« サツマイモ | メイン | ヴァチカンでミサ曲 »

2013年11月11日 (月)

ゆるす心

 幸いかな、私は今まで自分が「ゆるせない」と思った人に出会ったことがありません(私をゆるせない人はいるかも(;´Д`)トホホ)。ですからよく「ゆるせないはなし」を聞いてもピンとこないのです。しかし現実にはこのようにゆるせない気持ちを持っている人たちが多いようですね

 昨日のミサの中でも主任司祭が「感情ではなく、理性でゆるしたいと思うことが大切」と話されました。私もその通りだと思います。今はゆるすことが出来ないかもしれないけれど、「ゆるせますようにと」祈ることが大切ですね。酒井神父様も『雇われ羊飼い・・・』の「ゆるせない思い、ゆるす心」の中で・・・赤ちゃんとなってこの世にこられるほど、あるいは十字架の上でご自分の命を捧げるほど私たちを愛してくださった神様が、言わば間に立って、敵をゆるしなさい、愛しなさい、私もそうしましたよ、と言われている。だから、私たちも、少なくともそうしたい、ゆるせるようになりたいと望むべきではないでしょうか。・・・と書いておられます。

 あるインタビューで自称クリスチャンから「絶対に許しません」という言葉を耳にした時は、本当に悲しい気持ちになりました。せめて「今はゆるせないけれど、いつかはゆるせるように祈ります」くらいは聞きたいでした。本当にキリストを信じているのなら、絶対にゆるせないことはないと思います。