« 長崎原爆の日 | メイン | ポーランド人の二人~聖コルベ司祭とゼノ修道士 »

2012年8月11日 (土)

聖キアラおとめ

 聖キアラ(1194年~1253年)は貴族の家庭に生まれ16歳の時に聖フランチェスコが路上で話しているのを聴きます。彼女はフランチェスコの教えに共感して、すべてを捨てて清貧に生きることを決意します。しかし両親は猛反対します。18歳の時に彼女は家を出てフランチェスコの元へ。後に彼女に賛同する姉妹たち(仲間たち)と共にサン・ダミアノ聖堂でクララ(キアラ)会を作りました。そして彼女に初めは反対していた母親も後にクララ会に入りました。信仰の力は本当に素晴らしいですね。聖キアラの遺体や彼女のブロンドの髪が今も残っています。

 シモーネ・マルティーニの聖キアラはとても気品があり、それでいて芯の強さを感じます。内面の豊かさがにじみ出ていて私の大好きな絵の一枚です。

Photo

聖キアラ  シモーネ・マルティーニ作

 聖キアラといえば、映画「ブラザーサン・シスタームーン」を思い出します。ジュディ・ボウカーのキアラはなんと清楚で明るく美しいこと!若い頃のキアラをみごとに演じていますね。




YouTube: Donovan: Brother Sun, Sister moon