« 教皇様のつぶやき | メイン | 天使の髪の毛パイ »

2014年7月22日 (火)

裁くためではなく

 「トマさん祈りの部屋」にこう書いてありました。

神は人間を裁くためではなく、救うために来られる方、「神は愛です」。それを、私たち自身が実践すること、それが使徒職です。■
*2014/05/22「春の定期研修会」」講話より

 そうなんですね。私たちが回心(改心)すれば主はいつでも赦してくださるのです。回心(改心)することが大切。そして私たちも隣人をゆるさなければなりません。愛さなければなりません。わかっているようで、なかなか実行できない・・・。そう、自分一人ではできません。聖霊の恵みの助けと共にできることです。聖霊の恵みを祈りましょう。

Photo 「マリアマグダレナの改心」 パウロ・ヴェロネーゼ作