« ロザリオの月 | メイン | Marian Day »

2013年10月 4日 (金)

フランシスコ教皇語録

Pppapa100513 

  • 「私は貧しい人々による貧しい人々のための教会を望む」[45][46] … メディアに対する初の会見にて。
  • 「あなたがたの為した行いを神がお赦しになるように」[43] … 教皇に選出されたとき枢機卿団に語った言葉。
  • 「教皇になりたがる人は、自分を慈しまない人で、神に祝福されない。だから私は教皇にはなりたくなかった」[101][102] … イエズス会系の学校での子どもたちの質疑応答で「教皇になりたかったの」と問われて。
  • 「つらいですよ。いつも。でも良い時もあります。イエス様が助けてくださり、喜びを与えてくださいます。あなたにも心の中の渇きと闇で辛いと感じる時もあるでしょう。そういう時こそ、イエス様の後を追いその道をたどるべき時なんです。そのつらい時と良い時のバランスが大切です」…イエズス会系の学校での子どもたちの質疑応答で「イエズス会に入るときに家族や友達と別れるのは辛かった?」と問われて[103]
  • 「私たちは歩みたいように歩み、多くのものを構築できます。しかし、イエス・キリストを告白しないならば、物事はうまくいきません。私たちは敬虔なNGOには成れても、教会に連なることも、主の花嫁となることもできません。誰でも、神に祈らない者は悪魔に祈っているのです。なぜなら、キリストを告白しないならば、悪魔の世俗性、悪魔的な世俗性[注 9]を告白しているからです」[104] … 教皇選出後初めてのミサにて。
  • 「日本のキリスト教共同体は、200年以上も聖職者なしで維持されたのです」[105][注 10]隠れキリシタンを例に挙げ、万事聖職者任せではなく信徒たちが自律的に信仰を貫くよう促した言葉。
  • 「人が神を探す時、まず神が人を探されており、あなたがたが神を見出そうとする時、神が最初に私たちを見出されます」[106][注 11] … 自らが神に出会った時の回顧を通し、神の慈悲について語った言葉。
  • 「キャリア主義はハンセン病だ」[107] … 聖職者達に対して出世への野心を戒めるために語った言葉。

教皇フランシスコ 語録