« 子供の要理 | メイン | 音楽の力 »

2013年1月21日 (月)

聖アグネスおとめ殉教者記念日

Photo_2

 聖アグネスはまだキリスト教が迫害されていた時代、ローマの貴族の家庭に生まれました。13歳の時、すでに神に自分を捧げる決心をしていました。そのために、ローマ総督(長官?)の息子からの結婚の申し込みを断りました。彼女がキリスト教徒だとわかった総督は彼女を捕えて処刑しました。わずか13歳のアグネスは拷問にも屈せずに殉教したのです。

 彼女の髪の毛が伸びて全裸の体を隠したとか、火刑の時に火が燃えなかった、あるいは火が刑吏達に襲いかかったとか言われています。

 後にキリスト教を国教としたローマ皇帝コンスタンティヌスは彼女の墓の上に聖堂を建てました。

Photo_3聖アグネス教会 ローマ