« マリア様の両親 | メイン | ちょっと生き返る »

2014年7月28日 (月)

スペイン料理 2

 聖ヤコブのケーキ(タルタ・デ・サンティアゴ)の作り方は色々あります。前回紹介したのはもっとも簡単な作り方でした。そして前回の膨らまないつくり方が現地の作り方らしいです。

 今回は泡立てた卵白と小麦粉、牛乳が入るので、もっとふんわりとしたケーキになります。

 「セニョーラ・あ~の気ままな食卓」に載っていたレシピです。

08134a

【材料】直径14cm型

・アーモンドプードル 60g
・薄力粉     大さじ1
・卵黄      2個
・卵白      1個
・レモンの皮   1/4個分
(すり下ろしたもの) 
・グラニュー糖 大さじ2~3
・牛乳      大さじ2

・粉砂糖     少々

 

【作り方】

1 薄力粉とアーモンドプードルは合わせてふるいにかけておく。

2 ボールで卵白を泡立てる。途中でグラニュー糖の半量を加える。

3 別のボールに卵黄を入れ、残りのグラニュー糖を加えて、白っぽくなるまでよく混ぜ、レモンの皮と牛乳を入れる。

4 (3)に(1)を加えてさっと混ぜ合わせ、泡立てた卵白と合わせる。

 型に入れて、180度のオーブンで15~20分くらい焼く。

 型から出して、完全に冷ましてから粉砂糖をふりかける。

 どちらもとても美味しいです。これからは聖ヤコブの祝日だけでなく、他のお祝いの日にも作ることにします。皆さんも作ってみてください。