« ポーランド人の二人~聖コルベ司祭とゼノ修道士 | メイン | リマの聖ローザ »

2012年8月15日 (水)

聖母の被昇天

Photo

 聖母の被昇天です。東方教会ではマリア様は深い眠りに入って天にあげられたと言われているようです。カトリックでは長い間二つの考えに分かれていました。一つは無原罪なので死を免れ死ぬ前に天にあげられた、もう一つは死んですぐに天にあげられたと。さてどうなのでしょうか?

Caravaggio_morte01

 「聖母の死」 カラヴァッジョ 作

 私にはわかりません。学者がわからないのに、私にわかる訳がありません。しかし教皇様がおっしゃることには従いたいと思います。では教皇様は何とおっしゃっているのか・・・?私が直接聞いたわけではないので、正確かどうかはわかりませんが・・・。

 1997年6月25日ヨハネ・パウロ二世が聖ペトロ広場でのお告げの祈りの際の講和で「原罪を免れたということは、不死の体であったということではありません。御母は死を受け入れた御子よりも優れた方ではありませんでした。(・・・・・)キリストの復活にあずかるためには、マリアは何よりもその死にもともにあずかる必要があったのです」

 という事は、マリア様は死を免れることなく死んで天にあげられたということだと思います。またマリア様が亡くなった時にイエズス様が迎えに来られたという説もあります。

Photo_3

「聖母の死と迎えに来たキリスト」キリストの抱いている子はマリア様の魂と言われています。

「聖母の戴冠」 ラファエロ作   墓から天にあげられた聖母、人々は天を見上げています。

Photo

今日は聖フランシスコ・ザビエルが初めて日本にキリスト教を伝えた日でもあります。聖フランシスコが命がけで伝えたおかげで、私たちは今日もごミサに与ることができるのです。聖フランシスコを通して主が私たちを呼んでくださったことに感謝して祈ります。