありました。

 臨時シノドスは相変わらずマスコミがピントはずれの大騒ぎをして終わりました。結果報告を見て安心しました。来年のシノドスまで各国の司教様たちは考えをまとめるでしょう。聖霊の導きをお祈りします。

Photo

Photo_3福者教皇パウロ6世と 列福式(CTVより)

  パウロ6世の列福式のごミサをYou Tube で見ました。オプス・デイ属人区長ハビエル・エチェバリーア司教様の姿もありました。教皇ヨハネ23世が始められた第二ヴァチカン公会議、会議途中で亡くなられた教皇さまの後を引き継いで続けられたのが教皇パウロ6世です。彼の時に公会議は終了しました。公会議は様々な良い改革(自国の言葉でミサがあげられる等)がありましたが、残念なことに決まったことを正しく理解せずに、歪曲、拡大解釈する教会の人たちも増えました。また教皇はあの有名な回勅『フマネ・ヴィテ』を発布しました。人間は楽な方へ傾きがちです。そして神の御意志よりも常に自分の都合の良い方へ解釈しようとします。そういう指導者はある意味人気があり、そういう人たちが指導すると人々はすぐになびいてしまうものです。

 各国の司教様方の責任は重いですね。大変な仕事だと思います。司教様のためにお祈りします。

2014年10月19日 (日)

心強いこと

 昨日の郡山司教様のブログ(24時間司教@Kens' Page)を見て嬉しくなりました。オプス・デイと福者ドン・アルバロについて書かれていたからです。

 前にも書きましたが、オプス・デイは映画「ダヴィンチコード」のせいでとんでもない誤解をされました。オプス・デイの素晴らしさを何とか伝えたいと思っていましたが、私のような一信者が書いてもだれも注視しません。でも司教様が書いてくだされば皆さん注目し、信じてくださるでしょう。本当に心強いことです。

 早速主と聖ホセマリアそして福者ドン・アルバロに感謝しました。

Photo_2 聖ホセマリアと福者ドン・アルバロ (オプス・デイより)

2014年10月18日 (土)

高千穂牧場

 

Cimg4863

 台風の後晴天が続き、今日も良いお天気でした。娘から高千穂牧場へ行こうと誘われて出かけました。

 コスモスも咲き始めていて、霧島連山をバックにパチリ。何年ぶりかで「動物ふれあいコーナー」へ。仔牛や羊に触って童心にかえりました。

Cimg4848

Cimg4852  

可愛いですねheart

 牧場では名物のソフトクリームを食べて満足の笑顔。往復とも娘が運転してくれたので、私も夫もゆっくりと景色を楽しむことができました。楽しい一日でした。(*´∀`)/

2014年10月16日 (木)

清浄歓喜団

 一度味わってみたかった和菓子が亀屋清永の「清浄歓喜団」です。京都に行くたびに買うのを迷い、とうとう今まで買いませんでした(お値段が・・・)。

 数日前、高島屋さんで通販をしていると知り思いきって注文しました。一度食べてみればどんな味がするのかわかるので。私をここまで引きつけた和菓子とは一体どんなものか。亀屋さんのホームページに詳しく説明がされていますのでコピーを載せます。

清浄歓喜団

 時代を逆のぼり奈良時代、遣唐使が仏教の伝来と共に日本へ持ち込みました唐菓子の一種「団喜」でございます。 この清浄歓喜団なしに和菓子の話を語る事は出来ません。亀屋清永はこのお菓子を製造する唯一の和菓子屋でございます。  お味は、こしあんに「清め」の意味を持つ7種類のお香を練り込み米粉、小麦粉で作りました生地を金袋型に包み純正の胡麻油で二十分、揚げて作ったお菓子でございます。

 

 略してお団と言い、遠く奈良時代、遣唐使により我国に伝えられた唐菓子の一種で、数多い京菓子の中で、千年の歴史を昔の姿そのまま、今なお保存されているものの一つであります。

 唐菓子とは「からくだもの」と呼ばれ、仏教と共に我国へ伝わり、天台宗、真言宗などの密教のお供えもので、当時は、とても一般庶民は口にすることは出来ず、貴族のみに与えられたものであります。  七種の香を入れて包み、そのほのかな神秘な香は仏教で言う「清め」の意であり、八つの結びは八葉の蓮華をあらわし、形は金袋になぞらえ、たぎった上質の胡麻油で、揚げてあります。
 伝来の当時は中身は栗、柿、あんず等の木の実を、かんぞう、あまづら等の薬草で味付けしたらしく、小豆餡を用いるようになつたのは徳川中期の後であります。

 弊店はその秘法を比叡山の阿闍梨(あじゃり)より習つたと伝えられ、月の一日、十五日を中心に調製します。勿論精進潔斎の上調進することは昔も今も変わりはございません。

 ねっ、興味をそそられる和菓子でしょう。お香が練りこんであり、ゴマ油でじっくりと揚げてある・・・・・。絶対に「甘くておいしい~」とはしゃぐお菓子ではなく、「ふ~む・・・」と言うような渋い味・・・と、想像します。

Cimg4721   そしてついに味わうことができました。言葉で説明するのは難しいです。想像していたよりもずっとお香の香りはやわらかでした。八つ橋の肉桂の香りの方が強いです。これならスパイスの苦手な方も大丈夫です。私はスパイス大好きなのでお香の香りがもっとしても良いくらいでした。中の餡もとても後味の良い上品な甘さです。

 何とも言えないほのかな香りと風味。硬くて素朴な食感。皆さまも一度味わってみてください。ちょっとお値段がお高いですが。(ノ∀`)タハー

2014年10月15日 (水)

アヴィラの聖テレジア

 10月15日はアヴィラの聖テレジアの記念日です。来年2015年には彼女の生誕500年祭を迎えます。

Photo_11 ウィーン王宮宝物殿:聖テレジア(4travel.jpより)

  聖テレジアが書いた『自叙伝』、とても読みたくなり、中古本を買いました。どうやら前の持ち主はまったく読んでいなかったようで、新本と変わらずしかも半額以下。以前教会で借りた時の本の方が傷んでいました。借りた本は時間に追われるようでゆっくりと読めません。やはり時間をかけて読みたい本は手元に置いておきたいですね。book

2014年10月13日 (月)

台風19号

 枕崎付近に上陸した大型の台風19号。昨夜10時ごろピュ~ピュ~という台風独特の風の音が聞こえ始め、いよいよ近づいて来ると覚悟して寝ました。

 夜中の2時頃に目を覚ますと・・・静か・・・強い風音や雨音は聞こえません。台風の目に入っている?それとも通り過ぎたのかな?と思いそのまままた寝てしまいました。朝を迎え9時頃枕崎付近に上陸したというニュースを聞いても信じられないくらい静か。本当に台風が近くにあるとは思えないのです。

 ところが強風や大雨で被害の出ている所が沢山あります。台風の中心に近いから強い、遠いから弱くて安心とはいかないのが台風です。どこが強風や大雨になるか予測できないので怖いですね。

Photo_2 台風19号(NHKより)

 10時半頃には太陽と共に青空が。台風の目に入ったのかもしれません。猫のコロも餌をねだりに現れました。しかし、台風が通り過ぎて吹き返しが収まるまでは油断できませんね。

2014年10月10日 (金)

尻尾の生えた警備員

 私がまだ行ったことがなく、そして一番行きたい所がロシア、サンクトペテルブルグの国立エルミタージュ美術館です。今年で開館250周年を迎えるこの美術館は2000室もの部屋があり、ダ・ヴィンチやミケランジェロなど数多くの素晴らしい美術品が収蔵されています。

Photo_3 エルミタージュ美術館内部

  当然警備も大変です。特に夜人目につかずに走り回り、なんでもかじってしまうネズミたちにはエカチェリーナ女王の時代から問題でした。でも大丈夫。頼もしい警備員がいます。尻尾の生えた警備員たちです。

Photo 尻尾の生えた警備員(ロシアNOWより)

 彼らは美術館の地階をネズミから守るという困難な任務を負っています。そして資格を証明する写真入りのパスポートをそれぞれ携行しているそうです。警備員の猫は常に50~60匹雇われているようです。増えると貰い手を探すとか。でもどうも60匹よりたくさんいるような・・・。従業員もそれぞれの猫たちの名前を覚えいてうまく共存しているようです。

 いつか美術館に行けたら、しっぽのついた警備員たちと記念写真をパチリ、そして「ご苦労様」と頭をなでなでしてあげたいです。

Photo_6

Photo_7

Photo_8  尻尾の生えた警備員たち

Photo_9 「猫に注意!」  (「カラパイアの歩き方」より)

2014年10月 9日 (木)

小さきテレジアがいっぱい

 Z神父のブログ(Fr.Z's Blog)にこんな可愛い写真が載っていました。

沢山のテレジアたちwink

Photo

Frzs_blog2_st_teresa_feast_day_at_s

Frzs_blog3_st_teresa_feast_day

Frzs_blog St Teresa Feast Day (Fr.Z's Blog)

2014年10月 6日 (月)

シノドスの祈り

 臨時シノドスが開催されている間、この祈りをとなえましょう。

Photo_4(ラウダーテのホームページより)

 日曜日のヴァチカンでのごミサ。このシノドスに日本からは岡田大司教様が行っています。

6 臨時シノドス開会のミサ(CTVより)

2014年10月 5日 (日)

臨時シノドス

 今日から臨時シノドス(世界代表司教会議)が「家庭」をテーマに始まります。会期は今月19日まで。

 今家庭の問題は様々で、私が子どもの頃とは大きく違います。しかしキリスト・教会の教えは不変です。この教えを捻じ曲げることなく、司牧の方法を考えてもらいたいです。会議に聖霊が豊かに注がれますように。

Photo シノドス前晩の祈り(CTVより)

 土曜の夕方からシノドスのために祈る多くの家族や夫婦がヴァチカンの聖ペトロ広場に集まりました。

2014年10月 4日 (土)

神の名の乱用

 今日はアッシジの聖フランシスコの記念日です。フランシスコと言えば教皇様。教皇様がアルバニアへ行った時の記事を紹介します。

9月22日 AFPの記事から

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王(77)は21日、宗教によって暴力が正当化されてはならないと訪問先のアルバニアで述べた。

世界12億のカトリック人口の精神的指導者である法王は、「何人も神の名を借りて暴力に訴えてはならない」と述べ、さらに「神の名のもとでの殺人は深刻な冒涜(ぼうとく)であり、神の名のもとでの差別は非人道行為だ」と述べた。

 フランシスコ教皇様が福者マザーテレサの故郷アルバニアを訪問した時の言葉です。アルバニアはほとんどがイスラム教徒です。カトリックは約15%と少ないですが、この国のカトリック教徒も社会主義時代にひどい迫害を受けた歴史があります。迫害のある所には必ず強い信仰が生まれます。

Datau4asniyhbfnij3a8fczumaviwywq6rt

Photo_2 福者マザー・テレサ

 「神の名の乱用」は身近にもあります。「神の名」によって脅したり強制したり、気付かないうちに乱用していることがあるのではないでしょうか。また「神の名」をみだりに使ったり、ひどい時にはジョークのネタにしたり・・・・・。

 私たちはもっと謙遜になるべきですね。

2014年10月 3日 (金)

列福式~あれこれ

 *マドリードでの列福式の模様あれこれ*

Photo_5 日本人青年の共同祈願(YouTubeより)

Photo_7 アンジェロ・アマート枢機卿様と日本の御婦人(YouTubeより)

Photo_8

Photo_9  ご聖体は口で・・・これが本来の姿ですconfident 手で受ける人はいませんでした。(YouTubeより)

2014年10月 2日 (木)

祈りの秋

  今日は桜島の灰が直撃。雨のように降っていましたが、今は止んでいるようです。風が吹くたびに舞い上がり、屋根や木に降り積もった灰は雨が洗い流すまで舞い続けます。

 でも御嶽山のことを思えばこれくらいは大したことではありません。私は犠牲になられた方とそのご家族のために祈ることしかできません。無関心であることが一番よくないことでしょう。

 パレスチナの無期限停戦後は人々の関心も薄れ、マスコミもあまり取り上げなくなりました。しかしガザ地区は廃墟となり多くの人達が帰る家が無い状態です。ケガをして苦しむ子供たち。イラクやシリア、ナイジェリアなどアフリカ諸国にも平和は遠いです。

 自然災害は人間の手だけでは限界がありますが戦争は人間の手で止めることができます。だって人間が始めたことだから。

 10月はロザリオの月です。祈りの意向が多すぎて、一環を一連ごとに五つの意向で祈っています。運動・読書・食欲の秋と言いますが私にとって秋は「祈りの秋」です。

79

Photo_2 ロザリオ (パウルスショップより)