« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

2012年最期の日に

 2012年も最後の日となりました。皆様1年間有り難うございました。最後の日に皆様へ本の紹介をします。酒井俊弘神父様の『聖性への招き~ふつうのおばさん、おじさんも聖人に』と言う本です。酒井神父様はこのブログにも何度も登場しているのでご存知の方も多いでしょう。この本では「二流のキリスト信者など存在しない」と、言っています。聖ホセマリアがよく言った言葉だそうです。詳しくは本を読んでみてください。皆さんも読めばなるほどとうなづくはずです。2013年は聖人になれるようにcoldsweats01頑張りましょう。(お詫び:「トマさん祈りの部屋」は酒井神父様ではなく別の方でした。申し訳ありませんでした。)

Cimg2818

2012年12月30日 (日)

聖家族の祝日

 クリスマスの後の最初の日曜日は「聖家族の祝日」です。聖家族を見て家族の大切さを知ることができます。聖家族はわたしたちのお手本です。

 小さな社会である家族、この家族が平和であれば、社会も平和なはずです。ところが現実は・・・。放任され愛されない子供たち、家庭を大切にしない親たち・・・。家庭で自分のことしか考えずに対立する家族は、自分の国のこと(自国の利益だけ)しか考えずに争う国々と同じに見えます。

 家庭が平和でない人は平和になるように努力しましょう。やってみることが大切です。でもなかなか平和を築けないのが現実です。小さな争いさえ全く無い平和な家庭はそうはないでしょう。お互いに無関心で静かな家庭はあるかもしれませんが平和とはちょっと違います。

 自分一人ではどうすることも出来ない時もあります。そんな時にこそ主の助けを祈りましょう。平和な家庭を築くためならば主は必ず助けてくださるでしょう。

423

2012年12月29日 (土)

クリスマスは続く

 12月25日は過ぎたけれどもクリスマスのお祝いはまだまだ続きますよ。1月6日に3人の博士たちがキリストの誕生を祝い、贈り物を持って馬小屋へ来ます(主の公現)。この日の次の日曜日までを降誕節といって、クリスマスのお祝いが続くのです。今年は6日が日曜日なので12日が降誕節(主の公現)の土曜日、クリスマスツリーも馬小屋もこの日まで飾ります。ポーランドでは2月2日(主の奉献)の日を「ローソクの聖母」と呼び、この日まで飾り続けるそうです。キリストのいないクリスマスツリーは26日になるとさっさと片付けられてしまいます。さびしいですね。

Photo_4ベツレヘムの教会

 日本ではクリスマスツリーがほとんどですが、ヨーロッパでは馬小屋が多いです。待降節の間、馬小屋は動物たちとマリア様、ヨゼフ様だけです。24日の夜半のミサの時にイエズス様を飼い葉おけに寝かせます。羊飼いたちもいます。1月6日に3人の博士たちを飾ります。映画『汚れなき悪戯』で修道士たちがキリストの人形のかわりに赤ちゃんのマルセリーノを飼い葉おけに寝かせるシーンを思い出します。微笑ましい場面でした。

Img_609757_21957073_7映画「汚れなき悪戯」

2012年12月28日 (金)

幼子殉教者

 今日28日は祝日3日目「幼子殉教者」の祝日です。マタイ2章13~18節に書いてある通り、ヘロデ王はイエズスを殺害しようと思い、ベツレヘム周辺の2歳以下の男の子を皆殺しにするように命じました。イエズスキリストのために初めて殉教した幼子達です。

Img_341728_9131275_0

2012年12月27日 (木)

聖ヨハネ使徒福音記者

 27日、祝日2日目は「聖ヨハネ使徒福音記者」の祝日です。キリストから最も愛された弟子と言われています。キリストが十字架につけられた時にキリストはヨハネを見て、聖母マリアに「婦人よ、これはあなたの子です」と仰せになり、それからヨハネに「この方はあなたのお母さんです」と仰せになりました。(ヨハネ19:25~27) 聖ヨハネはパトモス島に流され、そこで信者たちに『ヨハネの黙示録』を書き送りました。12人の使徒の中で一番長生きして、迫害にあう信徒たちを励まし導きました。

Photo_2

2012年12月26日 (水)

聖ステファノ殉教者

 今日26日から3日間カトリックの祝日が続きます。今日はその1日目、聖ステファノ殉教者の祝日です。聖ステファノはキリストが復活した数年後に活動した人です。彼は12使徒が使徒を補佐するために選んだ7人の中の1人でした。ステファノは素晴らしい活動をしたために、反キリストの人達に憎まれて、偽りの罪を着せられて石打の刑で殺されました。彼は「主よ、この罪を彼らに負わせないでください」と言って、息を引き取りました(使徒行録6-7)。十字架上のキリストが彼を十字架につけた人々にために御父に赦しを願ったのと同じですね。

Photo

2012年12月25日 (火)

クリスマスの心~御降誕

 みなさん、昨夜はどう過ごされましたか?信徒の方は御ミサに与ったでしょう。そうでない方は少しは幼子キリストのことを思いましたか?そうであればとても嬉しいです。

 ある冊子に次のような一文がありました。「たとえ台所で働き続け、クリスマスクッキーを焼き、ご馳走を作り、食卓を美しくアレンジしようとも、家族に愛を示さないなら、私はただの料理人」(作者不詳)

 主は私たちに幼子イエズス様をプレゼントしてくださいました。それは「愛」の贈り物です。ですからわたしたちは愛でいっぱいのはずです。そしてわたしたちもその愛を他の人へプレゼントしなければなりません。先ずは家族に・・・heart01

35028975_o1

Cimg2865カトリック姶良教会

2012年12月24日 (月)

クリスマスイヴ

 
20111018_60889c

 とうとう今宵わたしたちの救い主キリストがお生まれになりました。アレルヤ!!

みなさんクリスマスおめでとうございます。この喜びを一緒に歌いましょう。




YouTube: Christmas in Vienna 2008 - Adeste Fideles




YouTube: Gloria in Excelsis Deo




YouTube: Libera - Silent Night

Cimg2816

 

2012年12月23日 (日)

Do you have room?




YouTube: Do You Have Room? (New Christmas Song by Shawna Edwards)

2012年12月22日 (土)

オプワテク

 「オプワテク」という言葉を聞いたことがありますか?わたしは夫と結婚してから知りました。ポーランドの風習で、クリスマスイヴに家族で食卓を囲んだ時、食べる前にこのオプワテクをします。写真のようなホスチアと同じ材料で作ったものをそれぞれ手に持ちます。二人ずつ向かい合って、相手に自分の赦してもらいたいことや、相手に感謝すること、また来年の抱負や希望などをお互いに言い、相手のパンを少しとって食べます。これを全員でします。5人家族だと一人で4回することになります。このパンはホスチアとは違うので、はっきりと区別するために四角の形をしていますが、最近は丸い形もでてきました。しかし基本は四角です。そして教会ではしません。教会はごミサがあり、本当のご聖体があります。オプワテクはパーティーでしたり、また仕事場で同僚たちとすることもありますが、本来は家庭のためにあります。家族でするのが普通です。

Oplatek2

Oplatek3

 とても良い習慣だと思います。クリスマスは聖家族を模範として、家族の絆を深めるためにもあります。子供たちが小さい頃には、子供たちに「一年間よく手伝ってくれてありがとう」とか「必要以上に怒ったことを赦してね」とか言い、こどもたちも「いう事を聞かない時があってごめんなさい」とか「いつも私のために働いてくれてありがとう」、「来年も勉強を頑張ります」とか言いました。心に思っていても口に出してはなかなか言えませんが、こういう機会があればお互い素直に言葉にできます。夫婦の間でも素直に1年間の自分のいたらなかった点をあやまり赦してもらうことができます。また相手に感謝もできます。

 我が家ではこのオプワテクのパンが無い時には普通のパンを使ってします。パンよりもお互いの思いを言葉にする方が大切なので。みなさんも家族でしてみてください。クリスマスのお恵みが実感できるかも・・・heart

2012年12月21日 (金)

エチオピアのクリスマス

 クリスマスと言えば以前NHKの「世界遺産」のドキュメンタリー番組でエチオピア正教会のラリベラの岩窟教会群を見ました。その中でエチオピア正教会のクリスマスの模様が紹介されました。エチオピア正教では1月7日がクリスマスです。この番組を見た時に、「本当のクリスマスの心を持った人達がここにはいる」と思いました。夫は「この人たちはわたしたちよりもずっと天国に近い人たちだ」と言っていました。私もそう思います。

800pxbete_giyorgis_lalibela_ethiopiラリベラのペテ・ギヨルギス

 クリスマスの間、聖地ラリベラは約6万人の人々でうまります。エチオピア全土から巡礼者が歩いて来るのです。何日もかけて来て、クリスマスの典礼が終わると、また自分の家を目指して歩いて帰るのです。キリストの降誕を祝うためだけにひたすら歩き、祈り、神に感謝してクリスマスを過ごします。そこには豪華なプレゼントはなく、クリスマスケーキやご馳走も無く、キリストのいないクリスマス商戦はなく、キリストが現存するクリスマスです。

Imagescayn8ej1

 エチオピア正教会は紀元4世紀にキリスト教が伝えられて以来守り続けてきた古いキリスト教です。

 

 

2012年12月20日 (木)

馬小屋

 Cimg2814_2

 去年作った馬小屋を出して飾ってみました。やっと念願が叶って手ごろな値段のプレゼピオを買うことができ、馬小屋は手作りすることにしました。屋根は小さなほうきの棕櫚の部分を使い、屋根の縁の飾りは木でできた鍋敷きをばらばらにしてはりつけました。その他すべて材料は百均で揃えました。もともと小学校の頃から工作は好きだったので、これを作っている時には本当に楽しいでした。特に工夫して材料を見つけるのは面白いです。少しずつ手を加えて、もっと家畜小屋らしくしていこうと思います。

2012年12月18日 (火)

The Priests

 話題となったThe Priests のクリスマスキャロル『オーホーリーナイト』を聞きたいと思いませんか?心のこもった歌です。




YouTube: The Priests - O Holy Night

2012年12月17日 (月)

クリスマスはカトリック教会へ

 クリスマスイブ、夜の御ミサに行きませんか?本当のクリスマスを祝いませんか?あなたの住んでいる町のカトリック教会へ…誰でも自由に参加できます。カテドラルなら町の中心にあります。鹿児島市ならカトリックザビエル教会、福岡ならカトリック大名町教会、大阪ならカトリック玉造教会、京都ならカトリック河原町教会、名古屋はカトリック布池教会、横浜はカトリック山手教会、東京はカトリック関口教会等、もちろん近くのカトリック教会がわかればそこへ行くのが良いですね。電話でミサの時間を聞くか、ホームページを持っている教会は必ずそこに時間が書いてあります。25日は午前中に「主の降誕ミサ」があります。もちろんこちらも参加は自由です。

Kagoshima1110019カトリックザビエル教会(鹿児島市)

7d365960360edaecd06abdb46fa73bd2_2カトリック玉造教会(大阪市)

T11101カトリック山手教会(横浜)

 カトリック教会では強制的に勧誘することは絶対にありません。安心してください。それどころかあまりにもあっさりしていて、物足りないかもしれません。カトリックは神様がその人に呼び掛けること(神様の声が聞こえるわけではありません)を大切にします。聖霊の働きと言えばよいのでしょうか。教会に行き、クリスマスの話を聞いて「もっとキリストについて知りたいな」「話しのここはちょっとわからないな」と思ったら、近くの人に聞いてみたり、神父様に聞いてみればよいのです。

 今年は友達同士、恋人同士で、また家族でカトリック教会でクリスマスをお祝いしてみてはいかがですか。きっと温かい気持ちになりますよ。私が保証します。

2012年12月16日 (日)

クリスマスソング~2

 私の好きなクリスマスソングその2ではポーランドのクリスマスの歌をどうぞ!日本ではなかなか聞く機会がありませんから。




YouTube: Ewa Farna i inni - Bóg się rodzi

 

2012年12月13日 (木)

クリスマスソング

 クリスマスが近づくと車中でもクリスマスソングをかけてしまいます。前にも書いた通り私が一番好きなのは「Adeste Fideles」です。この曲も「Silent Night」と同じように世界中のアーティストが歌っています。今日はEnyaの歌でどうぞ!歌詞も付いているので皆さんもご一緒に!




YouTube: Adeste Fideles!

2012年12月12日 (水)

ウクライナの鐘

 クリスマスはどこの国にもその国伝統のクリスマスキャロルがあります。先日紹介したウクライナにも美しい曲があります。

http://www.youtube.com/watch?v=HERnFfbcIxY

http://www.youtube.com/watch?v=gBDFMD5kLvc

2012年12月10日 (月)

クリスマスについて

ホームページ「キリストの真理の輝き」でクリスマスについての記事がアップされました。よろしければ見てください。

https://sites.google.com/site/kirisutonoshinrinokagayaki/

2012年12月 8日 (土)

無原罪の聖マリア

Immacolata222

  聖母の無原罪はカトリックだけが教義としています。正教会はマリア様を崇敬し信仰としてありますが教義にはなっていません。プロテスタントのほとんどはマリア様を特別に尊敬していませんし、聖母の無原罪の信仰はありません。ですからプロテスタントの教会にはマリア様の御像もないし、マリア様に関する御絵やお祈りなどもありません。

 ルルドでベルナデッタに現れたマリア様はご自分のことを「私は原罪がなくて宿ったもの」とはっきりとおっしゃっています。無原罪の聖母の取次で恵みをいただいた人たちは数え切れませんし、多くの聖人達も無原罪の聖母に祈っています。

 無原罪の聖マリア様、私たちのために主に祈ってください。アーメン

2012年12月 7日 (金)

ウクライナの教会

 めずらしいウクライナの教会での初聖体の動画です。十字のきり方はロシア正教会と同じですが、まちがいなく彼らもカトリックです。私たちの兄弟姉妹です。初聖体をとても大切にしています。ですからまず赦しの秘蹟を受けてから、初聖体拝領をします。

http://www.youtube.com/watch?v=x6xjL2aUjDA

http://www.youtube.com/watch?v=mOXAi-KVV7g

http://www.youtube.com/watch?v=N-ENlUMZS50

http://www.youtube.com/watch?v=tLeKAAmrsKE