« 2014年8月 | メイン | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月 6日 (土)

チビ

 長子(猫)がこどもを連れて来ます。名前は「チビ」、お父さんはコロのようです。よく3匹で現れます。

Cimg4674_2 長子とチビ

Cimg3817 コロ(多分お父さん)

 チビはコロにそっくり。間違いなくお前はコロの子どもですね。走る時にウサギのようにぴょんぴょんはねてかわゆ~い(´∀`*)ウフフ 子猫にはホント癒されます。

2014年9月 3日 (水)

桃泉果

 季節限定のお菓子「桃泉果」をお土産にもらいました。白桃一個が丸ごとゼリーに包まれています。甘い桃とそれを包んでいるぜりーも正に桃の味です。桃の風味が何とも言えず優しく癒してくれます。美味しくいただきました。(人´∀`).☆シアワセ☆

 しかしその値段を知ってびっくり。美味しくて当然ですね。おそらくもらわなければ口にすることは一生なかったでしょう。お土産に持ってきてくれた娘に感謝!

 これが源吉兆庵の「桃泉果」です。「これじゃ中身がわからない」ですって。中は普通に桃の入っているゼリーと思ってください。でも桃が一個丸のまま入っているので大きくてずっしりと重たいです。

Cimg4711

2014年9月 2日 (火)

久しぶり

 ブログ 「トマさん祈りの部屋」、夏休みが終わり(トマさんは休んではいなかったのでしょうが)ブログがまた更新され始めました。「まだかな、まだかな~」と楽しみに待っていた私です。いつも教えられることが多くて、私にとって信仰の糧です。今回も次のような話が載っていました。

(神は)時には明るく輝く光を見せてくれますが、ある時は「影」だけを見せます。祈っても何も答えてくれません。神の沈黙です。でも、その時、神は影(苦しみや困難)を通して語りかけているのです。神への信頼を失わす、信じて応え続ける時です。信仰が試されています。 (「トマさん祈りの部屋」より抜粋)

Choramosaic

 その通りですね。「神の沈黙」にあうとくじけてしまいそうになります。「神の沈黙」にも深い意味があるのですよね。その意味が解らなくても信じ続けなければなりません。